901運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

901運動(キュウマルイチうんどう)とは、1980年代日産自動車「1990年代までに技術の世界一を目指す」車作りを目標とした運動である。901活動901計画901作戦プロジェクト901とも呼ばれる。

概要[編集]

1980年代、日産自動車の販売シェアが落ち始め、日産社内も対策を練っていた。そこで浮上したのが901運動である。この計画は「1990年代までに技術世界一を目指す」という名の下、1990年代まで開発された全車種を対象にシャシー、エンジン、サスペンション、ハンドリング、そして品質向上などの技術開発に力を注いだ。

901運動の成果[編集]

この運動の結果、1980年代後半から1990年代前半に発売された、N13-14型パルサー、Y31-32型セドリック / グロリア、FPY31型シーマ、F31型レパード(特に後期型)、U12-13型ブルーバード、S13型シルビア/ 180SX、初代A31型セフィーロ、J30型マキシマ、C33型ローレル、R32型スカイライン(BNR32を3代目としてGT-Rも復活)、Z32型フェアレディZインフィニティQ45(初代)、B12-13型サニー、初代P10型プリメーラ、初代R10型プレセア、初代W10型アベニール、K11型マーチなどの名車を生み出した。

またハンドリング技術としては、ATTESA(FFベース)やATTESA E-TS(FRベース)、後輪制御のHICASマルチリンク式サスペンション、油圧アクティブサスペンションなどの新開発による向上、エンジンに至っては、RB26DETTRB20CA系、SR系等のエンジン技術など技術面も大幅に向上し、日産のブランドイメージアップと販売回復に貢献していた。

レース活動、1990年代にはWRCにも積極的に参戦していた。

バブル崩壊後の衰退[編集]

しかし、1990年代前半のバブル景気崩壊で販売台数は下降線をたどり、さらに地球環境対策でリサイクルの開発と推進に巨額の費用を投じなければならず、当時の日産自動車社長の辻義文は、生き残りの為にコスト削減への路線変更を強力に推し進めて901運動を終了せざるを得なくなった。しかし、技術力や商品力の低下の代償を避けることが出来ず販売台数はさらに下降線をたどり、日産自動車の経営危機にまで陥る事態となってしまう。2002年ルノーから派遣されてきた、カルロス・ゴーンがリバイバルプランを達成するまで日産は不遇の時代を迎える事となった。

関連項目[編集]