義演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
義演
永禄元年8月20日1558年10月1日)- 寛永3年閏4月21日1626年6月15日))
義演.jpg
宗旨 真言宗
宗派 醍醐派
寺院 醍醐寺三宝院金剛輪院
堯助雅厳、雅叙
著作 『義演准后日記』

義演(ぎえん、永禄元年8月20日1558年10月1日)- 寛永3年閏4月21日1626年6月15日))は、戦国時代から江戸時代にかけての真言宗。父は二条晴良、母は伏見宮貞敦親王王女の位子室町幕府15代将軍足利義昭の猶子となり、「義」の一字を与えられている。

生涯[編集]

永禄7年(1564年)に三宝院門跡義堯の後継者として決定されたが、義堯の急逝によって先送りされ、5年後に醍醐寺理性院の堯助の許に入室した[1]

元亀2年(1571年)、報恩院雅厳を戒師として得度して堯助・雅厳に師事し、同年に大僧都に任ぜられた[1]天正3年(1575年)には醍醐寺金剛輪院を再興している。

天正4年(1576年)、醍醐寺第80代座主に就任。天正7年(1579年)に大僧正、同13年(1585年)に准三后宣下、文禄3年(1594年)には東寺長者に任じられている。豊臣秀吉朝鮮出兵を行う際、東寺で仁王経大法会を修している。天皇上皇武家の尊崇を受け、特に秀吉が度々醍醐寺を訪れている。また、豊臣秀吉・秀頼親子の援助を受けて醍醐寺三宝院を復興している。その間にも門跡・座主に相応しい勉学や修行に励み、師の雅叙から附法状を与えられたのは、天正19年(1591年)のことであった[1]

また、義演は三宝院の宝蔵の充実を図るために貴重な書籍を見つけては、何人かの手で筆写させ、それを宝蔵に収集した[2]。その中の、法然伝記の一級資料と評される、『法然上人伝記』(醍醐本)は、法然に近侍した源智が書き記したといわれるものを、義演が江戸時代初期に書写させたたものであり、大正6年1917年)に醍醐寺三宝院の宝蔵から発見された[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 藤井雅子「中世における三宝院門跡の確立と存続」永村眞 編『中世の門跡と公武権力』(戎光祥出版、2017年) ISBN 978-4-86403-251-3
  2. ^ 「義演准后日記」『史料纂集 古記録編 48』(続群書類従完成会、2004年)、梶村昇『法然の言葉だった「善人なをもて往生をとぐ、況や悪人をや」』(大東出版社、1999年)74頁
  3. ^ 梶村昇『勢観房源智-念仏に生きた人1』(東方出版、1993年)、98頁