挿入キー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
挿入キー(左上のキー)

挿入キー(インサートキー、INSキー、英:Insert key)は、ワードプロセッサーコンピュータ用のキーボードのキーの一つ。通常は「Insert」、「Ins」、「挿入」などと刻印されており、文字入力時の挿入モード上書きモードの切替などに使用される。

概要[編集]

挿入キーを文章やコマンドの入力中に押すことで、挿入モード(インサートモード)と上書きモード(置換モード、リプレースモード)の切替をすることができる。

上書きモードでは、既に文字が書かれた位置にカーソルを移動してから文字を入力すると、カーソル位置にあった文字は上書きされて、新しく入力した文字に置き換わる。

挿入モードでは、既に文字が書かれた位置にカーソルを移動してから文字を入力すると、カーソル位置にあった文字は上書きされずに、新しく入力した文字の後ろに移動し、それ以降にあった文字も全て後ろに移動する(ずれる)。

古典的なテキストモード環境の多くでは置換モードがデフォルトであったため、最初に挿入キーを押すと挿入モードになった。しかし現在の多くのGUI環境のワープロソフトでは挿入モードがデフォルトとなったため、最初に挿入モードを押すと上書きモードになる場合が多い(後述)。

詳細[編集]

ノートPCの例

ノートパソコンでの挿入キーの位置は、バックスペースの上、ファンクションキーの更に上など、色々である。

初期のパーソナルコンピュータのキーボードでは、挿入キーは存在しないもの、テンキー側にしか無いものもある。PC/AT互換機で現在の位置(逆T字カーソルの上の、6個のキーのうちの左上)となったのは、101キーボード以降である [1]

最近のキーボードの中には、挿入キーがテンキー側にしか存在せず、代わりに2倍のサイズの削除キーが置かれたものもある [2]

なお「上書きモード」は「重ね書きモード」、「重ね打ちモード」(オーバータイプモード、オーバースクリプトモード、オーバーストライクモード)などとも呼ばれる。

Macintosh[編集]

Macintoshでは挿入キーはHelpキーに名称変更された。通常はHelpキーを押すと、そのアプリケーションソフトウェアのヘルプが表示される。しかしコマンドラインで押すと、互換性確保のため本来の機能で働く。最近のキーボードではFn key(ファンクションキー)に置き換わった。

備考[編集]

挿入モードと上書きモードでのデフォルトやカーソルの形状は、環境による。古典的なテキストベースのコンピュータ処理環境や端末などの多くでは、上書きモードがデフォルトで、上書きモードでのカーソル形状はブロック(四角)で、上書きされる文字を反転表示する。挿入モードではカーソル形状は通常の下線となる。

現在の一般的なGUI環境の多くでは、挿入モードがデフォルトで、挿入モードでのカーソル形状は縦線である。Microsoft Wordなどのワープロソフトの多くでは、上書きモードでもカーソル形状は縦線のままで変化せず、代わりにステータスバーの "OVR" インジケーターがハイライト表示になる。OpenOffice.orgやいくつかのテキストエディタでは、古典的なテキストベース環境と同じように、上書きモードでのカーソル形状はブロック(四角)の反転表示に変化する。

Microsoft Windowsやいくつかのアプリケーションソフトウェアでは、挿入キーを使用した以下のショートカットキーが使用できる。

  • Ctrl + 挿入(Ins) : コピー(Ctrl+C と同じ)
  • Shift + 挿入(Ins) : ペースト(Ctrl+V と同じ)

この動作はSAACUAに由来している(WindowsではWindows 3.0はCUA準拠で、Macintosh風のショートカットキーが主流になったのはWindows 3.1からである)。

参照[編集]

  1. ^ PFU キーボードコレクション
  2. ^ Coding Horror: Keyboarding

関連項目[編集]