駒井徳三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
駒井徳三

駒井 徳三(こまい とくぞう、1885年6月10日 - 1961年5月13日)は、満州国国務院初代総務庁長官。

略歴[編集]

滋賀県栗太郡常盤村(現・草津市)字穴に、医師・駒井徳恒の二男として生まれる。京都府立二中札幌農学校予科を経て、1911年、当時札幌にあった東北帝国大学農科大学農学部農業経済科を卒業する。

1912年8月、南満州鉄道株式会社に入社し地方部地方課に配属された。1920年外務省アジア局嘱託となる。1925年郭松齢らの満州独立運動に参加する。1931年、陸軍省嘱託となる。1932年3月、満州国国務院総務庁長官に就任する。同年10月、総務長官を辞任して、参議府参議となる。1935年宝塚市私塾の『康徳学院』を設立する。太平洋戦争後の1946年GHQより出頭命令を受けたが戦犯とはならなかった。その後も、富士山山麓開発を手がけている。

1961年5月13日に死去。75歳。

逸話[編集]

料理の『ジンギスカン』は娘の麻田満洲野によれば1930年頃に駒井徳三が命名したとされ、娘婿の宇都宮徳馬ミノファーゲン製薬の名付け親でもあるという[1][2]。また、駒井本人によれば大同学院院長を務めていた頃、満州建国大学を起案したという[3]

親族[編集]

  • 娘 麻田満洲野(舞踏家
  • 娘 久子(今井通子の母)
  • 娘 遼子(娘婿は宇都宮徳馬)

脚注[編集]

  1. ^ 藤蔭満洲野「父とジンギスカン鍋」昭和38年2月、札幌百点
  2. ^ 探偵団がたどるジンギスカン物語
  3. ^ 「満州建国の教育を語る」『日本教育』4月号所収38頁、1942年

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。

外部リンク[編集]

公職
先代:
新設
Flag of Manchukuo.svg 満州国総務庁長官
初代:1932 - 1932
次代:
阪谷希一
代理