関口和一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
関口 和一
(せきぐち わいち)
Waichi Sekiguchi cropped 1 Waichi Sekiguchi 20081104.jpg
2008年11月4日
ニューコンテクストカンファレンスにて
生誕 関口 和一(せきぐち わいち)
1959年
日本の旗 埼玉県
教育 一橋大学法学部卒業
職業 新聞記者
活動期間 1982年 -
代表経歴 日本経済新聞社産業部編集委員
1996年 - )
日本経済新聞社論説委員
2000年 - )
NIKKEI×BS LIVE 7PM』進行役
2012年 - 2013年
肩書き 日本経済新聞社
産業部編集委員・論説委員

関口 和一(せきぐち わいち、1959年 - )は、日本新聞記者ニュースキャスター株式会社日本経済新聞社産業部編集委員・論説委員、東京大学大学院情報学環客員教授

株式会社日本経済新聞社ワシントン支局特派員、『日経サテライトニュースキャスター、『NIKKEI×BS LIVE 7PM』進行役などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

埼玉県生まれ。埼玉県立浦和高等学校を経て、1982年一橋大学法学部を卒業し日本経済新聞社に入社。1988年フルブライト研究員として米国に留学・ハーバード大学国際問題研究所客員研究員。

新聞記者として[編集]

1989年、英文日経(Nikkei Weekly)キャップを経て1990年から1994年までワシントン支局特派員。日本へ帰国後は電機業界担当キャップなどを経て、1996年より産業部編集委員。

2000年から論説委員を兼ね、主に情報通信分野を担当。06年より法政大学大学院イノベイーション・マネジメント研究科客員教授。2008年から国際大学GLOCOM客員教授。2015年から東京大学大学院情報学環客員教授。一橋大学、早稲田大学メディアネットワークセンター、明治大学経営学部などの非常勤講師も兼ねる。著書に『パソコン革命の旗手たち』『情報探索術』(以上、日本経済新聞社刊)、共著に『サイバースペース革命』『サイバービジネス最前線』(以上、日本経済新聞社刊)、『モダンタイムス2001』(日経BP社刊)など。日米学生会議OB。2012年4月からBSジャパンNIKKEI×BS LIVE 7PM』の火曜日MC。

経済産業省産業構造審議会情報経済分科会委員、警察庁総合セキュリティ対策会議委員なども務める。

略歴[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]東京大学

外部リンク[編集]