銭学森

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
銭学森
Tsien Hsue-shen.jpg
生誕 1911年12月11日
Flag of China (1889–1912).svg 浙江省 杭州府
死没 (2009-10-31) 2009年10月31日(97歳没)
中華人民共和国の旗 中華人民共和国北京市
居住 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
国籍 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
研究分野 空気力学, 制御工学
研究機関 国防部第五研究院中国語版
中国科学院力学研究所
出身校 交通大学, MIT, Caltech
博士課程
指導教員
セオドア・フォン・カルマン
主な受賞歴 両弾一星功労勲章1999年
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

銭 学森(せん がくしん、拼音 Qián Xuésēn、ウェード式 Tsien Hsue-shen、1911年12月11日 - 2009年10月31日)は、中華人民共和国科学技術者。専門は空気力学制御工学東風弾道ミサイル長征打上げロケット海鷹2号巡航ミサイル(シルクワームミサイル)等の開発を指揮。アメリカ合衆国における最初期の弾道ミサイル開発者でジェット推進研究所(JPL)の共同設立者でもあり[1]第二次世界大戦中はマンハッタン計画に関与してアメリカによる世界初の原子爆弾の開発を支援した[2][3]。米中の交渉で中国に渡り、中国の宇宙開発に貢献して毛沢東の命名で「火箭王」(ロケット王)と呼ばれた[4][5][6]中国科学院中国工程院研究員。

略歴[編集]

エピソード[編集]

系譜[編集]


        ┏━━━━━━┻━━━┓
       銭家潤        銭家治
        ┃          ┃
        ┃          ┃     
       銭学榘        銭学森━┳━━蔣英
   ┏━━━━╋━━━━┓           ┃
   ┃    ┃    ┃     ┏━━┻━━┓
  銭永佑  銭永楽  銭永健   銭永剛   銭永真
        (ロジャー・Y・チエン)

著書[編集]

  1. 工程控制論』:科学出版社1958年1980年)、上海交通大学出版社(2007年
  2. 『物理力学講義』:科学出版社(1962年)、上海交通大学出版社(2007年
  3. 『星際航行概論』:科学出版社(1963年)、中国宇航出版社(2008年
  4. 水動力学講義手稿』:上海交通大学出版社(2007年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 中華人民共和国の弾道ミサイル開発の行政機構
  2. ^ a b 中国人民解放軍軍事科学院研究員(当時)の許雪松の説
  3. ^ 中華人民共和国の弾道ミサイル開発の研究機構

出典[編集]

  1. ^ Qian Xuesen, Father of China’s Space Program, Dies at 98”. ニューヨーク・タイムズ (2009年11月3日). 2017年5月26日閲覧。
  2. ^ a b Qian Xuesen Obituary”. ガーディアン (2019年9月13日). 2019年9月13日閲覧。
  3. ^ a b A US-trained scientist was deported, then became the 'father of Chinese rocketry'”. PRI. 2019年9月11日閲覧。
  4. ^ 毛泽东封钱学森为“火箭王””. 中華人民共和国教育部 (2008年11月1日). 2019年11月14日閲覧。
  5. ^ 毛泽东让钱学森当将军 宴会上赞其"火箭王"”. 人民網 (2009年10月31日). 2019年11月14日閲覧。
  6. ^ Trained in the U.S., Scientist Became China's 'Rocket King'”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2009年10月31日). 2019年11月14日閲覧。
  7. ^ 历史沿革”. 上海交通大学. 2020年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月5日閲覧。
  8. ^ Harvey 2004, p. 18.
  9. ^ a b c d IEEE 2010, p. 110.
  10. ^ 一人の科学者の死に13億の中国人が泣いた”. 東亜日報. 2016年4月30日閲覧。
  11. ^ 王士倬伯伯”. 清華大学 (2010年6月29日). 2017年4月28日閲覧。
  12. ^ 林 2019, p. 23.
  13. ^ The Two Lives of Qian Xuesen”. ザ・ニューヨーカー. 2019年9月11日閲覧。
  14. ^ Brownell 2012, p. 82.
  15. ^ http://www.astronautix.com/t/tsien.html
  16. ^ Lewis & Di 1992, p. 7.
  17. ^ a b 印记丨中国航天事业创建63周年以来历经的那些机构”. 中国航天科工集団 (2019年10月9日). 2019年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月5日閲覧。
  18. ^ a b 第一个导弹火箭研究机构——国防部五院:中国航天梦的起点”. 新华社 (2017年7月10日). 2020年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月5日閲覧。
  19. ^ 中国航天大事记(1956~2005)”. 国家航天局 (2006年5月17日). 2016年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月5日閲覧。
  20. ^ Lewis & Di 1992, p. 8.
  21. ^ “<訃報>中国の宇宙開発の父・銭学森氏が死去、享年97歳―北京市”. レコードチャイナ. (2009年10月31日). https://www.recordchina.co.jp/b36729-s0-c30-d0000.html 2020年1月31日閲覧。 
  22. ^ 中国「導弾之父」銭学森逝世 人民日報(中華人民共和国) 2009年11月1日閲覧
  23. ^ 浜勝彦著『改革・開放期中国における超能力、気功論争』創価大学中国論集 6, 61-78, 2003-03
  24. ^ a b Qian Xuesen: Scientist and pioneer of China's missile and space programmes”. インデペンデント (2009年11月13日). 2017年6月2日閲覧。
  25. ^ A dragon in winter”. Space Reviw (2008年1月4日). 2018年10月17日閲覧。
  26. ^ Chang 1996, p. 112.
  27. ^ Perrett & Asker 2008, pp. 57–61.
  28. ^ Tsien 1954.
  29. ^ Hvistendah 2018, pp. 1206–1209.

参考文献[編集]

  • Tsien, Hsue Shen (1954). Engineering Cybernetics. McGraw-Hill 
  • Lewis, John W.; Di, Hua (1992). “China's Ballistic Missile Programs”. International Security (The MIT Press) 17 (2). https://fsi-live.s3.us-west-1.amazonaws.com/s3fs-public/china%27s_ballistic_missile_programs.pdf. 
  • Chang, Iris (1996). Thread of the Silkworm. Basic Books. ISBN 978-0-465-00678-6 
  • Harvey, Brian (2004). CHINA'S SPACE PROGRAM:From Conception to Manned Spaceflight. Springer in association with Praxis Publishing. ISBN 1-85233-566-1 
  • Perrett, Bradley; Asker, James R. (2008-01-07). “Person of the Year: Qian Xuesen”. Aviation Week and Space Technology (Informa Plc) 168 (1). 
  • IEEE (2010). “Tsien Hsue-shen” (PDF). IEEE Control System Magazine (IEEE) 30 (3). https://ieeexplore.ieee.org/stamp/stamp.jsp?arnumber=5466138. 
  • Brownell, Richard (2012). Space exploration. Detroit: Lucent Books. ISBN 978-1420508758 
  • Hvistendah, Mara (2018-03-16). “Master planner”. Science (American Association for the Advancement of Science) 359 (6381): 1206-1209. PMID 29590059. 
  • 林, 幸秀 (2019). 中国の宇宙開発:中国は米国やロシアにどの程度近づいたか. アドスリー. ISBN 978-4-904419-82-3