銭学森

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
銭学森
生誕 1911年12月11日
清の旗 浙江省 杭州府
死没 (2009-10-31) 2009年10月31日(97歳没)
中華人民共和国の旗 中華人民共和国北京市
居住 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
国籍 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
研究分野 空気力学
研究機関 中国科学院力学研究所
出身校 交通大学
博士課程
指導教員
セオドア・フォン・カルマン
主な受賞歴 両弾一星功勲奨章(1999年
プロジェクト:人物伝

銭 学森(せん がくしん、拼音 Qián Xuésēn、ウェード式 Tsien Hsue-shen、1911年12月11日 - 2009年10月31日)は、中華人民共和国航空力学研究者、中国科学院中国工程院研究員。唐末の五代十国呉越国王・銭鏐から数えて33代目の子孫。「中国誘導弾の父」「中国宇宙開発の父」「ロケット王」と呼ばれる[1]セオドア・フォン・カルマンの指導を受けたアメリカにおける初期の弾道ミサイル開発者であり、ジェット推進研究所(JPL)の共同設立者でもある[2]。欧米では一般に H.S. Tsien で知られる。

経歴[ソースを編集]

東風長征海鷹2号誘導弾(シルクワームミサイル)等の開発を指揮。

エピソード[ソースを編集]

系譜[ソースを編集]

  • 蒋英 (蒋方震(字は百里)と佐藤屋子(中国名・佐梅)の娘)
    • 子:銭永剛
    • 女:銭永真
系図:太線は実子、斜線は養女。

        ┏━━━━━━┻━━━━━━┓
       銭家潤           銭家治
        ┃          ┏━━┻━━┓
        ┃          ┃     ∥
       銭学榘        銭学森   銭学英(蒋英)
   ┏━━━━╋━━━━┓     ┗━━┳━━┛
   ┃    ┃    ┃     ┏━━┻━━┓
  銭永佑  銭永楽  銭永健   銭永剛   銭永真
        (ロジャー・Y・チエン)

著書[ソースを編集]

  1. 工程控制論』:科学出版社1958年1980年)、上海交通大学出版社(2007年
  2. 『物理力学講義』:科学出版社(1962年)、上海交通大学出版社(2007年
  3. 『星際航行概論』:科学出版社(1963年)、中国宇航出版社(2008年
  4. 水動力学講義手稿』:上海交通大学出版社(2007年)

関連項目[ソースを編集]

脚註[ソースを編集]

  1. ^ 钱学森:历尽险阻报效祖国 火箭之王淡泊名誉”. 人民網 (2009年10月31日). 2017年5月26日閲覧。
  2. ^ Qian Xuesen, Father of China’s Space Program, Dies at 98”. ニューヨーク・タイムズ (2009年11月3日). 2017年5月26日閲覧。
  3. ^ 一人の科学者の死に13億の中国人が泣いた”. 東亜日報. 2016年4月30日閲覧。
  4. ^ 王士倬伯伯”. 清華大学 (2010年6月29日). 2017年4月28日閲覧。
  5. ^ 中国「導弾之父」銭学森逝世 人民日報(中華人民共和国) 2009年11月1日閲覧
  6. ^ 浜勝彦著『改革・開放期中国における超能力、気功論争』創価大学中国論集 6, 61-78, 2003-03
  7. ^ a b Qian Xuesen: Scientist and pioneer of China's missile and space programmes”. インデペンデント (2009年11月13日). 2017年6月2日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]