高松エクスプレス京都号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
京阪バス「高松エクスプレス京都号」
四国高速バス「高松エクスプレス京都号」

高松エクスプレス京都号(たかまつエクスプレスきょうとごう)は、京都府京都市香川県高松市を結ぶ昼行高速バスである。

全便座席指定制のため、乗車には予約が必要。

便名コードは390xx

概要[編集]

大阪 - 高松線神戸 - 高松線と同じく民鉄系(京阪バス・四国高速バス)と、JR系(西日本JRバス・JR四国バス)できっぷ・回数券の共通化、予約・発券場所の共通化、時刻表の共通化を行っているが、これらの路線とは異なり、2001年3月の運行開始当初から共同運行しており、愛称も各社とも「高松エクスプレス京都号」に統一している。

西日本JRバス・JR四国バスに関しては、親会社の鉄道線と乗客を奪い合う構図となり、鉄道の特急より利幅の薄いバスに流れることは特にJR四国グループにとっては深刻な問題である(このことは京阪神~高知、松山方面の系統にも通ずる所があり、特急列車を多く走らせているために実際の所高知・松山方面の方が深刻な問題になっている)。

運行会社[編集]

運行経路および停車停留所[編集]

※カッコ内の数字は駅コード

京都駅(25) - (名神高速道路) - 名神大山崎(24) - 名神高槻(23) - (中国自動車道) - (山陽自動車道) - (神戸淡路鳴門自動車道) - (高松自動車道) - 鳴門西(14) - 高速引田(13) - 高速大内(12) - 高速津田(11) - 高速志度(10) - 高速三木(29) - 高松中央インターバスターミナル(09) - (国道11号) - ゆめタウン高松(07) - 栗林公園前(06) - 県庁通り(05) - 高松駅(04)

  • 途中室津PAで10分間休憩する。

運行回数[編集]

  • 毎日運行便:1日6往復(西日本JR・JR四国各2、京阪・四国高速各1)。
    • この他土曜・日曜・祝日には1往復増便される(京阪・四国高速が日替わりで運行)。

歴史[編集]

車両[編集]

各社ともハイデッカー車(西日本JRバス、阪急バスとJR四国バスの続行便の一部車両はスーパーハイデッカー車)で運行。各社の主な使用車種は以下のとおり。

車内設備[編集]

  • 4列リクライニングシート
  • トイレ
  • フットレスト(四国高速バスの空港リムジン用を除く全車両、JR四国バスの一部車両)
  • 座席間のアームレスト(四国高速バス・JR四国バスのほとんどの車両 西日本JRバスでもこれを装備した青春ドリーム号用の車両が運用に入る場合がある。)

特記事項[編集]

バスの乗車券はチケットセンター、コンビニ(ローソンファミリーマートなど)、旅行会社で事前に購入する。電話・インターネットで予約ができる。全国のみどりの窓口でも購入できる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]