角梨枝子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
すみ・りえこ
角 梨枝子
生年月日 1928年3月7日
没年月日 2005年10月12日(満77歳没)
出生地 日本の旗 日本広島県広島市翠町(現・南区
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1948年 - 1970年代

角 梨枝子(すみ りえこ、1928年3月7日 - 2005年10月12日)は、日本の女優

来歴・人物[編集]

広島県広島市翠町(現・南区)出身。父親は広島文理科大学数学教授だった。広島第一高女(現・広島皆実高校)を経て1945年、神戸女学院音楽部に進学したが同年8月帰郷したおり被爆したため中退。1947年大阪音楽大学進学。翌1948年、初代・ミス広島に選ばれ東宝からスカウトされて映画界入り。豊田四郎監督の『エデンの海』の主役に抜擢されるが東宝争議により製作中止された。

同郷の杉村春子と親交があり、演技力をつけるため文学座の研究生として1年在籍。1949年、プロデューサー藤本真澄藤本プロ初の専属女優として迎えられ映画『妻と女記者』(新東宝)でデビューし『山の彼方に』等に出演。日本人離れした抜群のプロポーションとエキゾチックな美貌で注目を集め、主演スターとなった。

1951年松竹に引き抜かれ『恋文裁判』等に主演。1953年に主演した松竹第2回カラー映画夏子の冒険』(三島由紀夫原作)は年間トップ4に入る大ヒットになり高い人気を得た。1954年には東宝山の音』(成瀬巳喜男監督)に出演。また、林芙美子原作の名作を映画化した『放浪記』に主演。原作のアナーキーな迫力は無かったが、ほのぼのとした明るさで代表作とした。同年、新東宝に移籍し、『慈悲心鳥』に主演。

1955年には大映に移籍し脇に回り60年代半ばまで活躍。1962年、吉村公三郎監督が広島の原爆禍若尾文子主演で撮った『その夜は忘れない』は鬼気迫る好助演だった。その後、テレビドラマザ・ガードマン』、『キイハンター』などに出演したが、次第に仕事から遠ざかり、女優業を引退していた。

2005年10月12日、心不全のため東京都目黒区内の病院で死去。享年77。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

第12話「夜は二つの顔」(1965年)
第238話「女がライバルを殺す方法」(1969年)
第266話「団地・マイホーム殺人」(1970年)
第273話「怪談・ミイラ墓の幽霊」(1970年)
第25話「結婚サギ師の華麗な冒険」(1974年)
第38話「結婚前夜! 吹雪の中の殺人」(1975年)

参考文献[編集]

  • 尾崎秀樹編著『プロデューサー人生 ― 藤本真澄映画に賭ける』(東宝出版事業部、1981年12月) 
  • 日本映画俳優全集 女優編(キネマ旬報社、1980年12月)

外部リンク[編集]