佐藤公彦 (歴史学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 公彦(さとう きみひこ、1949年9月20日[1]- )は、日本歴史学者東京外国語大学名誉教授。専門は東アジア近代史中国近現代史

略歴[編集]

福島県岩瀬郡出身。1968年福島県立白河高等学校卒業、1973年横浜市立大学文理学部卒業、1984年一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学、1983年女子美術大学付属高等学校教諭、1985年東京外国語大学外国語学部講師、1989年助教授、1995年教授、2009年大学院重点化に伴い同大学総合国際学研究院教授、2015年定年退職、名誉教授[2]。2000年「義和団の起源とその運動 中国民衆ナショナリズムの誕生」で一橋大学博士(社会学)。学部時代は小島晋治に、大学院時代は西順蔵に師事する。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『義和団の起源とその運動――中国民衆ナショナリズムの誕生』(研文出版 1999年)
  • 『「氷点」事件と歴史教科書論争』(日本僑報社 2007年)
  • 『上海版歴史教科書の「扼殺」』(日本僑報社 2008年)
  • 『清末のキリスト教と国際関係――太平天国から義和団・露清戦争、国民革命へ』(汲古書院 2010年)
  • 『中国の反外国主義とナショナリズム』(集広舎 2015年)
  • 『中国近現代史はどう書かれるべきか』(汲古書院 2016年)

訳書[編集]

  • 陳白塵『黒旗軍――19世紀中国の農民反乱』(研文出版, 1987年)
  • ピーター・バーク『歴史学と社会理論』(慶應義塾大学出版会 2006年)
  • ジョナサン・D・スペンス『神の子 洪秀全―その太平天国の建設と滅亡』(慶應義塾大学出版会 2011年)
  • 蒋廷黻『中国近代史』(東京外国語大学出版会 2012年)

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 東京外国語大学