飯村丈三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

飯村 丈三郎(いいむら じょうざぶろう、1853年6月30日嘉永6年5月24日) - 1927年昭和2年)8月13日)は、日本の政治家実業家。晩年は「報恩感謝」を掲げて教育にも取り組んだため、教育者としても知られている。

経歴[編集]

東海道常陸国真壁郡上妻村黒駒(旧下妻藩内、現在の茨城県下妻市黒駒)の名主の子供として、1853年(嘉永6年)5月24日に誕生した。幼名(縫三郎)

1864年(元治元年)、天台宗東叡山千妙寺、亮天僧正に預けられる。

1877年(明治10年)9月、茨城県第6区10小区の戸長に任命される。

1878年(明治11年)茨城県第36中学区の学区取締役兼衛生取締役に任命される。

1880年茨城県において自由民権運動に加わる。森隆介らと共に「同舟社」を設立「筑波山の会」で中心的役割を務める。

1881年明治14年)4月に茨城県会議員に初当選、2回の議長を経て明治23年まで務める。

1883年県令人見寧川崎八右衛門に請われ、頭取として第六十二国立銀行(現在の常陽銀行)の経営再建を行う。

1887年水戸鉄道の創立請願を提出。取締役として就任。

1889年1月水戸線開通。

1890年(明治23年)7月1日、茨城3区から第1回衆議院議員総選挙に当選し、その後も2回当選した。

1891年(明治24年)からは、地方新聞のいはらき新聞(現在の茨城新聞社)の第2代社長を務めた。そのほかにも、実業家として関わった多数の企業、事業がある。

晩年は教育を志し、1927年(昭和2年)には水戸藩藩校弘道館の流れを汲む水戸学院を引き継ぐ形で、私的財産を投入して旧制私立茨城中学校(現在の茨城中学校・高等学校)を設立した。

その後、東京府大手町タクシーにひかれ、1927年(昭和2年)8月13日に死去した。

顕彰など [編集]

2003年平成15年)には飯村の生誕150年を迎え、同年5月17日には茨城県水戸市で、茨城県下妻市、株式会社茨城新聞社、学校法人茨城茨城中学校・茨城高等学校の設置法人)などを中心として「飯村丈三郎生誕150年記念講演会・シンポジウム」が開かれた。

2015年(平成27年)、飯村丈三郎研究会(会長大津順一郎)が発足し、没後90年にあたる、2017年9月30日に茨城県水戸市にある、常陽藝文センターホールにて「シンポジウム飯村丈三郎〜彼がいたから現在がある〜」が開催された(参加者152名)。さらに2018年9月30日に茨城県水戸市にある、水戸生涯学習センター大講義室で「2018シンポジウム飯村丈三郎〜彼がいたから現在がある〜(水戸鉄道と石材業を中心に)」が開催予定、さらに丈翁の生誕地である下妻市でも2018年11月11日、茨城県下妻市の市立図書館2階映像ホールにて「シンポジウム飯村丈三郎〜彼がいたから現在がある〜 in しもつま」が開催予定である。

関連項目[編集]

関連人物等[編集]

著作[編集]

  • 『飯田軍蔵伝 尽忠護国塔』 (発行 弘文社 大正十五年五月十日)
  • 四恩の説