ぼくのわたしの勇者学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ぼくのわたしの勇者学
ジャンル 学園漫画ギャグ漫画
少年漫画
漫画
作者 麻生周一
出版社 集英社
掲載誌 週刊少年ジャンプ
レーベル ジャンプ・コミックス
発表期間 2007年24号 - 2008年35号
巻数 全6巻
話数 全66話+番外編
テンプレート - ノート 

ぼくのわたしの勇者学』(ぼくのわたしのゆうしゃがく)は、麻生周一による日本漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて、2007年24号から2008年35号まで連載された。 

作品概要[編集]

新任教師鋼野剣主人公とするギャグ漫画。全6巻。全66話。話数カウントは「Lv(レベル)」。

連載開始前、作者は「マンガで学ぶ!勇者学入門」「カリスマ勇者教師KEN」「猿でも解る勇者学入門」というタイトルを考えていたが、タイトルだけでギャグ漫画と認識できるとして『ぼくのわたしの勇者学』を選んだ[1]

連載中に2話同時掲載が6回行われた(うち5回は、休載作品の代理原稿として掲載)。更に、本誌連載を休載することなく『赤マルジャンプ2008年WINTER号でも2話同時掲載を行い、ジャンプSQ2008年7月号にも番外編を掲載した。SQに掲載された番外編は『麻生周一短編集 超能力者斉木楠雄のΨ難』0巻に収録されている。

麻生の連載作品である『斉木楠雄のΨ難』(以下『斉木』)、『新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ』(以下『彼方』)にも、しばしば本作の登場人物などが登場する。

Lv11以降は、勇者部とそのメンバーを中心にストーリーが展開していく。Lv49にて進級が行われた。Lv65では学校の校舎が焼失したが、その次の回で70年後に時間が飛び、唐突に最終回を迎えた[注 1]

あらすじ[編集]

私立ホーリーランス学園(ホリ高)1-Aに勇者とはかけ離れた性格の「勇者」(自称)、鋼野剣が担任教師としてやってくる。生徒の1人河野盾は鋼野に気に入られてしまい、様々な厄介ごとに巻き込まれる。さらに、鋼野を顧問にしようと、火野木望らゲーム部が廃部をかけて鋼野に勝負を挑むが敗北。そして鋼野は新たに勇者部を作り、旧ゲーム部を事実上吸収する。

登場人物[編集]

  • Lv64の人気投票の順位は主に10位まで記載。なお、順位は人気・不人気票の差し引きにより導き出された結果である。
  • プロフィールは基本的に原文ママ。数値が不明な項目は省略。

私立ホーリーランス学園[編集]

勇者部[編集]

鋼野 剣(はがねの けん)
本作の主人公。私立ホーリーランス学園の男性教師(勇者学担当)。1-A→2-Dの担任。勇者部顧問。
6月10日生まれ。AB型。身長174cm、体重60kg。好きなモノはバナナ、コーラ、ゲーム、盾(じゅん)。嫌いなモノは野菜全般、牛乳、勇者を馬鹿にする奴[2]
自称勇者で、勇者の家系(父親も勇者)を自認する。強者に媚びて弱者をいじめるなど、「勇者」とはかけ離れた性格。勇者を侮辱されると相手が誰であろうと怒りを露わにする。服装はかなり奇抜。愛剣はマジヤベェ剣。
教師だが学力は異常に低い。勇者学の授業を通じ「優しさ」「勇気」「強さ」を生徒に教えようとしている。ゲーム研究部を廃止・吸収して勇者部を創り、顧問となる。赴任初日から盾に興味を持ち、時には意地悪をする。
近隣住民や商店街からは嫌悪されている。ただ、ゲームセンター「あっぷりけ」では実力No.1のゲーセンキング「鬼ハメの剣」と称され、常連客からは崇められていた。
住居はアパート「キャッスルあかばね」の202号室。インテリアはゲーム「ワンダーアドベンチャー」の主人公の部屋と同じで、整理整頓が行き届いている。
趣味はブログビリーズブートキャンプ。また、月に一度防具屋に行くが、そこの店主とは仲が良い。特技は餌なしでザリガニを釣ること。コレクションは大量の装備品で、それを自慢したがるが他人に触られるのは嫌う。
Lv65で自分たちが引き起こしたホリ高の火災から、勇者部員らと避難したところを「生徒を救った新任教師」と報道され、本物の勇者として認められた。クローン技術でその容姿は衰えることはなく、70年後の2078年では3人目のクローン鋼野が内閣総理大臣に任命された。
『斉木』本編(ゲームのキャラクターとして)と小説版にも登場する。『斉木』人気投票では24位にランクインした。
本作の人気投票では2位。
河野 盾(こうの じゅん)
本作の準主人公・ツッコミ[注 2]。1-A→2-Dの男子生徒[注 3]。勇者部部長。マドカ親衛隊隊長[注 4]
1月6日生まれ。A型。身長171cm、体重54kg。やぎ座。好きなモノはラーメン、メロンソーダ、委員長。嫌いなモノは虫全般、鋼野[3]
地味な性格で苦労人。滅多に怒らず、まさゆきに立ち向かうなど勇気をみせることもある。ファッションセンスは非常に悪い[注 5]。趣味はブログ(タイトルは「タテブログ」)。鋼野からは当初、「かわのたて」と名前を間違えられた。
友達が少ないと誤解されることが悩みで、普通の友達がいないと自覚している。クラスでも友人は少なく、食堂で離れた席の会話に意識だけで参加する「エア会話」を会得している。鋼野からは一方的に気に入られており、それを迷惑がっているが、極稀に心が通うこともある。
鋼野に勝手に勇者部部長にさせられる。他の部員からは、鋼野が顧問を辞めないように部長に慰留されている。コスチュームは踊り子。音ゲーが得意。
住居はあるマンションの503号室。まさゆきの家(バーバーむねむら)とは近所。
1年の時は黒須に思いを寄せていた。2-D進級後は円に鞍替えしている。また、まさ子に惚れられていて、22歳の時に入院先で看護師だったまさ子と偶然再会し、後に結婚した。
40歳代頃から前髪の禿げが目立ち、70年後にはすっかり無くなっていた。
『斉木』小説版でも挿絵の鋼野の吹き出しの中にも登場する。『斉木』人気投票では34位にランクインした。
本作の人気投票では1位。
宗村 まさゆき(むねむら まさゆき)
1-A→2-Dの男子生徒。勇者部部員。通称「ギロチンのまさゆき[注 6]。「ホリ高四天王」の一人。
やぎ座。好きなモノは鋼野剣、嫌いなモノは河野盾[4]
喧嘩っ早く騙されやすい性格。機嫌がいいと関西弁になる。スキンヘッドが特徴。体中傷跡だらけで、顔に十文字の傷跡[注 7]がある。周囲からは恐れられているが、実は喧嘩には弱い。
当初は1-A一番の不良と言われ、Lv1では鋼野に反発していたが、Lv2で改心してからは鋼野を尊敬している。鋼野によって勇者部に入部させられた。コスチュームはNEWモデル(盾曰く「変態」)。一方で盾に対しては敵意を向けている。
実家は床屋「バーバーむねむら」を営業。瓜二つな妹・まさ子がいる。19歳の姉もいるが未登場。
女性に弱く、自室には無数の「モテ男グッズ」が置いてある。Lv13で火野木に一目惚れしてからは、幾度となく強引なアタックをかけているが、毎回肩透かしを食らっている。
まさ子と盾が結婚したため、盾の義兄となる。40歳代からは髪が生え出し、ふさふさになったらしい。70年後の最終回では、その5年前に81歳で既に亡くなっていた。
連載終了後の週刊少年ジャンプ2009年14号の『いぬまるだしっ』に、カードゲームのキャラクターとして登場した[注 8]。『斉木』小説版でも挿絵の鋼野の吹き出しの中にも登場する。
人気投票では7位。
火野木 望(ひのき のぞみ)
1-A→2-Dの女子生徒。ゲーム研究部部長→勇者部部員。
3月2日生まれ。O型。身長152cm。好きなモノはお金、紙幣、現金、福沢諭吉、マネー、ゲームと呼ばれるモノ全て。嫌いなモノは場の空気を読めない人、小野石男、メンマ[5]
ノリの良い・即物的な性格。好きなタイプは貴闘力。ボケキャラだが比較的まともで、盾に続くツッコミ役になることもある。盾曰く学年で7、8番目に美女らしい。金への執着心が強く、金儲けのためなら手段を択ばない。投資もしている。鋼野からは当初「山本」と名前を間違えられていた。
ゲームに詳しく、ゲーム研究部廃部後は勇者部(ゲーム研究部と活動内容が重なる)に入部する。コスチュームは魔導師。
実家は「ラーメンひのき」を経営しており、家でもらえる小遣いは歩合制。小遣いを稼ぐため、魔導師コスチュームを着用して店の手伝いをしている。「魔女っ娘ラーメン」として客からの評判は良い。また、この格好を見たまさゆきに惚れられた。
福ブクラー[注 9]の1人で、福袋女王(クイーン)と呼ばれるほどの強運を持つ。
『斉木』小説版にもラーメンひのきの店員として登場する。その際、斉木楠雄に拝金ぶりを酷評された。
70年後には「ラーメン火野木」の後を継いで、惑星規模で8号店まで経営する大規模なチェーン店にまで発展させていた。2078年現在はバツ8
人気投票では8位。
真道市 杖(まどういち じょう)
2-Dの男子生徒。ゲーム研究部部員(エース)→勇者部部員。
10月24日生まれ。AB型。身長176cm。体重53kg。好きなモノはTVゲーム、本、映画、音楽など退屈をつぶすモノ全て。嫌いなモノは退屈、運動など体を動かすこと、小野石男。好きでも嫌いでもないものは女[6]
白髪の垂れ目のイケメンで女性には非常にモテる。天然パーマであることを気にしている。性格は穏やかで、話し方は比較的丁寧だが、少々人を見下すような言動を見せる。記憶力は悪いが勘は鋭い。落ち込んでいる盾を励ますなどの優しい部分や、火野木の暴走を止めるなどまじめな面もある。弟が一人いる。猫を飼っている。
ゲームの実力は作中最強。ゲーマーたちの間では幾つもの通り名がある。ゲームが始まると性格が変わる[注 10]。部室では常にゲームをしているゲーム好き。部内では火野木の意見にほぼ順応している。コスチュームは盗賊。
『斉木』でテレビ俳優として登場したことがある。
70年後は元ハリウッドスターになっていた。
人気投票では4位。
小野 石男(おの いしお)
2-B→2-Dの男子生徒[注 11]。ゲーム研究部部員→勇者部部員。通称「ブタ」。
6月8日生まれ。A型。身長165cm。好きなモノは食物全般、ギャルゲー、アニメ、火野木望、真道市杖、二次元の女の子。嫌いなモノは図々しい奴、自分の領域に踏み込んでくる奴、ダイエットコーラ[7]
外見はデブ・眼鏡・キモメンで、オタクステレオタイプような容姿。かなり自己中心的な性格で、自分を美化して語ることも多い。口癖は「ブヒィ」。キモキャラ扱いされ、勇者部内でも嫌われてる。盾の母親に興味を抱いている。
ゲームへの思い入れは強く[注 12]、ある程度腕もあるようで、格闘ゲームで鋼野をあっさりと倒した。コスチュームはブタ(鋼野曰く「呪われている」設定)。また、ゲームセンター『沈黙の飛行船』で恋愛ゲーム上のキャラクター柚野あいす(ゆずの-)を「彼女」にしたこともある。オタク仲間が数人いる。
大食い大会で優勝経験がある大食い。ラーメンひのきでは『大盛』を4杯頼むことから、火野木の父親から一方的に娘の婚約者とされている。
登場頻度は高いが、人気投票では(大量のマイナス票により)177位と圧倒的に最下位。また、勇者部部員では唯一単行本の背表紙を飾っていない
Lv65でホリ高の火災事件が起こった時は、一人ロッカーの中に閉じ込められていた。最終回では70年間ずっとフリーターアルバイト)をやっていた。

教師[編集]

茨城 ムチコ(いばらき ムチコ)
ホリ高の女性教師(英語担当)。
12月8日生まれ。A型。身長165cm、体重52kg。好きなモノはチーズケーキ、紅茶、勉強、ぬいぐるみ、昼ドラ。嫌いなモノは鋼野、梅干し、輪を乱す人、鋼野、テレビゲーム、タバコの煙、鋼野、クモ、鋼野[8]
教師陣で屈指の美貌を持つ[注 13]。初登場はLv2[注 14]。生真面目で厳格な性格。しかし、鋼野にストーカー行為をするなど、奇怪な行動を取ることがある。
鋼野の授業方針に反発し、彼に眼鏡を壊されたのがきっかけで[注 15]鋼野を学校から追放するのに躍起になる。
追放計画の一環として、転校生・麦原一子(後述)として1-Aの一員となるが、その後も教師として登場する。また、一時槍崎と手を組み鋼野と勝負する。
風間 応助(かざま おうすけ)
ホリ高の校長。初老の男性。通称「魔王」「閻魔大王」。自称「偉大なる悪の伝道師」。
7月7日生まれ。B型。身長167cm、体重48kg。好きなモノは権力、命令に忠実な者、紅鮭、湯豆腐、芋焼酎。嫌いなモノは計画を邪魔する者、甘いモノ、ホラー映画[9]
夢想的な性格。普段は厳格な性格を装い、生徒たちには冗談が嫌いな堅物な人と思われている。魔王を侮辱されると激怒する。防具屋の常連客で、そこの商品を渡すと何でも言うことを聞いてくれる。誉められると優しくなるが、低く評価されると元気がなくなる。本来勇者と魔王は敵同士であるが、彼と鋼野はかなり親しい。二人の間でホリ高クエストと称した遊びを行っている。
世界征服の第一歩として校長になったらしいが、その一環として立てた計画はどれも世界征服と関係のなさそうなものばかりである。
70年後では死亡している。
教頭(きょうとう)
ホリ高の教頭。中年の男性。本名不明。
普段は礼儀正しいが、怒ると粗暴になる。毎月色々大変らしい。しばしば鋼野との戦いに魔王の部下として強制参加させられ、散々な目にあっている。風間には、二人っきりの時は「魔王」と呼ばされている。特技は掛け声の強弱によって、狙ったサイコロの目を出すこと。
吉田(よしだ)
ホーリーランス学園の男性教師。1-Aの担任(Lv1で退職)。鋼野の前任者。
5月24日生まれ。B型。身長169cm、体重56kg。好きなモノはじゃがりこ、お金、自由、ブランド品。嫌いなモノは自分を縛るモノ、子供、金をせびってくる肉親や親戚[10]
宝くじで大金を当てたため教職を退いた。以降生徒からは「成金」と呼ばれる。生徒たちの回想では、じゃがりこ関連のシーンが多い。
退職後すぐに散財してしまい、各国で手に入れた珍品を売る雑貨店ショップYOSHIDAを開く。しかし、開店資金を融資した闇金融から取り立てが来たため吉田は逃亡、閉店となった。その後、別の宝くじで大金を当て、ゲームセンターYOSHIDAを設立した。ゲームは一通り揃っているが、ケチ臭いものばかりで客は少ない。宝くじ当選前の記憶はあまり残っていないらしい。
70年後は脱税して投獄されていた。
火鳥 終(ひとり しゅう)
ホリ高の男性教師(体育担当)→ファミレスウェイター
11月13日生まれO型。身長183cm、体重68kg。好きなモノはムチコ先生、自分の顔、体、テニス。嫌いなモノは鋼野剣、自分より顔のいい男、不潔なモノ[11]
普段の顔はややイケメンだが、運動中はかなり気持ち悪くなる。ナルシストであり、失敗を指摘されると怒るため、生徒たちから敬遠されている。
ムチコに惚れており、鋼野とムチコが恋仲だと誤解している。そのため鋼野と勝負を挑むが、連敗し学校を去った。その後はファミレスでウェイターをやっているが、年下のバイトからいじめられている。
『斉木』人気投票では35位にランクインした。
本作の人気投票では(多くのマイナス票により)172位。
槍崎 英雄(やりざき ひでお)
ホリ高の男性教師(賢者学担当)。2-Bの担任。自称大賢者。鋼野の幼馴染。
6月10日生まれ。O型。身長164cm、体重51kg。好きなモノは寿司、オレンジジュース、筋トレ、イリュージョン悟、生徒。嫌いなモノは納豆、カキ、魔法を信じない人、悪いやつ[注 16][12]
怒るとかなり怖いが普段は優しく、鋼野に比べるとかなり常識人。途中から語尾に「〜じゃ。」と付ける等、年寄り臭い言い方をするようになる。学力はかなり低く、鋼野未満の描写もある。ルックスはよく、生徒からも人気な様子。盾を「タテくん」と呼んでいる。
昔は武道家を目指していたため超人的な怪力を持ち、身体は全身ムキムキで、いたる所に傷跡がある。魔法を使えると自称しているが、実態はマジックか力任せなものばかりである。使う技にはすべて「大魔法」とつけ、呪文名はムコウイテロ(向こう行ってろ)など、ただ単にカタカナ読みしたものである。本人曰く「同じ魔法は一日一回まで」というが実際はかなり適当。
ホームレスの男性イリュージョン悟(-さとる)の影響で賢者に目覚め、彼を師として月謝や食物と引き換えに「魔法」を教わっている。
鋼野と同じくキャッスルあかばねに住み、様々な日用品におもりをつけている。新聞は取っているがテレビ欄4コマしか読まない。
人気投票では作者が驚くほど多くの女性票を集め3位を獲得。勇者部関係者以外では唯一単行本の背表紙を飾った。

2年D組[編集]

鋼野が担任したクラス(Lv49-65)。主な生徒は下記の他に、河野盾(委員長)・宗村まさゆき・火野木望・真道市杖・小野石男(留年生)。勇者部員が全員そろったクラスでもある。

木村(きむら)
1-A→2-Dの男子生徒。クラスの司会者役。自称「プロフェッサーK」。
3月10日生まれ。A型。身長176cm、体重50kg。好きなモノはマイク、漫画全般、映画全般、委員長、委員長が描いた漫画。嫌いなモノはピーマン、うに、サングラス[13]
ボサボサ頭と眼鏡が特徴。行事でとたんにはりきるタイプ。喋る際にはマイクを使用する。盾とは家が近所。
黒須のことが好き。一度彼女に告白してフラれたものの、好意を抱き続けている。
ホリ高卒業後は、地方局のアナウンサーになったらしい。
人気投票では9位。
麦原一子(むぎはら いちこ[注 17]
1-A→2-Dの女子生徒。転校生に扮した茨城ムチコ。通称「ムチコ」。
鋼野に関することには熟知しており、勇者学のテスト(ほぼ鋼野に関するテスト)で満点をとった。黒須曰く女優のエロス弓子に似ている。盾のみ正体に気付いている。
輪月 円(わつき まどか)
2-Dの女子生徒。学校一の美女。
地球で言うと12月4日生まれ。職業は学生兼アダマンタイト星の王女。血液型は@型-。身長は地球人の姿なら163cm、体重はアダマン星人の姿なら6t。好きなモノはマーガリン、ネコ、・∫Ω=※θ、芝生、ベータカロチン。嫌いなモノは豆腐、折りたためない携帯、突然の夕日、止まらない侵食、動かなくなったオルゴール、錆びたナイフ、立ちすくむ影、忍び寄る悪魔の手[14]
非常に優しい性格。突拍子もないことを言ったり、趣味が変わっているなど、夢想的で残念な面もある。「ウホ語」など独特の言語を使い、動物と会話できる(つもりでいる)。2-D進級後は盾から好意を持たれる。 特技は父親の眼鏡を割ること。割ったときの父親のモノマネをすることを好む。
勝手連的なファンクラブとして、マドカ親衛隊(隊長:東中崎→盾)が存在する。
人気投票では10位。
『彼方』には19才の不思議系アイドルとして登場。『斉木』小説版でも人気アイドル「不思議系清純派美少女」として名前が出てきた。
東中崎 夢次郎(ひがしなかさき ゆめじろう)
1-B→2-Dの男子生徒。輪月円のファン。
顔中ピアスだらけで刺青も掘っているが、性格は意外と普通。サングラスを取ると非常にきれいな目をしている。バンドをやっている。
マドカ親衛隊の隊長を彼女の同級生という理由で務めていたが、後に盾にその座を強引に譲る。円を「天使」と呼び、常に彼女の動向を見守っているらしい。
ビート板の奴(仮称)
2-Dの男子生徒。本名不明[注 18]
常に競泳水着を着ていて、ビート板を持っている。クラス内の自己紹介ではビート板を使った激しい演武を披露。人気投票やカラーページにも登場した(本編との絡みはない)。

1年A組[編集]

鋼野が吉田から引き継ぎ担任したクラス(Lv1-48)。主な生徒は下記の他に、河野盾・宗村まさゆき・火野木望・麦原一子(茨城ムチコ)・木村(いずれも2年ではD組に所属)。

秋山(あきやま)
1-Aの男子生徒。クラスの中心的存在。
短髪が特徴。出席番号は1番。授業では積極的に発言している。交友関係も多い。
黒須 矢弓(くろす やゆみ)[注 19]
1-A→2-B女子生徒。両クラスの委員長。火野木の幼馴染。通称「委員長」。
3月3日生まれ。AB型。身長157cm、体重48kg。好きなモノは料理、裁縫、絵を描くこと、少女マンガ、お好み焼き、チョコレート。嫌いなモノは暴力的な人、爬虫類、虫、霊的なモノ[15]
鋼野やまさゆきに立ち向かうなど割と度胸がある。盾や木村に好かれているなど、それなりにモテているようであるが、彼氏はいない。
火野木らが登場するまでは登場回数が多く、本作のヒロインだったらしい[注 20]。当初は常識人だったが、徐々におかしくなっていった。進級後は2-Bに配属され、盾とは離れた。その後、槍崎に賢者学を教えられ、何らかの力が目覚めたようである[注 21]

その他の生徒[編集]

トモキ
ホリ高の男子生徒。ホリ高四天王の1人。
モヒカン刈りが特徴。四天王でもまさゆきの次に喧嘩が強いが、飛びぬけて格下。彼女がいる。
大木 半馬(おおき はんま)
ホリ高1年の男子生徒。
9月30日か29日生まれ。職業は学生兼情報屋。A型(O型の疑いアリ)。身長140cmちょい、体重30kgくらい。好きなモノはありとあらゆる情報。嫌いなモノはガセネタ、自分、自分の境遇、うんこ[16]
小柄で眼鏡をかけている。かなり否定的な性格で、自分の意見を否定されると極端に卑屈になる。新聞記者の息子で、趣味は情報収集。勇者部メンバーに関しても綿密な調査をしてきたが、飛ばしも多い。
勇者部入部を申し込んだが、小野が反対し、「出直す」と口にして去って行った。
人気投票では175位と一発キャラとしては最下位[注 22]

主要人物の家族[編集]

河野 房史(こうの ふさふみ)
河野盾の父親。
母に比べるとややまともな言動だが、服装はまともではない。盾の性格などは父譲りと思われる。
河野 福江(こうの ふくえ)
河野盾の母親。
2月25日生まれ。O型。身長145cm。好きなモノは家族、TVゲーム、和菓子、海外ドラマ。嫌いなモノはゴキブリ、ネズミ、息子の前髪[17]
かなりの天然ボケ。髪の色は緑にピンクのラインが入った色。ドジッ娘らしき一面もあり、小野から「かわいい」と言われた。ゲームは好きだが得意ではない。よく盾に生活態度をたしなめられている。
宗村 まさ子(むねむら まさこ)
宗村まさゆきの妹。女子中学生。盾の将来の妻。
眼鏡を着用しているが、顔は兄と瓜二つ。兄と比べると素直な性格。盾に惚れている。高校進学後は美人になっていったらしく、看護師の道へと進む。勤務先の病院で盾と再会し結婚した。
ヨロイ
盾とまさ子の孫。河野性であるかは不明。
70年後に登場。鋼野に憧れていて、彼とそっくりの格好をしている。
火野木父(ひのきちち)
火野木望の父親。「ラーメンひのき」の経営者。
常に仮面をつけていて、ラーメンを作る時は怪しい動作を伴う。ラーメンは極めて普通だがまた食べたくなる味らしい。素はかなりフランクな性格。
「大盛」を完食した男が望の婚約者だと思っており、故に大盛4杯をたいらげる小野を婚約者と思っている。しかし、まさゆきが小野のタイムより早く大盛を完食するようになると、彼を認めるようになっていった。
『斉木』小説版にも登場した。

その他の人物[編集]

店長(てんちょう)
本名不明。鋼野行きつけの防具屋の店長。
鉄仮面と背面がメッシュになった鎧を着用しているが現実主義的な考えの持ち主。
鋼野とは開店以来の付き合いだが互いの詳しいことは知らない。盾を「ピーマン男」と呼んでいる。
ピーチティ長谷川(ピーチティはせがわ)
「あっぷりけ」No.5の実力者。
『斉木』小説版にもピーチティの移動販売車の店長として登場した。ピーチティの味は斉木達にも好評だった。昔役者を目指していたらしい。

用語[編集]

学校関連[編集]

私立ホーリーランス学園
盾や鋼野が通う高校。略称は「ホリ高」。校舎の中心部に巨大な剣が付けられている。テレビ番組によると学力偏差値は高くない。Lv65で勇者部員たちが部室で花火をしたため、校舎が全焼した。
ホリ高四天王
ホリ高の不良グループの有力者。なぜか5人いる。名前が分かっているメンバーは、まさゆきとトモキの2名。

授業科目[編集]

勇者学
鋼野が担当する科目。「生徒達を立派な勇者にさせる」という目標のもと、生徒達に「勇気」「強さ」「やさしさ」を教える授業。
実際は、バラエティ(TV番組)的なものが多く、看板倒れに終わっている。週に6時間あり、教科書はなく、成績評価の対象になるかは不明。
賢者学
槍崎が担当する科目。
正しい賢さを学び、不可能を可能にさせることが目的。

部活動[編集]

勇者部
本作のストーリーの中心となる部活。活動内容はゲーム・冒険(夏休み)。
顧問:鋼野剣。部員:河野盾(部長)・宗村まさゆき・火野木望・真道市杖・小野石男
部員はいずれも主要キャラクターで構成される。事実上の前身はゲーム研究会で、部員・部室・備品などを引き継いでいる。
LV65では部室で花火をやり、ホリ高が全焼した。
最終回によると、卒業後も部OBたちの交流は続いたようである。
ゲーム研究部
ゲームを活動内容とする部活。
部員:火野木望(部長)・真道市杖・小野石男
顧問は不在。Lv10で廃部した。

店舗・住居関連[編集]

キャッスルあかばね
鋼野と槍崎が住むアパート。
名前とは裏腹に非常に老朽化している。鋼野の住む部屋は202号室。正面には巨大な城が建っている。
防具屋
鋼野の行きつけの店。「エロビル」という建物の5階にある。看板は盾の形。勇者部員がコスチュームを買った場所。防具の他(防具と呼べる物でもないが)、武具、私服、デストロイバッファローの頭巾なども販売しており、品揃えは豊富。
後に客も鋼野と風間ぐらいになり[注 23]、経営危機に陥る。宣伝に努めるものの11月30日に閉店するが、杖が女子高生を大勢連れてきたため、かろうじて存続した。
バーバーむねむら
宗村まさゆきの実家でもある理髪店。盾や木村の家の近所。
ラーメンひのき
火野木望の実家でもあるラーメン屋。ほぼ全てのメニューに「魔女っ娘」と名がつく。主な客は盾・まさゆき・小野。
味は至って普通だが若干依存性のあるラーメンを扱っている。文化祭の時は出店していた。
『斉木』本編ではラーメンひのき2号店(場所はバーバーむねむらの隣りで、『あっぷりけ』の向かい)、同小説版では本店が登場した。
大盛
ラーメンひのきのメニュー。量がとても多く、残すと火野木の父親にスープのだしにされるらしい[注 24]。大盛に挑戦する者は少なく、挑戦者には声援が送られる。火野木の父は、大盛を完食できる男が娘の結婚相手にふさわしいと考えている。
覇王翔吼軒(はおうしょうこうけん)
不衛生だが、美味いラーメンを出すラーメン屋。
『斉木』本編にも同名のラーメン屋が出てきたが、店主は別人で、店も酷く落ちぶれていた[注 25]

ゲーム関連[編集]

ゲルマニウムファンタジーシリーズ
鋼野が好むゲームシリーズ。略称は「ゲルファン」。ジャンルはロールプレイングゲーム
何かと特徴的なシステムが多い。「ゲルマニウム」と名のつくアイテムがシリーズ最強のアイテムである。冬・春・夏と年に3作発売されている。
本作では下記の4 - 7作目が登場した。
タイトル 登場回 / 発売日 ストーリー
ゲルマニウムファンタジーIV
〜悲しみの輪舞曲(ロンド)〜
Lv9(発売前) 詳細不明
ゲルマニウムファンタジー5 Lv21。『斉木』50・51χ 世界を支配する魔王を倒し、ニートの息子を立ち直らせるためにバッファロークソ島が奮闘する。
ゲルマニウムファンタジー6 Lv44 / 海藻物語3と同日 魔王となったニートの息子を救うため、母親脇腹谷毒ガス丸[注 26]長老[注 27]が奮闘する。
ゲルマニウムファンタジー7 Lv62 / 6月30日(海藻物語4と同日) 詳細不明
バッファロークソ島
「ゲルファン5」の主人公。通称「クソ島」。名称変更可能。
初期装備は槍のようだが、攻撃はヒップアタック。通常のグラフィックは中年女性だが、ムービーシーンでは美少女のような容姿になる。体力がなく、走ると息が切れて動けなくなる。
人気投票では6位。
魔王
「ゲルファン5」「ゲルファン6」のラストボス。HPは5。
必殺技はデスファイナルボール。5では普通にエンカウントされるらしい。6ではカジノで全額摩ってしまっている。その上長老に一撃で倒される。
ニートの息子
「ゲルファン5」「ゲルファン6」の主人公の息子。
5では最初のイベントに登場する限りだが、6では魔王になる。5でも6でもグラフィックが同じ。
海藻物語シリーズ
発売当日に売り切れるほどの人気ゲームシリーズ。探偵の若菜と助手のピーター(海藻物語2からはよし子も助手に加わる)が協力し、難事件を解決していく「推理サスペンスアドベンチャーゲーム」。人間ドラマ風なゲーム内容が盾の好みに合っているらしい。盾の携帯の待ちうけ画面も「海藻物語」である。
海藻物語シリーズの製作会社が「ゲルファン」製作会社に吸収合併されたため、海藻物語4では設定が無茶苦茶になっている。
本作では下記の2 - 4作目が登場した。
タイトル 登場回 / 発売日 ストーリー
海藻物語2 Lv9  詳細不明。若菜ピーターよし子不死身のヒロシが登場[注 28]
海藻物語3 Lv44 / 「ゲルファン6」と同日 詳細不明。若菜ピーターよし子が登場。
海藻物語4 Lv62 / 6月30日(「ゲルファン7」と同日) ストーカー被害者の女性マキ若菜よし子が助ける。犯人は死んだと思われたピーターだった。
ゲームセンター『あっぷりけ』
常連客には必ず序列と異名が付くゲームセンター。多くの実力者がいる。No.1の実力者は「ゲーセンキング」とよばれる。
『斉木』にも登場した。
ワンダーアドベンチャー
割とポピュラーだと思われるRPGソフト。略称は『ワンアド[注 29]
鋼野の服装と部屋は、このゲームの主人公のそれに酷似している。
『勇者パーティー現る』では、全世界待望の大人気ゲームの最新作として「ワンダーアドベンチャー2」が登場した。『斉木』本編にも、大人気ゲームシリーズの最新作として「ワンダーアドベンチャーX-2(テン-ツー)」が、小説版でも同シリーズが登場した。

その他[編集]

マジヤベェ剣
鋼野の愛剣。この世で最も硬いと言われているらしき物質でできている。
しげる君人形
ショップYOSHIDAの商品。値段は2700円。癒し系人形だが不快な顔をしている。腹を殴ると弱気モードから強気モードまで10パターン以上の言語を喋る。1万回に一度隠しボイスが出る。ムチコが愛用している。
盾が吉田から給料代わりとして貰った。それ以降も稀に登場している。
ゲーラ
ゲーマーが放つオーラ。作中では杖が放っていた。
『彼方』では、「芸人が放つオーラ」としてこの言葉が登場する。
デストロイバッファロー
魔王の手下。モンスターの頭巾。
「牛の頭巾をつけたモンスター」という設定。実際は頭巾を被った人間であり、中の人はしばしば変わる(教頭・まさゆき)。
類似した頭巾に、ホリ高クエストで登場した最凶最悪のモンスターデストロイ・ヘル・バッファローがいる。

担当編集者[編集]

  • 服部雄二郎 - 単行本において、「俺とお前と麻生君」というコーナーを持っていた。

書誌情報[編集]

 麻生周一 『ぼくのわたしの勇者学』 集英社ジャンプ・コミックス〉、全6巻
巻数 タイトル 発売日付 ISBN
1 鋼野剣 2007年9月4日 ISBN 978-4-08-874458-2
2 勇者部召集! 2007年11月2日 ISBN 978-4-08-874460-5
3 旅立て!ゲルマニウムファンタジー 2008年2月4日 ISBN 978-4-08-874481-0
4 槍崎英雄 2008年5月2日 ISBN 978-4-08-874503-9
5 どきどきクラスチェンジ! 2008年8月4日 ISBN 978-4-08-874531-2
6 そして伝説へ… 2008年11月4日 ISBN 978-4-08-874594-7

勇者パーティー現る[編集]

勇者パーティー現る」(ゆうしゃパーティーあらわる)は、麻生周一による日本の読切漫画作品。『週刊少年ジャンプ2006年34号に掲載された。『ぼくのわたしの勇者学』2巻に収録。主人公兼ツッコミ役のスグルが謎の「勇者パーティー」の三人組と遭遇するというギャグ漫画。それらの要素が『ぼくのわたしの勇者学』に再構成されている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「70年後」は、単行本によって「ifの世界」とされているため公式設定かどうかは曖昧にされている。
  2. ^ 登場話数は鋼野より多い。また、黒須や小野が絡むとボケることもある。
  3. ^ 2-Dでは委員長も務めた。
  4. ^ 強引に就任させられた。
  5. ^ 70年後の未来では、彼のセンスは若年層から受け容れられていた。
  6. ^ 怒るとしばしばナイフを取り出すため、この渾名がついた。
  7. ^ 昔、剣心に憧れて自分でつけたらしい。
  8. ^ この時はまさゆきのみ麻生が執筆し単行本の宣伝も行なった。
  9. ^ キングアックスデパート福袋を毎年買っている人。
  10. ^ 一人称も「僕」から「オレ」にかわる。当初はゲームに熱中すると口数が増えていたが、徐々に自ら意見を述べる描写が多くなってきているためこの設定ができた
  11. ^ 盾より年上だが、留年して盾たちと同級生になった。
  12. ^ ゲームへの情熱が欠如しているという理由で、鋼野のゲーム部顧問就任に反対した。
  13. ^ 「放課後2人っきりの教室で補習授業したい先生ランキング1位」に選ばれた。
  14. ^ それ以前にもLv1の表紙に登場していた。
  15. ^ 正確には、眼鏡が壊れる原因を作ったのは鋼野だが、壊したのは彼女自身。
  16. ^ 原文は殆どひらがな
  17. ^ 『いばらき むちこ』のアナグラム
  18. ^ 自己紹介で名乗らなかったため。
  19. ^ Lv4のテストの解答用紙で名前が判明した。
  20. ^ 本誌掲載時の煽り文に「頑張れ元ヒロイン」と書かれたことがある。
  21. ^ 単行本6巻のおまけでは更にその力を磨いていた。
  22. ^ 176位にはみりんがいるが、キャラではない。
  23. ^ 足鎧をつけていた女性がおり、一応彼ら以外にも利用客はいるようである。
  24. ^ 『斉木』小説版では食べきれないと罰金10万円と皿洗いをさせられることになっていた。
  25. ^ 『斉木』小説版によると、店主が代わってから味が落ちたらしい。
  26. ^ 名称変更不可。
  27. ^ 盾は実質的な主人公とみなした。
  28. ^ 不死身のヒロシは最後に殺されるらしい。
  29. ^ 『斉木』の登場人物の台詞による。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 嶋崎崇夫 編「ジャンプ魂 - クローズアップ原題」、『少年ジャンプ』第41巻第19号、集英社2008年5月、 p.449。
  2. ^ 単行本1巻52ページ。
  3. ^ 単行本1巻72ページ
  4. ^ 単行本1巻90ページ
  5. ^ 単行本2巻56ページ
  6. ^ 単行本2巻72ページ
  7. ^ 単行本2巻88ページ。
  8. ^ 単行本1巻106ページ。
  9. ^ 単行本3巻54ページ。
  10. ^ 単行本3巻86ページ。
  11. ^ 単行本3巻70ページ
  12. ^ 単行本4巻102ページ
  13. ^ 単行本4巻54ページ。
  14. ^ 単行本5巻104ページ。
  15. ^ 単行本3巻102ページ
  16. ^ 単行本5巻170ページ
  17. ^ 単行本4巻70ページ