長門正貢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ながと まさつぐ
長門 正貢
生誕 (1948-11-18) 1948年11月18日(69歳)
日本の旗 日本 北海道小樽市[1]
出身校 一橋大学社会学部
フレッチャー法律外交大学院
職業 実業家

長門 正貢(ながと まさつぐ、1948年11月18日 - )は、日本の実業家日本郵政代表執行役社長

富士重工業代表取締役副社長、シティバンク銀行取締役会長ゆうちょ銀行代表執行役社長等も歴任。

人物・経歴[編集]

北海道小樽市生まれ。千葉県市川市小学校[2]学習院中・高等科を経て、一浪後、1972年に一橋大学社会学部を卒業して日本興業銀行(興銀)(現:株式会社みずほ銀行)に入行。東京都出身[3][4]。一橋大では宮川公男ゼミに所属し計量経済学を学び、興銀入行後は、経済学の勉強を続けるために調査部配属を希望し、4年間マクロ経済分析を担当した[5]。1974年からフレッチャー法律外交大学院に留学。1976年に修了し国際関係論修士学位を取得[6]。学習院時代の同級生に元総務大臣鳩山邦夫、作曲家の都倉俊一能見善久東京大学名誉教授、元朝日新聞編集委員の萩谷順がいる[6]

資源開発のプロジェクト・ファイナンスを担当したのち渡米。1979年からヒューストン駐在員事務所在勤、1987年からニューヨーク・A.G.ランストン証券に出向し、上席副社長としてトレーダー業を行う。1991年に帰国すると、国際金融から国内営業に転じ、課長級の興銀本店営業本部業務部副参事役に就任。調査役として新日本製鐵等の鉄鋼業や、自動車業、ノンバンク及び福岡支店の案件の審査を担当し[7]兵庫銀行救済問題にもあたった。以後、国際営業二部参事役等を務め[8]、興銀法人営業部門で、エネルギー関連、自動車、電機関連、商社などを担当。1997年から同行バンコク支店長。同年のアジア通貨危機の中、タイ財務相や中央銀行総裁との面会を重ね、5億ドル以上の融資を行う[9]。2000年から興銀執行役員、2001年から常務執行役員調査本部長、2002年からみずほ銀行常務執行役員、2003年からみずほコーポレート銀行(現:みずほ銀行)常務執行役員・米州統括役員。2006年退任[10]

2006年から富士重工業に移り、2006年6月同専務執行役員、2007年4月専務執行役員スバル海外第二営業本部長、2007年6月取締役兼専務執行役員スバル海外第二営業本部長、2008年6月取締役兼専務執行役員、2010年6月代表取締役副社長と歴任し、スバルの海外営業を担当した。同社在籍中に新生銀行社長職へのヘッドハンティングを受けたが、固辞する[11]

2011年6月シティバンク銀行取締役副会長。2012年1月同行取締役会長就任。会長就任前の2011年に3度の業務停止命令がなされたことを受け内部統制強化に対応した[12]。2015年3月退任[13]

2015年5月11日、同年秋のゆうちょ銀行上場を控え金融に精通していることのほか、北米でスバルの販売拡大を主導したことさらに、シティバンク銀行の経営再建に尽力したことが評価され、ゆうちょ銀行社長に就任[14][15]。国立大学法人一橋大学経営協議会委員なども務める。

2016年4月1日付で、西室泰三日本郵政社長の病気による退任に伴い、ゆうちょ銀行の代表執行役社長職を退き(取締役としては留任)、後任の日本郵政取締役兼代表執行役社長に就任した。日本郵便取締役兼務。6月からかんぽ生命取締役も兼務[16][17]。2018年4月には日本郵政不動産を設立し、会見で「不動産事業をより効率的に推進し将来のグループ収益の柱の一つにしたい」とした[18]。国立大学法人一橋大学社会科学の発展を考える円卓会議委員[19][20]等を歴任。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「経営者たちの四十代 [173 ●街風隆雄日本郵政社長・長門正貢」]『PRESIDENT 2017年1.30号』プレジデント社
  2. ^ 「経営者たちの四十代 [173] ●街風隆雄日本郵政社長・長門正貢」『PRESIDENT 2017年1.30号』プレジデント社
  3. ^ 経営者:編集長インタビュー 長門正貢 日本郵政社長 2016年12月13日号
  4. ^ かんぽ生命の事業内容、歴史、社長は BRAVE ANSWER2016年8月20日
  5. ^ 「経営者たちの四十代 [173] ●街風隆雄日本郵政社長・長門正貢」『PRESIDENT 2017年1.30号』プレジデント社
  6. ^ a b “同級生交歓 > 学習院中等科”. 文芸春秋. (2013年5月1日). http://gekkan.bunshun.jp/articles/-/601 2015年4月28日閲覧。 
  7. ^ 「日本郵政社長 長門正貢氏(下) 熱い気持ち、現場と共有 」2017/11/7付日本経済新聞 朝刊
  8. ^ 「合理性第一で退けた「方枘圓鑿」 -日本郵政社長 長門正貢【2】」プレジデントオンライン企業経営2017.3.11
  9. ^ 「経営者たちの四十代 [173] ●街風隆雄日本郵政社長・長門正貢」『PRESIDENT 2017年1.30号』プレジデント社
  10. ^ “取締役会長の任命について” (プレスリリース), シティバンク銀行株式会社, (2012年4月27日), http://www.citigroup.jp/japanese/press_release/2012/20120427_01_jp.pdf 2015年4月28日閲覧。 
  11. ^ 「Close-Up Enterprise 金融庁の思惑も交錯し迷走する新生・あおぞら統合交渉の行方」『週刊ダイヤモンド編集部』 2010年4月26日
  12. ^ 「シティバンク銀会長に長門氏 内部統制立て直し」『日本経済新聞電子版』 2012年1月10日
  13. ^ 「ゆうちょ銀行社長 前シティバンクの長門正貢氏に」テレ朝news04/23 20:33
  14. ^ “ゆうちょ銀社長に長門氏 秋の上場へ体制強化”. 共同通信. (2015年4月23日). http://www.47news.jp/CN/201504/CN2015042301001668.html 2015年4月28日閲覧。 [リンク切れ]
  15. ^ “ゆうちょ銀社長に長門氏、前シティ銀会長 上場へ体制整備”. 日本経済新聞. (2015年4月23日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGC23H11_T20C15A4000000/ 2015年4月28日閲覧。 
  16. ^ 役員異動のお知らせ
  17. ^ “郵政上場5カ月、仕切り直し 長門新社長は西室路線継承”. 日本経済新聞. (2016年3月16日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS16H3I_W6A310C1EE8000/ 2016年4月1日閲覧。 
  18. ^ 「日本郵政:不動産子会社設立を発表、「グループ収益の柱」と社長」ブルームバーグ2018年3月28日 15:25 JST
  19. ^ 「一橋大、社会課題の解決へ「円卓会議」 産官学の知を結集」日本経済新聞2018/5/4 22:19
  20. ^ 「学長見解 一橋大学強化プラン(5):日本の社会科学の発展に向けて」2018年3月学長蓼沼宏一
ビジネス
先代:
西室泰三
日本郵政株式会社社長
第5代:2016 -
次代:
現職