鴨下晁湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鴨下 晁湖(かもした ちょうこ、明治23年(1890年2月25日昭和42年(1967年10月20日)は、日本画家

人物画を得意とし、新聞雑誌の挿絵画家としても活躍した。明治40年(1907年)の第1回文展に『山法師』を出品し、三等賞を受賞している。昭和33年(1958年)、挿絵を描いた『天平の少年 奈良の大仏建立/乱世に生きる二人』(福田清人・文、講談社)が第5回産経児童出版文化賞受賞。

経歴[編集]

1890年東京に生まれる。本名は鴨下中雄。 東京美術学校に学び、中退して、松本楓湖の門下に入り、大和絵風の歴史画を専攻する。 後に、楓湖の師弟が多く集まる巽画会に入会し、評議員を務めた。また、日展無鑑査となっている。 大正13年(1924年)、池田輝方らとともに12ヶ月の風俗を描いて共作した新版画「新浮世絵美人合 九月 ほろ酔ひ」を版行している。 昭和23年(1948年)、岩田専太郎、宮尾しげを、田河水泡、田中比佐良、小野佐世男、富田千秋、河原久仁於、 田代光、嶺田弘、清水三重三、細木原青起、寺本忠雄、須藤しげる、梁川剛一とともに、出版美術家連盟(後の日本出版美術家連盟)を結成した[1]。 『講談倶楽部』などに掲載された岡本綺堂半七捕物帳」、昭和31年(1956年)5月から『週刊新潮』に連載された柴田錬三郎の「眠狂四郎無頼控」などの眠狂四郎シリーズ[2]などの挿絵を描いた。吉川英治続鳴門秘帖」の挿画、講談社の絵本「舌切雀」の絵や、書籍の装丁も手がけた。 昭和28年(1953年4月1日出版美術家連盟を代表して、文芸美術国民健康保険組合の理事となった[3]

作品[編集]

参考文献[編集]

  • 岡畏三郎他編 『原色浮世絵大百科事典』第10巻 大修館書店、1981年

[編集]

  1. ^ 日本出版美術家連盟画集2002光村印刷サイト内
  2. ^ プロフィール
  3. ^ 50年のあゆみ
  4. ^ 小堀桂一郎監修 所功編著 『名画にみる 國史の歩み』 近代出版社、2000年4月19日、p.42、ISBN 978-4-907816-00-1