高見馬場停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高見馬場駅から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
高見馬場電停
高見馬場電停(2004年7月27日) 2系統用
高見馬場電停(2004年7月27日) 2系統用
たかみばば
Takamibaba
所在地 鹿児島県鹿児島市山之口町(1系統用)
鹿児島県鹿児島市加治屋町(2系統用)
所属事業者 鹿児島市交通局
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
2,933人/日
-2015年-
開業年月日 1914年7月22日
乗入路線 2 路線
所属路線 鹿児島市電1系統
(線路名称上は第一期線
駅番号 08
キロ程 2.0km(鹿児島駅前起点)
天文館通 (0.5km)
所属路線 鹿児島市電2系統
(線路名称上は第一期線第二期線
駅番号 08
キロ程 2.0km(鹿児島駅前起点)
天文館通 (0.5km)
(0.3km) 加治屋町
備考 系統により使用電停が異なる。
テンプレートを表示

高見馬場停留場(たかみばばていりゅうじょう)は鹿児島県鹿児島市山之口町および加治屋町にある鹿児島市電電停

市電1系統市電2系統の乗換駅である。乗換の際、乗客は降車する際に運賃を払い乗換券を受け取ることで、2系統(乗換券は黄色)では加治屋町 - 中郡間、1系統(乗換券は緑)では甲東中学校前 - 谷山間の任意の電停まで追加運賃なしで乗車できる。ただし、谷山- 高見馬場 - 中郡の相互間に限られる[1]。ただし、ICカード乗車券のRapiCa、もしくはいわさきICカードを利用した乗車の場合は乗換券の受け取りは不要となる。

構造[編集]

1系統・2系統のそれぞれに別個に2面2線の構造の停留場が設置されている。

当駅付近の道路端に信号塔があるが、分岐器の操作は自動化されているため通常は使用されない[2]

1番線・2番線のりば[編集]

  • 2面2線の相対式ホーム。各のりばは電車が通過しない限りいつでも行き来できる。
  • 両のりばに電車接近表示機及びアナウンスがある。
  • 両のりばとも車椅子の使用は可。但し、電動車椅子はホーム幅が規定に足りないため不可。

1番のりば

2番のりば

※1番のりば、2番のりばの表記は当記事でのみのりばを分かりやすくするために記したものであり、実際には決められてはいない。

3番線・4番線のりば[編集]

  • 2面2線の相対式ホーム。地上駅。両ホームとの行き来は電車が通過中でない限りいつでもできる。
  • 両のりばに電車接近表示機及びアナウンスがある。
  • 両のりばとも車椅子及び電動車椅子の使用はホーム幅が規定に足りないため不可。

3番のりば

4番のりば

※3番のりば、4番のりばの表記は当記事でのみのりばを分かりやすくするために記したものであり、実際には決められてはいない。

利用状況[編集]

1日乗降人員推移 [3][4]
年度 1日平均人数
2010年 3,100
2011年 3,203
2012年 3,075
2013年 3,011
2014年 2,925
2015年 2,933

歴史[編集]

1966年(昭和41年)の高見馬場電停付近における200形電車

周辺[編集]

高見馬場はこの周辺の通称で、江戸時代付近に馬場があったことから次第に呼ばれるようになった。現代でも依然として市内交通の要衝であり路線バスの大型停留所も設置されて天文館や鹿児島中央駅前と並び終日乗降客も多い。周辺の様子は道幅の広い電車通りには中央の大手企業が中心に入居する大型オフィスビルや大手ビジネスホテルチェーンが林立しており、内側の通りは、天文館の歓楽街(夜の街)の終末でもある。

隣の停留場[編集]

鹿児島市交通局
鹿児島市電1系統
天文館通電停 - 高見馬場電停 - 甲東中学校前電停
鹿児島市電2系統
天文館通電停 - 高見馬場電停 - 加治屋町電停

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 郡元や高見馬場で市電を乗り換える場合は、乗り換えた電車でもう一度運賃を払うのですか。 - 鹿児島市 2012年1月16日閲覧。
  2. ^ 『鉄道ピクトリアル』 1989年3月増刊号(NO.509)p.141
  3. ^ 国土数値情報(駅別乗降客数データ) - 国土交通省、2018年3月28日閲覧
  4. ^ 「鹿児島市新交通バリアフリー基本構想」- 2010年度
  5. ^ 『日本鉄道旅行地図帳 12 九州』 p.51 新潮社
  6. ^ 『日本鉄道旅行地図帳 12 九州』p.52 新潮社
  7. ^ 学校紹介 - 鹿児島市立山下小学校 2012年1月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]