河内将芳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

河内 将芳(かわうち まさよし、1963年8月[1] - )は、歴史学者。奈良大学教授。専門は日本中世史。

略歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『中世京都の民衆と社会』思文閣史学叢書、2000
  • 『中世京都の都市と宗教』思文閣出版、2006
  • 祇園祭と戦国京都』角川叢書、2007
  • 秀吉の大仏造立 シリーズ権力者と仏教』法藏館、2008
  • 『信長が見た戦国京都 -城塞に囲まれた異貌の都-』洋泉社 歴史新書y、2010
  • 『祇園祭の中世 -室町・戦国期を中心に-』思文閣出版、2012
  • 日蓮宗と戦国京都』淡交社、2013
  • 『歴史の旅 戦国時代の京都を歩く』吉川弘文館、2014
  • 『絵画史料が語る祇園祭 戦国期祇園祭礼の様相』淡交社、2015
  • 『落日の豊臣政権-秀吉の憂鬱、不穏な京都-』吉川弘文館、2016
  • 『戦国京都の大路小路』戎光祥出版、2017 

共著・監修[編集]

  • 『城から見た信長』千田嘉博,下坂守,土平博共著 ナカニシヤ出版 奈良大ブックレット 2015
  • 『ビジュアル版京都1000年地図帳 古代から明治まで、地図と写真で巡る世界文化遺産』山田邦和共監修 宝島社 別冊宝島 2015

自治体史[編集]

  • 『今津町史 第1巻 古代・中世』滋賀県今津町、1997
  • 『蒲生町史 第四巻 史料編』滋賀県蒲生町、2001
  • 『今津町史 第4巻 資料』滋賀県今津町、2003
  • 『秦荘の歴史 第1巻 古代・中世』滋賀県秦荘町、2005
  • 『近江愛知川町の歴史 第1巻 古代・中世編』滋賀県愛知川町、2005
  • 『甲賀市史編纂叢書 第三集 油日神社関係文書調査報告書』滋賀県甲賀市、2007
  • 『近江日野の歴史 第二巻 中世編』滋賀県日野町、2009
  • 『近江日野の歴史 第八巻 史料編』滋賀県日野町、2010
  • 『甲賀市史 第二巻 甲賀衆の中世』滋賀県甲賀市、2012
  • 『近江八幡の歴史 第五巻 商人と商い』滋賀県近江八幡市、2012
  • 『近江八幡の歴史 第六巻 通史Ⅰ 歴史のあけぼのから安土城まで』滋賀県近江八幡市、2014
  • 『近江日野の歴史 第九巻 絵図・要覧編』滋賀県日野町、2015

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.310

参考[編集]

外部リンク[編集]