ATTESA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ATTESA(アテーサ)は、日産自動車が開発した、前後輪に駆動力を配分するセンターデフにビスカスカップリング式のリミテッド・スリップ・デフを採用した四輪駆動 (4WD) システム[1]。"Advanced Total Traction Engineering System for All"のアクロニムである。

1987年9月発売の日産・ブルーバード(U12型)に初採用された。

解説[編集]

フルタイム4WDは前後輪の回転差の吸収にデファレンシャルギア(デフギア)を用いており、これをセンターデフと呼ぶ。しかしデフギアは片側に空転が生じた際、駆動力が全て空転した側に伝わり逃げてしまうという欠点を持つ。ATTESAはこれを解消するためにセンターデフをビスカスカップリング式リミテッド・スリップ・デフ(LSD)としたものを日産が独自に命名したものである。この方式自体は一般的であり、スバルや三菱なども採用している。センターのみ、センターとリア、また3箇所全てのデフをビスカスLSDとしたものがある。[2]

なお、主駆動輪へトルクレーンを直結し、電子制御湿式多板クラッチで従駆動輪へと駆動力を取り出す「ATTESA E-TS」とは、その構造からして全く異なる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1987年9月日産自動車株式会社発行 サービス週報第588号 NISSANブルーバードU12系車の紹介 C-30頁
  2. ^ ATTESAが初採用されたブルーバードU12型ではフロントビスカスは採用されず、リアビスカスがSSS-ATTESA系に標準装備、SE-ATTESA、XE-ATTESAにメーカーオプションであった。サニーB13型/B14型などはセンターデフのみ

関連項目[編集]