麻生周一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
麻生周一
生誕 (1985-12-26) 1985年12月26日(31歳)
日本の旗 日本 埼玉県入間市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 2006年 -
ジャンル 少年漫画
代表作 斉木楠雄のΨ難
受賞 第64回赤塚賞準入選
(『勇者パーティー現る』)
テンプレートを表示

麻生 周一(あそう しゅういち、1985年12月26日[1] - )は、日本漫画家埼玉県入間市出身[2]

来歴[編集]

20歳頃に漫画家を志すようになるまで、週に2回ほどアルバイトをする以外は自宅に引きこもる生活を送っていた[3]

元はストーリー漫画家志望であり、別名義で新人賞に投稿して最終候補まで残ったこともあった[4]。投稿派であったため、原稿の持ち込みをしたことはないという(2013年10月時点)[5]手塚賞にも作品を応募していたが、締切間際に手塚・赤塚両賞取りを狙い『勇者パーティー現る』を一週間で書き上げる。この結果、第64回(平成18年度上半期)赤塚賞準入選を受賞するに至り、同時にストーリー漫画からギャグ漫画の作家へと転身する。なお、投稿でいきなり赤塚賞準入選を受賞するのはかなり「レアケース」であるという[3]。『勇者パーティー現る』は『週刊少年ジャンプ』(集英社2006年34号に掲載され、漫画家デビューを果たした。

その後、複数の読切掲載を経て、『ぼくのわたしの勇者学』を『週刊少年ジャンプ』2007年24号から2008年35号にかけて発表し初連載を果たす。デビューから約1年で連載まで漕ぎ着けたケースは珍しく、スタートダッシュの速い作家であるとされる[3]

2010年には再び『週刊少年ジャンプ』で『新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ』を連載するが、13週で打ち切られる。

麻生は過去の経験から、主人公をツッコミ役にすれば自由度が高く話を作りやすいと考え[6]、『少年ジャンプNEXT!』(集英社)2010 SUMMERでツッコミ役を主人公にした読切『超能力者 斉木楠雄のΨ難』を掲載する。2011年には『週刊少年ジャンプ』で読切『超能力者 斉木楠雄のΨ難』を7回不定期掲載する。この読切は『斉木楠雄のΨ難』の連載に先駆けて、『麻生周一短編集 超能力者 斉木楠雄のΨ難 0』に収録された。2012年に『週刊少年ジャンプ』で開始された『斉木楠雄のΨ難』は2017年現在も連載されており、FLASHアニメ化・小説化・アニメ化・実写化・ゲーム化などが行われている。

人物[編集]

身長175cm[7]血液型はA型[7]。趣味はゲームダーツ[8]。好きな漫画は「island」(古味直志)・「キャッチクラブ」(宮本和也)・「Heart Catcher」(神海英雄)。2008年時点で2005年頃からの『赤マルジャンプ』掲載作品と作者名をすべて憶えているらしい[2]。2016年4月時点で、お勧めの漫画として『僕のヒーローアカデミア』(堀越耕平)を挙げている[9]

アイドルグループでんぱ組.incのファンクラブ会員[3]

『週刊少年ジャンプ』にて「ぼくのわたしの勇者学」の2話同時掲載を6回行った(うち5回は、休載漫画の代理原稿として掲載)。更に、本誌連載を休載することなく『赤マルジャンプ』2008 WINTERでも2話同時掲載を行い、さらに『ジャンプSQ』2008年7月号にも特別編を掲載した。このことは本誌や単行本で度々ネタにしており、当時の「史上最速30話達成」を記録した[10]。なお、原稿を仕上げる速度は6日で一週分(17ページ)だという[7]

コナミデジタルエンタテインメント音楽ゲームBEMANIシリーズ」及びアーティストのRyu☆のファンであり、「Ryu☆BEST-MOONLiGHT-」のアナザージャケットを書き下ろした。

作風[編集]

かつてはボケ役を主人公とするギャグ漫画を描いていたが、試行錯誤の末に2010年頃からツッコミ役を主人公とした作品を描くようになった[6]RPGネタが多い。扉絵のところの作者名「麻生周一」に「〜(デタラメな文句が入る)麻生周一」と担当が書いていたり、2話同時掲載をこなすなど、読者サービスが豊富。独特のギャグの使い回しも特徴である。

うすた京介からの強い影響が見られる。

作品リスト[編集]

漫画作品[編集]

連載作品 読切作品
タイトル 掲載誌 備考
01 ゆうしやはあていあらわる勇者パーティー現る 読切 01WJ 2006年34号 Y - 2 第64回赤塚賞準入選。デビュー作
02 くらつとにいとくりいとグラットニーとグリード 読切 02未掲載 手塚賞応募作
03 れしえんとたわあLEGEND TOWER 読切 03WJ 2006年49号
04 ほくのわたしのゆうしやかくぼくのわたしの勇者学 連載 04WJ 2007年24号 - 2008年35号 Y
短 ⇒
連載デビュー作
⇒『SQ』掲載の番外編のみ
05 けきたんいんふろせひいしよん劇団!インプロビゼーション 読切 05WJ 2008年50号 S - 3
06 みかみしょうねんたんていふあいる三上少年探偵ファイル 読切 06赤マル 2009年1月10日
07 かいせつふるはわあこうこうやきゅう解説フルパワー高校野球!!
〜今年のポメ高は一味違う!?〜
読切 07WJ 2009年37・38号
08 しんせいきあいとるてんせつかなたせふんちえんし新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ 連載 08WJ 2009年51号 - 2010年12号 K
09 ちようのうりよくしやさいきくすおのさいなん超能力者 斉木楠雄のΨ難 読切 09NEXT 2010 SUMMER
0 青号(再)
S - 1
10 おまえんちおはけやしきお前んち、お化け屋敷 読切 10WJ 2011年5・6合併号 S - 2
11 ちようのうりよくしやさいきくすおのさいなん超能力者 斉木楠雄のΨ難 読切 11WJ 2011年22号 - 50号 不定期掲載(全7話)
12 さいきくすおのさいなん斉木楠雄のΨ難 連載 12WJ 2012年24号 - 連載中 S 代表作
13 てらすはうすたすとTERRACE HOUSE DUST 読切 13+ 2014年11月10日 S - 12 テラスハウスのパロディ

書籍[編集]

  • 「略」欄は上記#漫画作品の収録欄で用いている略号を示す。
ぼくのわたしの勇者学 新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ 斉木楠雄のΨ難
書名 発行年 注記
ほくのわたしのゆうしやかくぼくのわたしの勇者学 2007年 - 2008年 6 初の単行本
しんせいきあいとるてんせつかなたせふんちえんし新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ 2010年 1
ちようのうりよくしやさいきくすおのさいなん麻生周一短編集 超能力者 斉木楠雄のΨ難 0 2012年 1 短編集
さいきくすおのさいなん斉木楠雄のΨ難 2012年 - 刊行中 21
さいきくすおのさいなんえくすとらそとおりいおふさいきつくす斉木楠雄のΨ難 EXTRA STORY OF PSYCHICS 2013年 - 刊行中 2 小説版
さいきくすおのさいなんちようのうりよくえくささいす斉木楠雄のΨ難 超能力エクサΨズ 2013年 1 ゲームブック

その他[編集]

  • いぬまるだしっ - 単行本2巻においてゲスト出演した宗村まさゆきを執筆。また同巻収録の『まるだし対談』に登場。
  • 斉木楠雄のΨ難(TVアニメ) - 第20χにて「天の声」として出演した。

関連人物[編集]

アシスタント

出典[編集]

  1. ^ 「新人紹介ページ」『週刊少年ジャンプ』2006年34号、集英社
  2. ^ a b 「特別ページ」『赤マルジャンプ』2008 WINTER、集英社
  3. ^ a b c d 夢眠書店開店日記 第10話:漫画制作の裏側①
  4. ^ 麻生Twitter 2013年7月28日。
  5. ^ 麻生Twitter 2013年10月16日。
  6. ^ a b 麻生Twitter 2012年12月11日。
  7. ^ a b c 麻生周一『ぼくのわたしの勇者学』1巻
  8. ^ 『週刊少年ジャンプ』2006年49号
  9. ^ 夢眠書店開店日記 第10話:漫画制作の裏側④
  10. ^ この記録は、毎回2話同時掲載を行った『磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜』に抜かれている。
  11. ^ 麻生Twitter 2013年2月1日。
  12. ^ 麻生Twitter 2012年11月13日。

外部リンク[編集]