406

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
405 406 407
素因数分解 2×7×29
二進法 110010110
六進法 1514
八進法 626
十二進法 29A
十六進法 196
二十進法 106
ローマ数字 CDVI
漢数字 四百六
大字 四百六
算木 Counting rod v4.pngCounting rod 0.pngCounting rod v6.png

406四百六、よんひゃくろく)は自然数、また整数において、405の次で407の前の数である。

性質[編集]

  • 406は合成数であり、約数1, 2, 7, 14, 29, 58, 203, 406 である。
  • 406 = 1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 + 8 + 9 + 10 + … + 27 + 28
    • 28番目の三角数である。1つ前は378、次は435
      • 三角数において三角数番目で表せる7番目の数である。1つ前は231、次は666。(オンライン整数列大辞典の数列 A002817)
        • この数は n = 7 のときの n(n + 1)(n2 + n + 2)/8 の値である。
      • 三角数において各位の和も三角数になる21番目の数である。1つ前は325、次は465。(オンライン整数列大辞典の数列 A062099)
      • 406 = 28 + 378 = 55 + 351 = 153 + 253
  • 45番目の楔数である。1つ前は402、次は410
    • 三角数の楔数としては6番目の数である。1つ前は231、次は435
  • 4062 + 1 = 164837 であり、n2 + 1 の形で素数を生む59番目の数である。1つ前は400、次は420
  • 各位の和が10になる37番目の数である。1つ前は370、次は415
  • 406 = 12 + 92 + 182 = 32 + 62 + 192 = 62 + 92 + 172 = 92 + 102 + 152
  • 406 = 13 + 43 + 53 + 63

その他 406 に関連すること[編集]

関連項目[編集]