雨森芳洲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
雨森芳洲の肖像画

雨森 芳洲(あめのもり ほうしゅう、寛文8年5月17日1668年6月26日) - 宝暦5年1月6日1755年2月16日))は、江戸時代中期の儒者は俊良、のち誠清(のぶきよ)、通称は藤五郎・東五郎、号は芳洲、字を伯陽、漢名として雨森東を名乗った。中国語朝鮮語に通じ、対馬藩に仕えて李氏朝鮮との通好実務にも携わった[1]。新井白石・室鳩巣ともに木下門下の五先生や十哲の1人に数えられた。

生涯[編集]

木下順庵門下[編集]

寛文8年(1668年)、近江国伊香郡雨森村(現・滋賀県長浜市高月町雨森)の町医者の子として生まれた。

1679年、12歳の頃から京都で医学を学び、1685年頃、江戸へ出て朱子学者・木下順庵門下に入った。同門の新井白石室鳩巣祇園南海らとともに秀才を唱われ、元禄2年(1689年)、木下順庵の推薦で、当時、中継貿易で潤沢な財力をもち、優秀な人材を探していた対馬藩に仕官し、元禄5年(1692年)に対馬国へ赴任した。この間、長崎で中国語を学んだこともある[2]

対馬藩朝鮮方佐役[編集]

元禄11年(1698年)、朝鮮方佐役(朝鮮担当部補佐役)を拝命。元禄15年(1702年)、初めて朝鮮の釜山へ渡り、元禄16年(1703年)から同18年(1705年)にかけて釜山の倭館に滞在して、朝鮮語を学んだ[3]。この間、朝鮮側の日本語辞典『倭語類解』の編集に協力し、自らも朝鮮語入門書『交隣須知』を作成した[4]。 また、江戸幕府将軍の就任祝いとして派遣される朝鮮通信使に、6代・徳川家宣正徳元年(1711年[注 1] と8代・徳川吉宗享保4年(1719年[注 2] の2回、通信使の江戸行に随行した。なお、吉宗の時の使節団の製述官であった申維翰が帰国後に著した『海遊録』に、雨森芳洲活躍の姿が描かれている。

対馬藩の文教や朝鮮外交文書の専門職の真文役(記者)となった。篤実な人格で人々に信頼を獲得して、名分や徳業を重視して、熱心に子弟の教育にあたった[5]

隠居の日々[編集]

享保5年(1720年)には朝鮮王・景宗の即位を祝賀する対馬藩の使節団に参加して釜山に渡っている[6]。 しかし、朝鮮人参密輸など藩の朝鮮政策に対する不満から、享保6年(1721年)に朝鮮方佐役を辞任し、家督を長男の顕之允に譲った。その後は自宅に私塾を設けて著作と教育の日々を過ごしたが、享保14年(1729年)、特使として釜山の倭館に赴いた。享保19年(1734年)には対馬藩主の側用人に就任、藩政に関する上申書『治要管見』や朝鮮外交心得『交隣提醒』を書いている。

宝暦5年(1755年)、対馬厳原日吉の別邸で死去した。享年88。一得斎芳洲誠清府君。墓は日吉の長寿院にあり、傍らに顕之允も葬られている。

逸話[編集]

  • 芳洲は様々な外国語に堪能であったことから、とある中国人に「君は多彩な語学に精通しているようだが、なかんずく日本語が最も流暢だ」と冗談交じりに言われたことがある。
  • 思想的には大陸思想(小中華思想)を信仰し、自身が日本人である事を悔やみ「中華の人間として生まれたかった」と漏らした記録が後世に伝わる。
  • 当時日本で流行していた男色を、芳洲も嗜んだようだ。申維翰は、日本の男色趣味を「奇怪極まる」と眉をしかめ芳洲に苦言を呈したおり、「学士はまだその楽しみを知らざるのみ」と逆に諭されたという[7]

著作[編集]

  • 藩政に関する著作、教育書、文集、随筆『橘窓茶話』『たはれ草』など著書は多い。
  • 81歳の高齢ではじめて歌道を志望して、『古今和歌集』を1000回読み、自ら1集を読んで人々を敬服させた[8]
  • 朝鮮語学の研究成果として『交隣須知』が示されて明治期の朝鮮語の教科書となった。また『全一道人』も執筆した。
  • 朝鮮研究の成果た朝鮮外交に対する考えの著作として『交隣提醒』や『隣交始松物語』『朝鮮践好沿革志』がある[9]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 正使は趙泰億(韓国語)
  2. ^ 正使は洪致中(韓国語)

出典[編集]

  1. ^ 『朝鮮人物事典』120頁外側段落の1行目~4行目
  2. ^ 。『朝鮮人物事典』120頁外側段落の9行目~12行目
  3. ^ 『人物でつづる被差別民の歴史 続』32頁
  4. ^ この本は、明治半ばまで、主要な入門書として、広く使われた。
  5. ^ 『朝鮮人物事典』外側段落の13行目~16行目
  6. ^ 文禄・慶長の役以来、朝鮮側は日本使節の漢城府(現ソウル)上京を禁止しており、こういった祝賀使節も釜山止まりだった。
  7. ^ 申維翰 姜 在彦訳注 『海遊録―朝鮮通信使の日本紀行』付録「日本聞見雑録」、平凡社〈東洋文庫〉、1974年1月、ISBN 978-4-582-80252-8
  8. ^ 『朝鮮人物事典』外側段落の17行目~21行目
  9. ^ 『朝鮮人物事典』の内側段落の1行目~6行目

文献[編集]

  • 申維翰 『海游録 朝鮮通信使の日本紀行』 姜在彦訳、平凡社東洋文庫、初版1974年、ISBN 4582802524
  • 上垣外憲一 『雨森芳洲 元禄享保の国際人』 中公新書、1989年→講談社学術文庫、2005年2月、ISBN 4061596969
  • 「雨森芳洲」『江戸文人辞典』 東京堂出版、1996年9月、ISBN 4490104278
  • 永留久惠 『雨森芳洲 西日本人物誌』 西日本新聞社、1999年11月、ISBN 4816704922
  • 信原修 『雨森芳洲と玄徳潤 朝鮮通信使に息づく「誠信の交わり」』 明石書店、2008年5月、ISBN 4750327972
  • 上田正昭 『雨森芳洲 互に欺かず争わず真実を以て交り候』 ミネルヴァ書房〈ミネルヴァ日本評伝選〉、2011年4月、ISBN 4623060322
歴史小説
  • 田井友季子 『対馬物語 日韓善隣外交に尽力した雨森芳洲』 光言社、1991年5月、ISBN 4876560234
  • 賈島憲治 『雨森芳洲の涙 朝鮮佐役』 風媒社、1997年8月、ISBN 4833150883
  • 賈島憲治 『雨森芳洲の運命』 風媒社、2001年8月、ISBN 4833151146
  • 呉満 『雨森芳洲 日韓のかけ橋』 新風書房、2004年10月、ISBN 4882695391
  • 小西健之助 『海峡の虹 日朝の架け橋雨森芳洲』 新風舎、2006年1月、ISBN 4797485175

外部リンク[編集]