銀林みのる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

銀林 みのる(ぎんばやし みのる、1960年 - )は、日本小説家東京都出身。

東京学芸大学教育学部中退。建築業、不動産業を経て1991年フィレンツェに遊学。『鉄塔 武蔵野線』で第6回日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、同作は映画化もされた。その後は作家としての目立った活動は少ないが、大森望によると2007年時点で東京と軽井沢を行き来しながら生活し、数本のテレビCM俳優として出演しながら、10年にわたって軽井沢が舞台の本を書き続けているという[1]

略歴[編集]

作品リスト[編集]

メディア[編集]

映画[編集]

TVCM[編集]

脚注[編集]