276

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
275 276 277
素因数分解 22×3×23
二進法 100010100
六進法 1140
八進法 424
十二進法 1B0
十六進法 114
十八進法 F6
二十進法 DG
ローマ数字 CCLXXVI
漢数字 二百七十六
大字 弐百七拾六
算木 Counting rod v2.pngCounting rod h7 num.pngCounting rod v6.png

276二百七十六、にひゃくななじゅうろく)は自然数、また整数において、275の次で277の前の数である。

性質[編集]

  • 276は合成数であり、約数1, 2, 3, 4, 6, 12, 23, 46, 69, 92, 138, 276 である。
    • 約数の和は数字を入れ替えた672
      • 約数の和が倍積完全数672になる最小の数である。次は308
      • 約数の和が倍積完全数となる8番目の数である。1つ前は95、次は308
    • 約数の和の平均が整数になる9番目の数である。1つ前は248、次は348
    • 素因数の和が完全数になる5番目の数である。1つ前は266、次は414
  • 276 = 1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 + 8 + 9 + 10 + … + 22 + 23
  • 12番目の六角数である。1つ前は231、次は325
  • 1/276 = 0.003623188405797101449275…(下線部は循環節。その長さは22)
  • 276 = 15 + 25 + 35
    • 3連続整数の5乗和とみたとき、1つ前は33、ただし自然数の範囲では最小、次は1299。
    • 自然数の5乗和とみたとき、1つ前は33、次は1300
    • 1から3までの累乗和とみたとき、1つ前は98、次は794
    • 276 = 05 + 15 + 25 + 35
      • 05を含めて4連続整数の5乗和とみたとき、1つ前は32、ただし負の数を除くと最小、次は1300
  • 各位の和が15となる13番目の数である。1つ前は267、次は285

その他 276 に関連すること[編集]

  • 年始から数えて276日目は10月3日
  • 西暦276年
  • 国道276号
  • 新約聖書「船にいたわたしたちは、全部で二百七十六人であった。」(使徒言行録 27章 37節)
  • 般若心経の文字数はタイトルの「摩訶般若波羅蜜多心経」を含む276文字と一般には認識されている。

関連項目[編集]