鶏油

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鶏油
100 gあたりの栄養価
エネルギー 3,766 kJ (900 kcal)
0 g
糖類 0 g
食物繊維 0 g
99.8 g
飽和脂肪酸 29.8 g
一価不飽和 44.7 g
多価不飽和 20.9 g
0 g
ビタミン
ビタミンA相当量
(0%)
0 µg
(0%)
0 µg
0 µg
チアミン (B1)
(0%)
0 mg
リボフラビン (B2)
(0%)
0 mg
ナイアシン (B3)
(0%)
0 mg
パントテン酸 (B5)
(0%)
0 mg
ビタミンB6
(0%)
0 mg
葉酸 (B9)
(0%)
0 µg
ビタミンB12
(0%)
0 µg
コリン
(25%)
122.4 mg
ビタミンC
(0%)
0 mg
ビタミンD
(32%)
191 IU
ビタミンE
(18%)
2.7 mg
ビタミンK
(0%)
0 µg
ミネラル
ナトリウム
(0%)
0 mg
カリウム
(0%)
0 mg
カルシウム
(0%)
0 mg
マグネシウム
(0%)
0 mg
リン
(0%)
0 mg
鉄分
(0%)
0 mg
亜鉛
(0%)
0 mg
セレン
(0%)
0.2 µg
他の成分
水分 0.2 g
コレステロール 85 mg
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)
鶏油(100g中)の主な脂肪酸の種類[1]
項目 分量(g)
脂肪 99.8
飽和脂肪酸 29.8
14:0(ミリスチン酸 0.9
16:0(パルミチン酸 21.6
18:0(ステアリン酸 6
一価不飽和脂肪酸 44.7
16:1(パルミトレイン酸 5.7
18:1(オレイン酸 37.3
20:1 1.1
多価不飽和脂肪酸 20.9
18:2(リノール酸 19.5
18:3(α-リノレン酸 1

鶏油(チーゆ、: Chicken fat)もしくはチキンオイル: Chicken oil)は、鶏肉食肉加工やレンダリングを経て得られる脂肪(鶏脂)を加熱して得られる[2][3]

成分[編集]

融点は30℃前後[4]。99.8%が脂質で構成され、そのうち約30%を飽和脂肪酸が占める[3]。また、ω-6脂肪酸の一種のリノール酸を17.9%ないし22.8%と多く含むことで知られる[5]。四訂日本食品脂溶性成分表によると、若鶏の腿肉の体脂肪にはオレイン酸42.4%、パルミチン酸22.9%、リノール酸15.4%、パルミトレイン酸7.1%が含まれている[4]

用途[編集]

ラーメンスープの風味づけや中国料理および中華料理に使用される[2][3][4]ほか、鶏脂はバイオディーゼル燃料として使用される[6]。鳥類から採油される油脂には、シュマルツのように食用とされるものと、ガチョウから採れる白鵞膏のように薬用とされるものがある。

脚注[編集]

  1. ^ アメリカ合衆国農務省
  2. ^ a b 井手隊長 (2022年4月5日). “家系ラーメン「油多め」中止の衝撃 鶏油不足の影響はどこまで?”. Yahoo!ニュース (Yahoo!JAPAN). https://news.yahoo.co.jp/byline/idetaicho/20220405-00289716 2022年5月19日閲覧。 
  3. ^ a b c 物忘れが激しいヒトには「鶏油」”. イシペディア. ミリ. 2022年5月19日閲覧。
  4. ^ a b c 栄養・生化学辞典、デジタル大辞泉. “鶏油”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年5月19日閲覧。
  5. ^ The chemical composition of depot fats in chickens and turkeys. M. K. Nutter, E. E. Lockhart and R. S. Harris. 1943. Journal of the American Oil Chemists' Society. 20:11, pp. 231-234.
  6. ^ “肉の脂からバイオディーゼル--食肉加工業者と石油会社が共同で生産へ”. CNET Japan (朝日インタラクティブ). (2007年4月18日). https://japan.cnet.com/article/20347403/ 2022年5月19日閲覧。 

外部リンク[編集]