耳塚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

耳塚(みみづか)もしくは鼻塚(はなづか)とは戦死者のを弔ったとされるである。文禄・慶長の役における朝鮮および明兵の戦死者の鼻を弔ったものが有名。これ以外にも日本全国に耳塚と呼ばれるものは多数存在するが、実際に耳や鼻が葬られているものは確認されていない[1]

概要[編集]

戦国時代までの武士は戦功の証として、高級将校は死体の首をとって検分首塚で供養していたが、一揆兵農分離前の農民軍)や足軽など身分の低いものは鼻や耳でその数を証した。切捨御免など戦功とならない殺人は検分や供養をしないため、打捨と呼ばれる。

文禄・慶長の役では首をそのまま持ち帰ることが難しいことや、人身売買目的での誘拐(人取り)の抑制として、豊臣秀吉の量が一定に達した者(一定の戦功を挙げた者)から人取りを許可したため大規模に行われた。首と異なり個人の判別が困難であるため、鼻は通常ヒゲが生えている鼻の下から唇までを斬っていた。『雑兵物語』には、戦場で主人の鉄砲をもっていた草履取りが、主人の危機を助け、鼻で手柄をとったと主張するも、ヒゲが確認できない(性別不明)という理由で戦功を認められなかった話が記述されている。また上泉信綱伝の『訓閲集』(大江家兵法書を戦国風に改めた兵書)巻六「士鑑・軍役」の項にも、「いそがしくて首をもたれざる時、鼻をかくもの」とし、童・女と区別がつくよう(性別がわかるよう)にヒゲが生えている(鼻下から)唇までを切るようにと、同様のことが記述されている。しかし文禄・慶長の役では厳密な判定がなされず拉致した非戦闘員や味方の戦死者が含まれている可能性も示唆されている[2][3]。なお首であっても確実ではなく、雑兵や農民の首を敵将と偽って申請する「偽首」も行われていた。大坂夏の陣を描いた大坂夏の陣図屏風では、乱妨取りに奔った徳川の雑兵が民衆に襲い掛かり、偽首を取る様子が描かれている。

運搬中に腐敗するのを防ぐために、塩漬酒漬にして持ち帰ったとされる。

各地の耳塚[編集]

京都市[編集]

京都にある耳塚(鼻塚)

京都市東山区豊国神社門前にある史跡で鼻塚とも呼ばれる。豊臣秀吉朝鮮出兵(文禄・慶長の役1592年1598年)のうち、慶長の役で戦功の証として討取った朝鮮明国[4]耳や鼻を削ぎ持ち帰ったものを葬った塚。(位置

古墳状の盛り土をした上に五輪塔が建てられ周囲は石柵で囲まれている。1969年(昭和44年)4月12日、「方広寺石塁および石塔」として国の史跡に指定された。なお、2014年に史跡の指定名称が「方広寺大仏殿跡及び石塁・石塔」に変更されている[5]。当初は「鼻塚」と呼ばれていた。しかし林羅山がその著書『豊臣秀吉譜』の中で鼻そぎでは野蛮だというので「耳塚」と書いて以降、耳塚という呼称が広まったようである。2万人分の耳と鼻が埋められている。

この塚は慶長2年(1597年)に築造され、同年9月28日施餓鬼供養が行われた。この施餓鬼供養は秀吉の意向に添って相国寺住持西笑承兌が行ったもので、京都五山の僧を集め盛大に行われたようである。

周囲の石柵は大正4年(1913年)5月に正面は、歌舞伎役者 片岡仁左衛門他、左側は、浪曲師 桃中軒雲右衛門他、 俳優 川上音二郎他、右側は、義太夫 豊竹古靭太夫他、をはじめとする当時の著名芸人達の寄付によって建立された物で、発起人は京都の侠客「伏見の勇山」小畑岩次郎(土木請負業[6])。なお塚前の焼香台・石段も彼の発起によって築造されたものである。また、正面側に、中村歌右衛門、左側に、桃中軒雲右衛門吉田奈良丸京山小円他の大石柵があったが今は残っていない。

耳塚修営供養碑[編集]

明治31(1898)年に耳塚とその周囲が整備された際に、耳塚に隣接して耳塚修営供養碑が建てられた。

福岡市香椎[編集]

福岡市東区香椎(香椎宮脇)にも耳塚(馘塚)と呼ばれる塚が存在する。[7]

その他の地域[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 清水 2015, p. 195.
  2. ^ 朝鮮出兵時の「耳鼻削ぎ」は常軌を逸していた - 東洋経済ONLINE 2015年06月27日
  3. ^ 「耳塚」とは 朝鮮人からそぎ落とした耳や鼻を供養 - 京都新聞 2018年11月10日
  4. ^ 歴史学者の藤木久志は「老若・男女・僧俗の区別なく撫で斬りにせよ」との秀吉の上意があり非戦闘員も含むと主張している。(藤木久志『天下統一と朝鮮侵略』講談社学術文庫、2005、p.442-p.445)
  5. ^ 平成26年10月6日文部科学省告示第140号
  6. ^ 『日本航空史 明治大正編』一般財団法人日本航空協会、1956年、p178
  7. ^ 香椎地区の歴史ガイドマップ

参考文献[編集]

  • 清水克行『耳鼻削ぎの日本史』洋泉社、2015年。ISBN 9784800306708
  • 雷聞(日本語訳:江川式部)「"京観"から仏寺へ―隋唐時期の戦場遺体の処理と救済―」古瀬奈津子 編『東アジアの礼・儀式と支配構造』(吉川弘文館、2016年) ISBN 978-4-642-04628-2 P234-268

関連項目[編集]

外部リンク[編集]