天徳院 (金沢市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
天徳院
Tentokuin, in Kanazawa 1.jpg
山門
所在地 石川県金沢市小立野4-4-4
位置 北緯36度33分5.26秒
東経136度40分37.23秒
山号 金龍山(きんりゅうざん)
院号 天徳院天德院
宗派 曹洞宗
本尊 釈迦牟尼仏
創建年 元和9年(1623年
開基 前田利常、巨山泉滴(開山)
文化財 山門(市文化財)
法人番号 9220005000683
テンプレートを表示

天徳院(てんとくいん)は石川県金沢市小立野にある曹洞宗寺院。山号は金龍山(きんりゅうざん)。院号加賀藩前田利常の正室珠姫の法号である天徳院殿 乾運淳貞 大禅定尼に因んでいる。

歴史[編集]

元和9年(1623年)、加賀藩前田利常が前年に24歳で亡くなった正室珠姫菩提を弔うために創建。翌年、巨山泉滴を招聘して開山とした。

元禄6年(1693年)、黄檗宗高泉性潡伽藍を黄檗式建築で整備するが、明和5年(1768年)の火災で、山門・宝蔵などを除き、主要伽藍を焼失した。伽藍整備は迅速に行われ、翌明和6年には前田重教によって本堂講堂庫裏が再興された。

明治12年(1879年)には諸岳奕堂(もろたけえきどう、總持寺独住第1世)が住職に就任。大正4年(1915年)には森田悟由永平寺貫首、曹洞宗管長)が住職に就任した。大正12年(1923年)には関東大震災から避難した室生犀星が滞在している。

伽藍[編集]

  • 山門 - 元禄6年(1693年)建立の二重門。屋根は当初は瓦で葺かれていたが、財政悪化のため通常のに交換された。

文化財[編集]

行事[編集]

所在地[編集]

石川県金沢市小立野四丁目4番4号

交通アクセス[編集]

外部リンク[編集]