麻生周一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
麻生周一
生誕 (1985-12-26) 1985年12月26日(34歳)
日本の旗 日本埼玉県入間市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 2006年 -
ジャンル 少年漫画
代表作ぼくのわたしの勇者学[1]
斉木楠雄のΨ難
受賞 第64回赤塚賞準入選
(『勇者パーティー現る』)
サイン Shūichi Asō sign.svg
テンプレートを表示

麻生 周一(あそう しゅういち、1985年12月26日[2] - )は、日本漫画家埼玉県入間市出身[3]。妻は古川未鈴でんぱ組.inc[4]

経歴[編集]

20歳頃に漫画家を志すようになるまで、週に約2回のアルバイト以外は自宅に引きこもる生活を送っていた[5]

漫画家を志した当初はストーリー漫画家志望で、感動できる作品を描きたいと考えていた。別名義で投稿した新人賞最終候補に残ったこともあった[6][7]。投稿派であったため、原稿の持ち込みをしたことはないという(2013年10月時点)[8]手塚賞に作品を投稿していたが、締切間際に手塚・赤塚両賞取りを狙い『勇者パーティー現る』を1週間で仕上げる。この結果、第64回(平成18年度上半期)赤塚賞準入選を果たし、同時にストーリー漫画家からギャグ漫画家へ転身する。なお、投稿でいきなり赤塚賞準入選を受賞するのはかなり「レアケース」であるという[5]。『勇者パーティー現る』は『週刊少年ジャンプ』(集英社2006年34号に掲載され、漫画家デビューを果たした。

その後、複数の読切掲載を経て、『ぼくのわたしの勇者学』を『週刊少年ジャンプ』2007年24号から2008年35号にかけて発表し初連載を果たす。デビューから約1年で連載まで漕ぎ着けたケースは珍しく、スタートダッシュの速い作家である[5]

『勇者学』完結後に探偵ものの連載を試みるが、当時放送していたテレビドラマ33分探偵』と構想が被ってしまい諦めた[6]

2010年には再び『週刊少年ジャンプ』で『新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ』を連載するが、13週で打ち切られる。

麻生は過去の経験から、主人公をツッコミ役にすれば自由度が高く話を作りやすいと考え[9]、『少年ジャンプNEXT!』(集英社)2010 SUMMERでツッコミ役を主人公にした読切『超能力者 斉木楠雄のΨ難』を掲載する。2011年には『週刊少年ジャンプ』で、7回不定期掲載し、タイトルを『斉木楠雄のΨ難』に改めて2012年24号から2018年13号まで連載され、テレビアニメ化や実写映画化などが行われるヒット作となった。

人物[編集]

身長175cm[10]血液型はA型[10]。趣味はゲームダーツ[11]。自身のギャグ漫画の原点としてうすた京介を挙げる[6]。好きな漫画は「island」(古味直志)・「キャッチクラブ」(宮本和也)・「Heart Catcher」(神海英雄)。2008年時点で2005年頃からの『赤マルジャンプ』掲載作品と作者名をすべて憶えているらしい[3]。2016年4月時点で、お勧めの漫画として『僕のヒーローアカデミア』(堀越耕平)を挙げている[12]

もともとアイドルグループでんぱ組.incのファンクラブ会員[5]で、2019年9月にでんぱ組の古川未鈴と結婚することを発表した[4]

『週刊少年ジャンプ』で『勇者学』2話同時掲載を6回行った(うち5回は休載漫画の代理原稿として掲載)。更に、本誌連載を休載することなく『赤マルジャンプ』2008 WINTERでも2話同時掲載を行い、さらに『ジャンプSQ』2008年7月号にも特別編を掲載した。このことは本誌や単行本で度々ネタにしており、当時の「史上最速30話達成」を記録した[13]。なお、原稿を仕上げる速度は6日で1週分(17ページ)だという[10]

音楽ゲームBEMANIシリーズ」(コナミデジタルエンタテインメント)及びアーティストのRyu☆のファンで、「Ryu☆BEST-MOONLiGHT-」のアナザージャケットを描き下ろした。

麻生周一という名前はペンネームであるが、本名は公表していない。

作品リスト[編集]

漫画作品[編集]

連載作品 読切作品
タイトル 掲載誌 備考
01 ゆうしやはあてい勇者パーティー現る 読切 01WJ 2006年34号 Y - 2 第64回赤塚賞準入選
デビュー作
02 くらつとにいとくりいとグラットニーとグリード 読切 02未掲載 手塚賞応募作
03 れしえんとたわあLEGEND TOWER 読切 03WJ 2006年49号
04 ほくのわたしのぼくのわたしの勇者学 連載 04WJ 2007年24号 - 2008年35号 Y
短 ⇒
連載デビュー作
SQ掲載の番外編のみ
05 けきたんいんふろせひいしよん劇団!インプロビゼーション 読切 05WJ 2008年50号 S - 3
06 みかみしょうねん三上少年探偵ファイル 読切 06赤マル2009 WINTTER
07 かいせつふるはわあ解説フルパワー高校野球!!
〜今年のポメ高は一味違う!?〜
読切 07WJ 2009年37・38号
08 しんせいきあいとる新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ 連載 08WJ 2009年51号 - 2010年12号 K
09 ちようのうりよくしや1超能力者 斉木楠雄のΨ難(NEXT版) 読切 09NEXT 2010 SUMMER
0 青号(再)
10 ちようのうりよくしや2超能力者 斉木楠雄のΨ難(本誌版) 読切 WJ2011年22号 - 50号⇒ S - 1 ⇒ 不定期掲載(全7話)
11 おまえんちおはけやしきお前んち、お化け屋敷 読切 10WJ 2011年5・6合併号 S - 2
12 さいきくすお斉木楠雄のΨ難 連載 12WJ 2012年24号 - 2018年13号
2018年14号 - 31号(4コマ)
GIGA 2018 SUMMER vol.1・3 ⇒
S 代表作
⇒ 斉木楠雄のΨ起動
13 てらすはうすたすとTERRACE HOUSE DUST 読切 13+ 2014年11月10日 S - 12 テラスハウスのパロディ
14 せいしようねんゆうかい青少年有害環境規制法 読切 14WJ 2017年36・37合併号[14] S - 25
15 もんたいのおおい問題の多い料理店 読切 14WJ 2019年10号 [15]
16 ひしよくか美食家陸谷鉄斎の葛藤 読切 14SQ 2019年3月号 [15]
17 まんかかいせかい漫画家異世界取材旅行 読切 15WJ 2020年4・5合併号

書籍[編集]

  • 「略」欄は上記#漫画作品の収録欄で用いている略号を示す。
ぼくのわたしの勇者学 斉木楠雄のΨ難
書名 発行年 注記
ほくのわたしのぼくのわたしの勇者学 2007年 - 2008年 6 初の単行本
しんせいきあいとる新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ 2010年 1
ちようのうりよくしやさいきくすお麻生周一短編集 超能力者 斉木楠雄のΨ難 0 2012年 1 短編集
さいきくすおのさいなん斉木楠雄のΨ難 2012年 - 2018年 26
さいきくすおのさいなんえくすとら斉木楠雄のΨ難 EXTRA STORY OF PSYCHICS 2013年 - 2014年 2 小説版
さいきくすおのさいなんちようのうりよくえくさ斉木楠雄のΨ難 超能力エクサΨズ 2013年 1 ゲームブック
ほくのわたしのぼくのわたしの勇者学 2017年 3 集英社文庫

その他[編集]

関連人物[編集]

アシスタント

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 【1話】ギャグマンガ家 人間ドックデスレース(2019年9月18日閲覧)
  2. ^ 「新人紹介ページ」『週刊少年ジャンプ』2006年34号、集英社
  3. ^ a b 「特別ページ」『赤マルジャンプ』2008 WINTER、集英社
  4. ^ a b 「斉木楠雄のψ難」の麻生周一とでんぱ組.incの古川未鈴が結婚を発表”. コミックナタリー (2019年9月18日). 2019年9月18日閲覧。
  5. ^ a b c d 夢眠書店開店日記 第10話:漫画制作の裏側①
  6. ^ a b c 福田雄一監督×原作者・麻生周一対談「映画『斉木楠雄のΨ難』は山﨑賢人の“最終形態”」(2018年9月23日閲覧)
  7. ^ 麻生Twitter 2013年7月28日。
  8. ^ 麻生Twitter 2013年10月16日。
  9. ^ 麻生Twitter 2012年12月11日。
  10. ^ a b c 麻生周一『ぼくのわたしの勇者学』1巻
  11. ^ 『週刊少年ジャンプ』2006年49号
  12. ^ 夢眠書店開店日記 第10話:漫画制作の裏側④
  13. ^ この記録は、毎回2話同時掲載を行った『磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜』に抜かれている。
  14. ^ 『斉木楠雄のΨ難』麻生周一、宣言通り連載中に読み切りを執筆! - ダ・ヴィンチニュース
  15. ^ a b 麻生周一の読み切りがジャンプとSQ.に登場、2作が同じ世界観で進む新感覚ギャグ”. コミックナタリー (2019年2月4日). 2019年2月4日閲覧。
  16. ^ でんぱ組.incのニューシングルジャケに、麻生周一がメンバー7人&斉木描く(コメントあり)”. コミックナタリー (2018年2月28日). 2018年4月8日閲覧。
  17. ^ 麻生Twitter 2013年2月1日。
  18. ^ 麻生Twitter 2012年11月13日。

外部リンク[編集]