2020年ナゴルノ・カラバフ停戦協定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナゴルノ・カラバフ停戦協定
Ilham Aliyev, Russian President Vladimir Putin met in a videoconference format 3.jpg
ビデオ会議上で署名を交わすロシアのウラジーミル・プーチン大統領(左)とアゼルバイジャンのイルハム・アリエフ大統領(右)。
署名 2020年11月9日
発効 2020年11月10日(モスクワ時間0時)
締約国
主な内容
  • ナゴルノ・カラバフにおける全面的停戦
  • アグダム県キャルバジャル県ラチン県のアゼルバイジャンへの返還
  • ナゴルノ・カラバフ境界線およびラチン回廊へのロシア連邦軍平和維持部隊の駐留
  • テンプレートを表示

    2020年のナゴルノ・カラバフ停戦協定(ナゴルノ・カラバフていせんきょうてい)は、2020年9月27日に勃発したナゴルノ・カラバフ紛争の停戦協定。11月9日、ロシア連邦大統領ウラジーミル・プーチン仲介の下、アゼルバイジャン大統領イルハム・アリエフアルメニア首相ニコル・パシニャンが署名し、モスクワ時間11月10日0時から停戦が発効された[1][2][3]

    背景[編集]

    概要[編集]

    停戦合意により、アルメニアとアゼルバイジャンは捕虜と戦死者の交換を約束、さらにアルメニア軍は、12月1日までにナゴルノ・カラバフ周辺のアルメニア占領地域から順次撤退することとされた。また、ロシア陸軍からの2,000人規模の平和維持部隊が、アルメニア本土とナゴルノ・カラバフを結ぶラチン回廊沿いに5年間駐留。アルメニアは、アゼルバイジャン本土とナヒチェヴァン自治共和国間の輸送路建設を保証し、輸送路管理はロシア連邦保安庁(FSB)国境警備隊が行うこととされた[4][5][6]

    停戦協定項目[編集]

      アゼルバイジャン共和国
      アルメニア共和国
      アゼルバイジャンが制圧した地域
      アグダム県:2020年11月20日までにアルメニアはアゼルバイジャンへ返還する
      キャルバジャル県:2020年11月25日までにアルメニアはアゼルバイジャンへ返還する
      ラチン県:2020年12月1日までにアルメニアはアゼルバイジャンへ返還する
      停戦後のアルツァフ共和国の「領土」
      ラチン回廊
      アルツァフ共和国への連絡道路
      アルメニア国内に新たに設置されるアゼルバイジャン-ナヒチェヴァン回廊
      2020年の紛争前の境界線
      アルツァフ共和国が領土と主張する地域

    アゼルバイジャンのアリエフ大統領、アルメニアのパシニャン首相、ロシアのプーチン大統領が署名した停戦内容は以下の9項目となる[7]

    1. ナゴルノ・カラバフ紛争におけるすべての戦闘行為の中止を、モスクワ時間2020年11月10日0時から実施する。
    2. アルメニアはアグダム県を2020年11月20日までにアゼルバイジャンへ返還する。
    3. ナゴルノ・カラバフ境界線およびラチン回廊沿いにロシア陸軍平和維持部隊1,960人、装甲兵員輸送車90両、車両380両が展開する。
    4. ロシア陸軍平和維持部隊は、ナゴルノ・カラバフからのアルメニア軍撤退と並行して実施され、平和維持部隊の駐留期間は5年間で、当事国のいずれかが駐留期間満了6か月前までに反対を通知しない限り、自動的に駐留期間が5年間延長される。
    5. 紛争当事国の停戦合意の履行に向け、平和維持センターを設置する。
    6. アルメニアはアゼルバイジャンにキャルバジャル県を2020年11月15日(後に11月25日まで延長[8])まで、ラチン県を12月1日までに返還する。ただし、アルメニア本土とナゴルノ・カラバフおよびシュシャ英語版間の幅5キロメートル(3.1マイル)におよぶラチン回廊は現状のままとする。当事国の合意に基づき、今後3年以内にラチン回廊新ルートの建設計画を策定し、新ルートにはロシア陸軍の平和維持部隊が警備のために展開する。アゼルバイジャンは、ラチン回廊での人、車両および物資移動の安全を保障する。
    7. 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)管理下にある避難民のナゴルノ・カラバフおよび隣接地域への帰還を促す。
    8. 捕虜、人質、その他拘束者および遺体の交換を行う。
    9. 地域内におけるすべての経済および輸送制限を解除する。アルメニアは、アゼルバイジャン西部地域とナヒチェヴァン自治共和国間の人、車両および物資移動を保障し、ロシア連邦保安庁国境警備隊が輸送路管理を行う。当事国の合意に基づき、アゼルバイジャン本土とナヒチェヴァン自治共和国間の新しい輸送路建設が行われる。

    停戦合意への反応[編集]

    アルメニア[編集]

    停戦合意後にステパナケルトへ戻るアルメニア系住民

    停戦合意後、アルメニアのパシニャン首相は、「これは勝利ではないが敗北したと見なすまで敗北はない。自分たちが敗北したとは決して見なさない」と話した[9]。停戦合意発表後、アルメニアの首都エレバンで数千人規模の抗議デモが発生、デモ隊は政府庁舎に侵入し、パシニャン首相を「裏切者」と糾弾して辞任を要求した[10]

    アゼルバイジャン[編集]

    アゼルバイジャンのアリエフ大統領は、この停戦合意は「歴史的に重要なもの」だとし、アルメニアは降伏したに等しいと説明した[9]

    国際社会[編集]

    余波[編集]

    返還地域からのアルメニア人の避難[編集]

    停戦合意に基づき、アゼルバイジャンへ返還されることとなったキャルバジャル県では2020年11月14日、アルメニア系住民が避難を前に自宅へ火を放った[21]。また、マルタケルト英語版と隣接するチャレクタル英語版でも少なくとも6軒の民家に火が放たれたとAFP通信の記者が報じた[21]

    ロシア平和維持部隊の展開[編集]

    2020年11月10日、停戦協定により平和維持部隊を派遣するロシア軍が、ナゴルノ・カラバフ地域への移動を開始したと報告され[22]、協定署名前にも空路で部隊がアルメニアに輸送されたと報告があった[23]。平和維持部隊は第15独立親衛自動車化狙撃旅団で構成され、11月12日までにステパナケルトに入り、監視所の開設を開始した[24]

    トルコ軍の役割[編集]

    停戦協定への署名とロシア軍平和維持部隊の展開に続き、アゼルバイジャン国内にロシア・トルコ合同の停戦監視センターロシア語版を設立することに関する覚書が、ロシアとトルコの国防相によって署名された[25]。しかし、ロシアはトルコの関与はアゼルバイジャン国内の監視センターでの活動に限定され、トルコの平和維持部隊はナゴルノ・カラバフに展開しないと主張した[25][26]

    停戦違反[編集]

    2020年12月12日、アルメニア国防省はアルツァフ共和国南部をアゼルバイジャン軍が攻撃したと発表、ロシア国防省もアゼルバイジャン軍による停戦違反が12月11日にハドルトで1件確認されたと発表[27]、アゼルバイジャン国防省は「挑発に対する適切な対応」をしたと発表した[28]

    脚注・出典[編集]

    1. ^ Путин выступил с заявлением о прекращении огня в Карабахе” (ロシア語). RIA Novosti (2020年11月9日). 2020年11月9日閲覧。
    2. ^ Пашинян заявил о прекращении боевых действий в Карабахе” (ロシア語). RIA Novosti (2020年11月9日). 2020年11月9日閲覧。
    3. ^ Президент непризнанной НКР дал согласие закончить войну” (ロシア語). RIA Novosti (2020年11月9日). 2020年11月9日閲覧。
    4. ^ Пашинян заявляет о подписании мирного соглашения” (ロシア語). BBC Russian Service (2020年11月10日). 2020年11月10日閲覧。
    5. ^ “Armenia, Azerbaijan and Russia sign Nagorno-Karabakh peace deal”. BBC News. (2020年11月10日). https://www.bbc.com/news/world-europe-54882564 2020年11月10日閲覧。 
    6. ^ Azerbaijan, Armenia sign peace deal to end conflict”. GulfToday (2020年11月10日). 2020年11月10日閲覧。
    7. ^ JETRO ビジネス短信 2020年11月11日 アゼルバイジャン、アルメニア、ロシア3首脳がナゴルノ・カラバフ紛争停戦で合意 添付資料 2020年11月26日閲覧。
    8. ^ Azerbaijan extends Armenian pullout deadline from Kalbajar”. Al Jazeera (2020年11月15日). 2020年11月17日閲覧。
    9. ^ a b アルメニアとアゼルバイジャンが停戦合意 ロシアが仲介”. BBCNEWSJAPAN (2020年11月10日). 2020年11月28日閲覧。
    10. ^ ナゴルノ停戦にアルメニア国民激怒、首相辞任求め抗議デモ”. AFP BB NEWS (2020年11月12日). 2020年11月29日閲覧。
    11. ^ UN Chief Relieved Karabakh Ceasefire Reached, Hopes For Protection Of Civilians- Spokesman”. UrduPoint. 2020年11月29日閲覧。
    12. ^ Nagorno Karabakh: Statement by the High Representative/Vice-President Josep Borrell on the cessation of hostilities”. EEAS – European External Action Service – European Commission. 2020年11月29日閲覧。
    13. ^ Statement of Secretary General of the Turkic Council on Nagorno-Karabakh settlement” (2020年11月11日). 2020年11月11日閲覧。
    14. ^ @DominicRaab (2020年11月10日). "The UK welcomes agreement by Azerbaijan & Armenia to end the #NagornoKarabakh conflict" (ツイート). Twitterより2020年11月10日閲覧
    15. ^ Staff, IFP Editorial (2020年11月10日). “Iran Welcomes Cessation of Hostilities in Karabakh”. 2020年11月10日閲覧。
    16. ^ Georgian President on Nagorno-Karabakh Deal: New Era Starts in the Caucasus”. Georgia Today on the Web (2020年11月10日). 2020年11月10日閲覧。
    17. ^ Çavuşoğlu Azərbaycanı təbrik etdi” (アゼルバイジャン語). azerbaycan24.com (2020年11月10日). 2020年11月10日閲覧。
    18. ^ Pakistan congratulates Azerbaijan over Karabakh victory”. aa.com (2020年11月10日). 2020年11月10日閲覧。
    19. ^ “MAEIE al R. Moldova salută înțelegerile de încetare a focului convenite între Azerbaidjan și Armenia” (ルーマニア語). Agora. (2020年11月12日). https://agora.md/stiri/79849/maeie-al-r-moldova-saluta-intelegerile-de-incetare-a-focului-convenite-intre-azerbaidjan-si-armenia 2020年11月12日閲覧。 
    20. ^ Armenian President says nation 'misjudged' its negotiating power in Nagorno-Karabakh conflict”. SBS News (2020年11月10日). 2020年11月10日閲覧。
    21. ^ a b 自宅を燃やしてアルメニアに避難、ナゴルノカラバフ紛争”. AFP BB NEWS (2020年11月15日). 2020年11月29日閲覧。
    22. ^ Russian peacekeepers deploy to Nagorno-Karabakh after ceasefire”. Reuters (2020年11月10日). 2020年11月19日閲覧。
    23. ^ "РФ могла оказывать поддержку только с территории Ирана"” (ロシア語). Radio Free Europe/Radio Liberty (2020年11月18日). 2020年11月19日閲覧。
    24. ^ Russian peacekeepers enter Stepanakert”. TASS (2020年11月12日). 2020年11月19日閲覧。
    25. ^ a b Turkey seeks approval to deploy peacekeepers in Azerbaijan”. Al Jazeera (2020年11月16日). 2020年11月19日閲覧。
    26. ^ No Turkish peacekeepers to be sent to Nagorno-Karabakh — Lavrov”. TASS (2020年11月12日). 2020年11月19日閲覧。
    27. ^ ナゴルノ紛争 アゼル「停戦違反」か 南部に攻撃再開”. 産経新聞 (2020年12月13日). 2020年12月13日閲覧。
    28. ^ ロシア軍、停戦違反を報告 ナゴルノカラバフ紛争”. 時事通信社 (2020年12月13日). 2020年12月13日閲覧。

    外部リンク[編集]