西順蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西 順蔵(にし じゅんぞう、1914年8月30日 - 1984年6月12日)は、中国思想史家一橋大学名誉教授

経歴[編集]

広島県広島市出身。倫理学者旧制広島文理科大学教授であった西晋一郎の次男として生まれる。

旧制広島高校を経て、1937年に東京帝国大学文学部支那文学哲学科を卒業し、同大学院に進学。

1938年文部省国民精神文化研究所助手に就任。1942年京城帝国大学文学部助教授を経て、1944年に京城大日本帝国陸軍第49師団歩兵第106連隊に二等兵として3ヶ月入隊。

1946年第二次世界大戦終戦にともなう京城帝国大学廃止により退官。同年東京産業大学(現一橋大学予科教授に就任。1949年一橋大学社会学部助教授、1958年同教授に昇格、1966年一橋大学第6代社会学部長1978年定年退官して名誉教授。和光大学人文学部教授となった。

門下に佐藤公彦東京外国語大学名誉教授)、天児慧早稲田大学教授)[1]など。

業績[編集]

戦後昭和における近現代中国思想史研究の開拓者の一人であり、アンソロジー『原典中国近代思想史』(旧版全6冊、岩波書店刊)の編集を単独で担当したことで知られる。その一方で在日アジア人差別などの社会問題に関心を抱き、反差別の市民運動にも積極的に参加した。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『滿洲國の宗教問題』 (大東亞文化建設研究・第4冊)國民精神文化研究所、1943年5月
  • 『中国思想論集』筑摩書房、1969年
  • 『日本と朝鮮の間 京城生活の断片、その他』 影書房、1983年8月
  • 西順蔵著作集』(全3巻・別巻1)内山書店、1995年〜1996年、同刊行委員会編、別巻「西順蔵 人と学問」

編著[編集]

  • 『原典中国近代思想史』(全6冊)岩波書店、1976年〜1977年
    • 1 アヘン戦争から太平天国まで、2 洋務運動と変法運動、3 辛亥革命
    • 4 五四運動から国民革命まで、5 毛沢東思想の形成と発展、6 国共分裂から解放戦争まで
  • 『東京の被差別部落』明石書店、1981年2月

共編著[編集]

刊行訳書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 木山英雄編『西順蔵 人と学問』(著作集別巻)内山書店、1995年4月

外部リンク[編集]