スペースカデットキーボード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シンボリックスのスペースカデットキーボード

スペースカデットキーボード英語: space-cadet keyboard)は、MITLISPマシンで使われていた、トム・ナイト英語版によって設計されたキーボードである。今なお計算機科学の分野のジャーゴンに影響を与えており、Emacsの設計に影響した。

歴史[編集]

トム・ナイト自身によって設計され、MITのIncompatible Timesharing Systemで使われていたナイトキーボード英語版を元に作られた。

右の写真のシンボリックスのスペースカデットキーボードは、MITのLISPマシン・MIT CADRのシンボリックスによるリパッケージ版であるLM-2でのみ使用されていた。後のシンボリックスのシステムでは、スペースカデットキーボードを大幅に単純化したキーボード(シンボリックスキーボードと呼ばれる)を使用したが、スペースカデットキーボードの基本的なレイアウトと修飾キーは維持された[1]

スペースカデット(space cadet)とは「宇宙飛行士候補生」といったような意味で[2]、宇宙船のコックピットにある大量の操作装置のように、大量のキーのあるキーボードという意味である[3]

概要[編集]

スペースカデットキーボードには7つの修飾キーがあった。バッキービットのための4つのキー(コントロール(control)・メタ(meta)・スーパー(super)・ハイパー(hyper))と3つのシフトキー(シフト(shift)・トップ(top)・フロント(front)(ただし、フロントキーにはGreekと刻印されている))である。メタは初期のナイトキーボードで導入され、ハイパーとスーパーはスペースカデットキーボードで導入された[4]。 これらのキーは横並びになっており、コーディッドキーボード英語版によって複数の修飾キーを同時に押すことができる。例えば、Ctrl+Meta+Hyper+Superは片方の手の指で押すことができ、もう片方の手で別のキーを押した。

ほとんどのキーには3つの文字が割り当てられており、3つのシフトキーで切り替えができた。キーの上面にラテン文字と記号が、側面にギリシャ文字が刻印されていた。例えば"L"のキーには上面に"L"と"⇔"が、側面にギリシャ文字の"λ"が刻印されていた。右手でこのキーを押すのと同時に、左手で修飾キーを押すことで、以下のように入力する文字を切り換えできた。

押下するキー 入力される文字
L l (小文字のL)
Shift+L L (大文字のL)
Front+L λ (小文字のラムダ
Front+ Shift+L Λ (大文字のラムダ)
Top+L (両方向の矢印)

これらにさらにコントロール・メタ・スーパー・ハイパーの修飾キーの組み合わせを加えることができ、このキーボードで8000以上の異なる文字を入力することができる。これにより、非常に複雑な数学のテキストを入力することも、何千もの1文字のコマンドを設定することも可能になった。多くのユーザーは、タイピング時間を減らすために、多くのコマンドを記憶した。このユーザーの姿勢が、Emacsのインターフェースを形作った[5]ADM3A端末でEscキーが打ち易い位置にあったことからviでEscキーを多用しているのとは対称的である[6]。しかし、多くのユーザは、多数のバッキービットは過剰であり、操作するのに手が3本も4本も必要になる[4]としてスペースカデットキーボードを前提としたEmacsの設計に反対した。Emacsが複数の修飾キーを頻繁に利用する結果(それでもスペースカデットキーボードよりは簡単であるが)、IBMのモデルMキーボード英語版の配列を引き継いだ最新のキーボードでは操作が難しくなっている。それらでは、スペースカデットキーボードのように修飾キーが一箇所にまとまっておらず、一度に複数押すのが難しいためである[6]

スペースカデットキーボードにはマクロキーもついており、いくつかのアプリケーションが対応していた。また、4つ以下のリストの選択が簡単にできるように4つのローマ数字キー(I, II, III, IV)もついていた[4]

関連項目[編集]

出典[編集]

この記事はパブリックドメインであるジャーゴンファイルに由来する文章を含んでいます。

  1. ^ Xah Lee (2011年10月27日). “Space-cadet Keyboard and Lisp Machine Keyboards”. 2016年4月11日閲覧。
  2. ^ 邦題は『栄光のスペース・アカデミー』と意訳されているのだが、ハインラインによる “Space Cadet” というSFがある。また、英語圏ではその小説よりも、(影響はあるがドラマ化ではなく別作品の)“Tom Corbett, Space Cadet”(en:Tom Corbett, Space Cadet)のほうが知られているかもしれない。ただし俗語としての意味もあること(wiktionary:en:space cadetを参照。かなり軽蔑的な雰囲気がある)に注意。
  3. ^ 和田英一. “けん盤配列にも大いなる関心を Please Pay Your Attention to the Keyboard Layout”. PFU. 2016年4月11日閲覧。
  4. ^ a b c The Jargon File. Xinware Corporation. pp. 128. ISBN 1-897454-66-X 
  5. ^ Raymond, Eric S.; Cameron, Debra; Rosenblatt, Bill (1996). Learning GNU Emacs, 2nd Edition. Sebastopol, CA: O'Reilly. pp. 408–409. ISBN 1-56592-152-6. http://books.google.com/books?id=a_lea3-w-1kC&pg=PA408&dq=bucky+keyboard#PPA408,M1 
  6. ^ a b Xah Lee. “History of Emacs & vi Keys (Keyboard Influence on Keybinding Design)”. 2016年4月11日閲覧。

外部リンク[編集]