立花高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
齋藤眞人から転送)
立花高等学校
立花高等学校新校舎.jpgTachibana High School.jpg
左の画像は新校舎 右の画像は旧校舎
過去の名称 立花女子高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人立花学園
設立年月日 1957年
創立者 安部清美
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科
学科内専門コース 進学コース
DS(就職)コース
学期 二期制
高校コード 40544C
所在地 811-0213
福岡県福岡市東区和白丘二丁目24番43号

北緯33度41分46.1秒 東経130度25分53.4秒 / 北緯33.696139度 東経130.431500度 / 33.696139; 130.431500座標: 北緯33度41分46.1秒 東経130度25分53.4秒 / 北緯33.696139度 東経130.431500度 / 33.696139; 130.431500
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

立花高等学校(たちばなこうとうがっこう)は、福岡県福岡市東区和白丘二丁目に所在する私立高等学校。設置者は学校法人立花学園。

設置学科[編集]

設置学科 [編集]

学科内専門コース[編集]

2年次より各コースに分かれる

進学コース
  • 文系
  • 理系
DS(就職)コース
全教科の授業に加えて体験授業がある。

沿革[編集]

  • 1957年 - 明林高等学校として開校(創設者、安部清美
  • 1963年 - 第二高等学校と改称
  • 1965年 - 福岡工業大学創立者である桑原玉市が運営を引き継ぐ
  • 1966年 - 立花女子高等学校と改称
  • 1973年 - 共学化、立花高等学校と改称
    • 電波学園抗争の余波を受け、生徒数3名に
  • 1970年代後半 - 全国から中途退学者を受入れ
  • 1985年 - 新1年生より制服着用を義務化
  • 1993年 - 隔週5日制実施
  • 1994年 - 学内不登校委員会設置
  • 1996年 - 東区奈多公民館において不登校生の為の学校外教室開設(現在5ヶ所)、適応指導学級(現サポート学級)を開設
  • 2003年 - 全日制・単位制導入
  • 2005年 - 先進校視察開始
  • 2006年 - 学校設定科目 ワールド開設
    • ダンス講師・教育アドバイザーに今村克彦が就任
  • 2011年 - 特別支援教育セミナー主管校として活動
  • 2012年 - 卒業生の就労支援目的としたNPO法人「パイルアップ」を設立
    • 北欧視察
  • 2013年 - フェルト アシスタント採用
  • 2014年 - 文部科学省 モデル校として、デュアルシステム(長期職場体験)の導入
    • 社会福祉法人野の花学園と業務提携
    • 学校敷地に共同作業所「キャリアワーク立花」開設
  • 2016年 - 新校舎・体育館・グランド完成

特色[編集]

小学校、もしくは中学時代に不登校を体験した生徒が8割を占める[1]

社会とのかかわり[編集]

  • 齋藤眞人校長は平成27年度文部科学省「不登校に関する調査研究協力者会議」の委員を務めている[2]
  • 福岡県内の私立高校で構成されている「高校生セーフティネット研究会」主管校[3]
  • すぐに社会に出て就労する事が難しい卒業生のために学校の隣接地にて社会福祉法人野の花学園と共同で「キャリアワーク立花」を運営している[4]
  • 2010年5月までは酒田短期大学および東京ドリーム学園[5]理事長だった貝原秀輝が理事長を務めていたが、現在は校長の齋藤眞人が理事長を兼任しており前出2校との関連性は無くなっている[6]

アクセス[編集]

著名な出身者[編集]

テレビ放送[編集]

  • 読売新聞スペシャル 君は君のままでいい~立花高校 3年間の記録~(福岡放送、2019年7月21日、日曜曜15:00 - 15:55)[7]
  • NNNドキュメント「君は君のままでいい~立花高校3年間の記録~」(日本テレビ、2019年9月30日、月曜(日曜深夜)1:05 - 1:35)[8][注 1]

書籍[編集]

  • 「いいんだよ」は魔法の言葉 ―君は君のままでいい―[9](2019年12月18日発売、梓書院)ISBN 978-4-87035-661-0

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 10月6日(日)11:00~ BS日テレで再放送。
    10月6日(日)5:00~/24:00~ CS「日テレNEWS24」で再放送。

出典[編集]

外部リンク[編集]