赤羽萬次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

赤羽 萬次郎(あかばね まんじろう、1861年 - 1898年)は、日本新聞記者自由民権ジャーナリスト北國新聞社初代社長・主筆。雅号は「痩鶴(そうかく)」。

略歴[編集]

信濃国松本に商家の次男として誕生。18歳で地元の自由民権運動の政治結社「奨匡社」の設立に加わり、新聞・雑誌に政論を発表する。

1881年に上京、日本最初の日刊新聞である「東京横浜毎日新聞」の記者となる。社主が主催する演説団体「嚶鳴社」同人として各地を遊説。大隈重信立憲改進党にも参加した。

1886年金沢の改進党系の新聞「北陸新報」に主筆として招かれるも、5年後に社長が自由党系に身売りしたことに反発し退社。

1893年8月5日に「北國新聞社」を興し自ら社長・主筆となる。自ら執筆した発刊の辞「公平を性とし誠実を体とし、正理を経とし公益を緯とす、わが北國新聞は超然として党派外に卓立す」は、現在も同社の社是として受け継がれている。

晩年は肺を病み、病床から社運営の指揮を執り原稿を書いた。1898年9月、36歳で死去。金沢の天徳院に葬られた。

北國新聞創刊115周年にあたる2008年8月5日に開館した「北國新聞赤羽ホール」の名は、赤羽にちなんで名づけられた。

参考文献[編集]

  • 北國新聞2008年8月5日号付録「北國新聞赤羽ホール開館記念特集」18~19面