削除キー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
削除キー(左下のキー)

削除キー(デリートキー、DELキー、: Delete key)は、ワードプロセッサーコンピュータ用のキーボードのキーの一つ。通常は「Delete」、「Del」、「削除」などと刻印されており、カーソル位置にある文字の削除などに使用される。文章やコマンドの入力中に押すと、そのカーソル位置上にある文字を削除し、その位置以降のテキストを前にずらす。バックスペースキーがカーソルの直前にある文字を削除するのに対し、「先方向の削除」などとも言われる。

PC/AT互換機のキーボードでは、「Delete」または「Del」と刻印されることが多い。

Macintoshの場合、「delete」キー、「del」および右方向削除をイメージした図が刻印されたキーの2種類があり、それぞれ機能が異なる[1]。「delete」キーは、PC/AT互換機でのバックスペースキーと同じ働きを行う (backward delete key) 。「del」および右方向をイメージした図が刻印されたキーは、PC/AT互換機のキーとほぼ同じ働きをする (forward delete key) 。

UNIX用のキーボードでは時期にもより「Del」と「Backspace」の両方があるもの、片方だけのものなど、様々である。

歴史[編集]

削除キーはASCIIの削除文字コード(7F hex、127 decimal)を生成する。この由来は7ビットの紙テープである。紙テープを間違って穴あけ(パンチ)した場合、その文字の箇所の7ビット全部の穴をあければ、その文字は無視される設計になっていた。つまり該当の文字が削除されたことになる。

初期のパーソナルコンピュータのキーボードでは、削除キーは存在しないもの、テンキー側にしか無いものもある。PC/AT互換機で現在の位置(逆T字カーソルの上の、6個のキーのうちの左下)となったのは、101キーボード以降である[2]

詳細[編集]

ノートPCの例

ノートパソコンでの削除キーの位置は、バックスペースの上、ファンクションキーの更に上など、色々である。ノートパソコンのキーボードでも通常は「Delete」、「Del」などと刻印されているが、中には「Delete」と「Backspace」が同じキーに刻印されていてバックスペースと同じ働きをするものもある。

環境によっては削除キーを押すと「^H」などの文字が表示される事がある(端末エミュレータなど)。これはASCIIコードのBS(バックスペース)やDEL(削除)が表示されたものである。

また削除キーは、例えばファイルマネージャなどでのオブジェクトの削除にも使われる他、PC/AT互換機ではコンピュータ起動時のBIOS画面の呼び出しにも使われることがある。

用途[編集]

冒頭の説明のように、基本的にはカーソル位置にある文字の削除や、選択したオブジェクトの削除に使用する。

なお、Windowsでは、削除キーを使用した以下のショートカットキーが使用できる。

Shift + 削除(Del) 
完全に削除、または切り取り
WindowsのWindows Explorerやコモンダイアログなどでは「完全に削除」の動作となり、通常の「削除」と異なり削除されたオブジェクトは「ごみ箱」に残らない。なお、通常はマニュアルに明記されないため非公式ではあるが、いくつかのエディタオフィスソフトでは、このショートカットキーは「切り取り」(Ctrl+X と同じ)として動作し、Shift + 挿入(Ins)は「貼り付け」(Ctrl+V と同じ)として動作する[3]。この動作はSAACUAに由来している(WindowsはWindows 3.0まではCUA準拠だったが、Windows 3.1からMacintosh風のショートカットキーを主流に変更された)。

参照[編集]

  1. ^ MacintoshのApple Extended Keyboard IIのキー配列(従来からのdeleteキー(後退キー)と、delキー(PC/AT互換機と同様の削除キー)が搭載されている)
  2. ^ PFU キーボードコレクション
  3. ^ 2009年11月現在では、Windows 7標準のメモ帳ワードパッドMicrosoft Office 2007WordExcelOpenOffice.org 3.1WriterやCalc、Lotus Notes 8など。

関連項目[編集]