麻生周一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
麻生周一
生誕 1985年12月26日(28歳)
日本の旗 日本 埼玉県入間市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 2006年 -
ジャンル

少年漫画

ギャグ漫画
代表作 斉木楠雄のΨ難
受賞 第64回赤塚賞準入選
(『勇者パーティー現る』)
テンプレートを表示

麻生 周一(あそう しゅういち、1985年12月26日[1] - )は、日本漫画家埼玉県入間市出身[2]。身長175cm[3]。血液型はA型[3]

来歴[編集]

元はストーリー作家志望であり手塚賞に作品を応募していたが、締切間際に手塚・赤塚両賞取りを狙い「勇者パーティー現る」を一週間で書き上げる。結果、第64回(平成18年度上半期)赤塚賞準入選を受賞するに至り、同時にストーリー漫画からギャグ漫画の作家へと転身することになる。また、『勇者パーティー現る』は『週刊少年ジャンプ』 2006年34号に掲載され、漫画家デビューを果たした。

その後、複数の読切掲載を経て、『ぼくのわたしの勇者学』を『週刊少年ジャンプ』 2007年24号から2008年35号にかけて発表し連載デビューを果たす。

2010年には『新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ』を連載するが、わずか13周で打ち切りに終わる。

NEXT 2010 SUMMERで読切『超能力者 斉木楠雄のΨ難]] 』を掲載する。2011年には設定を変え、『週刊少年ジャンプ』で読切『超能力者 斉木楠雄のΨ難 』を7回不定期掲載する。その後『斉木楠雄のΨ難』の連載が決定するが、連載に先駆けて麻生初の短編集となる『麻生周一短編集 超能力者 斉木楠雄のΨ難 0』が刊行され、『週刊少年ジャンプ』に掲載された『超能力者 斉木楠雄のΨ難 』の読切などが収録された。

『斉木楠雄のΨ難』は2014年現在も連載が継続しており、FLASHアニメ化や小説家などが行われるヒット作となった。

人物[編集]

趣味はTVゲーム、ダーツ(2006年11月時点)[4]RPGをモチーフにすることもあるが、実際はテレビゲームのパロディネタなどは存在しておらず、ほぼ作者の創作である。

扉絵のところの作者名「麻生周一」に「~(デタラメな文句が入る)麻生周一」と担当が書いていたり、2話同時掲載をこなすなど、読者サービスが豊富。独特のギャグの使い回しも特徴である。好きな漫画は「island」(古味直志)・「キャッチクラブ」(宮本和也)・「Heart Catcher」(神海英雄)。2005年頃からの『赤マルジャンプ』掲載作品と作者名をすべて憶えているらしい[2]

連載デビューから5年目の2012年46号で、新連載第一話を除く、自身初の表紙及び巻頭カラーを手がけた。しかし麻生は同号で主人公の斉木に極めてメタフィクショな台詞を言わせ、巻末目次のコメントに「今週のJ(週刊少年ジャンプ)が売れ残らないか心配です」と自虐的なコメントを載せている。

2話同時掲載[編集]

『週刊少年ジャンプ』にて「ぼくのわたしの勇者学」の2話同時掲載を6回行った(うち5回は、休載漫画の代原として掲載)。更に、本誌連載を休載することなく増刊『赤マルジャンプ2008年WINTER号でも2話同時掲載を行い、さらにジャンプスクエア2008年7月号にも特別編を掲載した。原稿を仕上げる速度は、6日で一週分とのことで[3]、漫画家として特に速筆なほうではない。

2話同時連載を短期間で3回も行ったことについては、1巻巻末インタビューでギャグのネタにすらしていた。因みに、単行本1巻発売直後に4度目の2話同時掲載を行ったことや「10週くらいで終わると思っていたのに20週過ぎても居座っている」「史上最速30話達成」などといった自虐的なネタを本誌で披露している。更に『赤マルジャンプ』掲載時には「赤マル初掲載(麻生はデビュー以来本誌のみに作品を発表していた)」ということで、他の新人漫画家に混じって新人紹介ページを設けるというネタを披露してみせた。

作品リスト[編集]

漫画作品[編集]

連載作品 読切作品
タイトル 掲載誌 備考
01 勇者パーティー現る 読切 WJ 2006年34号 Y - 2 第64回赤塚賞準入選作品
02 グラットニーとグリード 読切 掲載号不明 手塚賞応募作品
03 LEGEND TOWER 読切 WJ 2006年49号
04 ぼくのわたしの勇者学 連載 WJ 2007年24号 - 2008年35号 Y ジャンプSQ』掲載の番外編のみ短編集収録。
05 劇団!インプロビゼーション 読切 WJ 2008年50号 S - 3
06 三上少年探偵ファイル 読切 赤マル 2009年1月10日
07 解説フルパワー高校野球!!
〜今年のポメ高は一味違う!?〜
読切 WJ 2009年37・38号
08 新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ 連載 WJ 2009年51号 - 2010年12号 K
09 超能力者 斉木楠雄のΨ難 読切 NEXT 2010 SUMMER S - 1
10 お前んち、お化け屋敷 読切 WJ 2011年5・6合併号 S - 2
11 超能力者 斉木楠雄のΨ難 読切 WJ 2011年22号 - 50号 不定期掲載(全7話)。
12 斉木楠雄のΨ難 連載 WJ 2012年24号 - 連載中 S

 書籍[編集]

  • 「略」欄は上記#漫画作品の収録欄で用いている略号を示す。
ぼくのわたしの勇者学 新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ 斉木楠雄のΨ難
書名 発行年 注記
ぼくのわたしの勇者学 2007 - 2008 6 初の単行本 Y
新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ 2010 1 K
麻生周一短編集 超能力者 斉木楠雄のΨ難 0 2012 1 短編集
斉木楠雄のΨ難 2012 - 連載中 7 S
斉木楠雄のΨ難 EXTRA STORY OF PSYCHICS 2013 1 小説版
斉木楠雄のΨ難 超能力エクサΨズ 2013 1 ゲームブック

その他[編集]

  • いぬまるだしっ - 単行本2巻においてゲスト出演した宗村まさゆきを執筆。また同巻収録の『まるだし対談』に登場。

アシスタント[編集]

関連項目[編集]

  • 松井優征 - 主に週刊少年ジャンプで活躍している日本の漫画家。麻生と同じ入間市出身。

出典[編集]

  1. ^ 「新人紹介ページ」『週刊少年ジャンプ』2006年34号、集英社
  2. ^ a b 「特別ページ」『赤マルジャンプ』2008WINTER、集英社
  3. ^ a b c 麻生周一『ぼくのわたしの勇者学 1巻』
  4. ^ 『週刊少年ジャンプ』2006年49号

外部リンク[編集]