高橋進 (経済学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高橋 進(たかはし すすむ、1953年1月28日 - )は、日本のエコノミスト早稲田大学大学院客員教授、内閣府政策統括官を経て、株式会社日本総合研究所理事長

来歴[編集]

栃木県出身[1]都立西高校を経て[2]、1976年に一橋大学経済学部を卒業し住友銀行入行[1]ロンドンに駐在して欧州経済調査等を担当した[1]後、1990年から日本総合研究所へ出向[1]。2011年同理事長に就任した[1]

2000年から2004年まで早稲田大学大学院アジア太平洋研究科客員教授、2003年から2005年まで近畿大学経済学部・経営学部客員教授。

2005年小泉内閣下で、大田弘子の後任として、民間出身者として3人目、民間企業出身者としては初の内閣府政策統括官として登用される。経済財政諮問会議事務局などを担当。2008年に発足した地域・生活者起点で日本を洗濯(選択)する国民連合の幹事および、内閣官房地球温暖化問題に関する懇談会委員に就任。2009年文部科学省国際教育交流政策懇談会委員。

2009年鳩山由紀夫内閣下で、行政刷新会議第3ワーキンググループ評価者に就任。2013年第2次安倍内閣で内閣府経済財政諮問会議議員[3]

他に横浜市専門委員、立命館大学経済学部客員教授財務省アドバイザリー・グループ・メンバー、ワールドビジネスサテライトコメンテーター、21世紀臨調「新しい日本を作る国民会議」運営委員長、言論エヌピーオー理事等も歴任。

2013年から14年にかけての法人減税を巡る議論では、産業競争力会議議員の竹中平蔵政府税制調査会の大田弘子、経団連会長(当時)の米倉弘昌経済同友会元会長の牛尾治朗らと共に法人減税の急先鋒として、法人税率を引き下げれば税収総額は逆に増えるとする効用を説き[4]、法人減税に導いた。

年譜[編集]

出演番組[編集]

テレビ[編集]

ほか

ラジオ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]