137

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
136 137 138
素因数分解 137 (素数
二進法 10001001
六進法 345
八進法 211
十二進法 B5
十六進法 89
二十進法 6H
ローマ数字 CXXXVII
漢数字 百三十七
大字 百参拾七
算木 Counting rod v1.pngCounting rod h3.pngCounting rod v7.png

137百三十七、ひゃくさんじゅうなな)は自然数、また整数において、136の次で138の前の数である。

性質[編集]

  • 137は33番目の素数である。1つ前は131、次は139
  • 137と139は11番目に小さな双子素数である。1つ前は(107, 109)、次は(149, 151)。
  • 13…37 の形の最小の素数である。次は13337。ただし挟まれた数は無くてもいいとすると最小は17。(オンライン整数列大辞典の数列 A177509)
  • 末尾の2桁が37の2番目の素数である。1つ前は37、次は337。(オンライン整数列大辞典の数列 A244768)
  • 137 = 27 + 9
  • 1/137 = 0.00729927… (下線部は循環節で長さは8)
  • 中心角が約137.51°になるように2つに分けると、それらの扇形面積比は黄金比となる。
中心角137.51°でB/Aは黄金比

その他137に関連すること[編集]

関連項目[編集]