銀座高級クラブママ青山みゆき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
銀座高級クラブママ青山みゆき
ジャンル テレビドラマ
脚本 関根俊夫
鈴木貴子
深沢正樹
監督 長尾啓司
出演者 名取裕子
風間トオル
沼田爆
エンディング エンディングテーマを参照
製作
プロデューサー 瀧川治水
川島永次
制作 テレビ東京
BSジャパン
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2006年9月13日 - 2008年7月23日
放送時間 水曜 21:00 - 22:48
放送枠 水曜ミステリー9
放送分 108分
回数 3
テンプレートを表示

銀座高級クラブママ 青山みゆき』(ぎんざこうきゅうくらぶまま あおやまみゆき)は、2006年から2008年までテレビ東京BSジャパン共同制作「水曜ミステリー9」で放送されたテレビドラマシリーズ。全3回。主演は名取裕子

夜の銀座で働く女性は高級クラブの雇われママ、青山みゆき。ママの周囲で展開する事件を解決へと導いていく。都度お店の女の子が辞めたりとトラブルに巻き込まれる。

キャスト[編集]

クラブ「カミュ」[編集]

青山みゆき
演 - 名取裕子
雇われママ。母と名乗れない娘(土屋里沙)がいる。ママになる前はクラブ「ラ・シャトー」のホステスをしていた。
甲斐達也
演 - 風間トオル[1](第2作・第3作)
店長。みゆきに恋心を抱いているが、そっと周辺をサポートし続けている。
城ヶ崎修司
演 - 沼田爆(第2作・第3作)
オーナー。

焼き鳥「六兵」[編集]

六兵
演 - 徳井優(第2作・第3作)
亭主。
昌子
演 - 松金よね子(第2作・第3作)
女将。六兵の妻。

その他[編集]

木田蓉子
演 - 夏樹陽子(第1作・第2作)
クラブ「ラ・シャトー」オーナーママ。
土屋里沙
演 - 加藤文代(第1作・第2作)
みゆきと客だった土屋との間に生まれた娘。結婚の約束をしていたが土屋の両親に反対される。土屋の両親からは親戚の伯母ということで里沙と会うことを許してもらっている。第1作は中学3年生、第2作は高校1年生になっている。
野村善文
演 - 吉満涼太(第2作・第3作)
銀座警察署の刑事。
大垣貫太郎
演 - 六平直政
竜宮出版社代表取締役。「カミュ」の客。
宮川信一郎
演 - 横内正[2](第2作・第3作)
代議士。「カミュ」の客。

ゲスト[編集]

第1作「女帝バトル殺人帳簿」(2006年)
第2作「ナニワクラブママ女帝バトル殺人事件」(2007年)
第3作「赤いバラの殺人予告」(2008年)

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本
1 2006年9月13日 女帝バトル殺人帳簿 関根俊夫
2 2007年3月07日 ナニワクラブママ女帝バトル殺人事件 鈴木貴子
3 2008年7月23日 赤いバラの殺人予告 深沢正樹

脚注[編集]

  1. ^ DATA - 風間トオル オフィシャルサイト
  2. ^ プロフィール - TYプロモーション
  3. ^ プロフィール - ラッシュアップ
  4. ^ テレビ - 小寺事務所(アーカイブ)
  5. ^ プロフィール - カートプロモーション(アーカイブ)
  6. ^ プロフィール - ギュラマネージメント
  7. ^ プロフィール - 浅井企画
  8. ^ プロフィール - 大橋てつじ OFFICIAL WEBSITE(アーカイブ)
  9. ^ プロフィール - 金山一彦 オフィシャルブログ
  10. ^ プロフィール - 宝井プロジェクト
  11. ^ プロフィール - 東宝芸能(アーカイブ)
  12. ^ プロフィール - 宝井プロジェクト(アーカイブ)

外部リンク[編集]