言語入力キー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

言語入力キー(げんごにゅうりょくキー)は、日本語朝鮮 (韓国)語キーボードに見られる、インプットメソッドで文字を変換するために使用するキーである。これらのキーのないキーボードでIMEを使用するときはショートカットキーを使用するが、常に言語入力キーと同じ働きをするとは限らない。

日本語キーボードのキー[編集]

日本語キーボード(OADG 109A)
Appleの日本語キーボード

Microsoft Windowsで標準となっているOADG109キーボード配列には、「半角/全角/漢字キー」・「無変換キー」・「変換キー」・「ひらがな/カタカナ/ローマ字キー」・「英数キー」の5つの言語入力キーがある[1]

macOS用に設計されたアップルのキーボードには、英数キー(英数)とかなキー(かな)がある。

1980年代から1990年代にかけて日本で最も優勢であった日本電気 (NEC)のPC-9800シリーズのキーボードには、カナキー、NEFRキー(no transferの略。無変換キーと同じ)、XFER(transferの略。変換キーと同じ)の3つの言語入力キーがあった[2]

漢字キー[編集]

漢字キー(漢字)は、日本語入力モードと英語入力モードの切り替えに使用する。IBM PS/55 5576-001では独立のキーであった。IBM PS/55 5576-002では左のAltキーと共用された。106/109キーボード配列では、単独のキーではなく半角/全角キーと統合されており、「漢字」と刻印されていない場合もある。

変換キー[編集]

変換キー(変換)は、かな漢字変換において仮名を漢字に変換し、また、次の変換候補にフォーカスするのに使用する。 Shift+変換で前の変換候補にフォーカスする。ただしこの機能は、Microsoft IMEなど多くの日本語IMEのデフォルト設定でスペースキーでも同じ動きをするようになっている。スペースキー#他の用途を参照。

無変換キー[編集]

無変換キー(無変換)は、かな漢字変換を行わずに平仮名として確定する場合に使用する。

半角/全角キー[編集]

半角/全角キー(半角/全角)は元々(Windows 98以前)は全角と半角の切り換えに使用していた。現在(Windows 2000以降)では、IMEのオンオフ(日本語モードと英語モード)の切り換え、つまり漢字キーと同じ意味で使用している。106/109キーボードでは、キーボードのタイピングエリアの左上端にあり、以下のように刻印されている。

半角/
全角
 漢字 

Microsoft IMEで入力文字を全角・半角にするには、以下のキーを押下する。

ひらがな/カタカナキー[編集]

ひらがな/カタカナキー(ひらがな/カタカナ)は、平仮名と片仮名の切り換えに使用する。

以下のように「ローマ字キー」が統合されている場合もあり、その場合、 Alt+ひらがな/カタカナCtrl+ Shift+ひらがな/カタカナ [3]でローマ字入力モードとカナ入力モードを切り換える。カナ入力モードになっている状態を「カナロック」と言い[4]、Windowsでは言語バーの"KANA"が青く表示される。PC-9801シリーズでは、この機能のための カナ キーが存在した[2]

カタカナ
ひらがな
ローマ字

英数キー[編集]

英数キー(英数)は英数モードへの切り換えに使用する。106/109キーボードではCapsLockキーと共用されている。英数/CapsLockを単独で押した場合は英数キーとして働き、 Shift+英数/CapsLockを押下した場合はCapsLockキーとして動作する。

韓国語キーボードのキー[編集]

韓国で一般的な2ボル式(두벌식)配列のキーボード

韓国PC/AT互換機の標準的なキーボードには、한/영ハングル/英数)キーと한자(漢字)キーの2つの言語入力キーがある。いくつかのキーボードでは、独立のキーになっていない場合もある。

한/영キー[編集]

韓国語(ハングル)入力モードと英語(ISO基本ラテンアルファベット)入力モードを切り換えるのに使用する。「한」はハングル(한글)、「영」は英語(영어)の意味である。

多くのコンピュータシステムでは、한/영キーを使わなくても、同じ動作をする別のキーかキーシーケンスが用意されている。韓国で使われている多くのポータブルコンピュータでは한/영キーがなく、代わりに右のAltキーを使用する。そのようなキーボードでは右Altキーに「한/영」とだけ書かれているか、「한/영」と「Alt」が書かれている。

한자キー[編集]

ハングルを漢字やその他の記号に変換するのに使用する。「한자」は朝鮮語で「漢字」の意味である。

多くのコンピュータシステムでは、한자キーを使わなくても、同じ動作をする別のキーかキーシーケンスが用意されている。韓国で使われている多くのポータブルコンピュータでは한자キーがなく、代わりに右のCtrlキーを使用する。そのようなキーボードでは右Ctrlキーに「한자」とだけ書かれているか、「한자」と「Ctrl」が書かれている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ OADG 109Aキーボード JISによる参照キーボードに!”. 2012年7月24日閲覧。
  2. ^ a b Keyboard Collection”. 2012年7月24日閲覧。
  3. ^ Caps Lock, Num Lock, and Scroll Lock Indicators Are Reversed”. 2015年1月29日閲覧。
  4. ^ [041395ローマ字入力をしていると、勝手にカナ入力に切り替わってしまう]”. ジャストシステム. 2016年4月7日閲覧。

外部リンク[編集]