日本出版美術家連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本出版美術家連盟(にほんしゅっぱんびじゅつかれんめい、Japan Publication Artist League)は、雑誌書籍新聞などの挿絵プラモデルの箱絵などを描く美術家の団体。略称は、「JPAL」または「出版美」。

1948年4月の発足当時の名称は、出版美術家連盟[1]

小説の挿絵画家が発起人の多くを占めた。岩田専太郎鴨下晁湖宮尾しげを田河水泡田中比佐良小野佐世男富田千秋川原久仁於田代光嶺田弘清水三重三細木原青起寺本忠雄須藤しげる梁川剛一が発起人メンバー[1]

連盟に所属する300名を越える物故作家を中心に、明治以降の挿絵文化を築いた挿絵画家の画業を研究し、世界に紹介する(『粋美挿画』の発行など)。 連盟展などの活動を通じて、イラストレーションの新しい可能性を提案し、発展させてゆくことを目指している。 日本美術著作権連合(略称:美著連)に設立当初(昭和40年)から所属し、美術著作権を擁護し、重要性を啓蒙する活動をする活動を続けている。


日本美術著作権連合の構成団体

(一社)日本美術家連盟、(公社)日本グラフィックデザイナー協会、(一社)日本児童出版美術家連盟、(一社)日本図書設計家協会、(一社)日本理科美術協会、(一社)日本出版美術家連盟、(一社)東京イラストレーターズソサエティ

*同連合は、著作者の権利を守るために文化庁経済産業省に働きかけている。

沿革[編集]


[編集]

  1. ^ a b 日本出版美術家連盟画集2002光村印刷サイト内
  2. ^ 日本美術著作権連合とはイラストレーター・塚崎健吾公式サイト内
  3. ^ a b c d e インフォメーション 第23回記念展 日本出版美術家連盟5人展

外部リンク[編集]