西岡範敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西岡 範敏(にしおか のりとし、1970年- )は、日本のクリエーターアートディレクターデザイナー。西岡ペンシル代表。 京都市生まれ。高槻中学校・高等学校卒業。金沢美術工芸大学卒業。広告代理店 電通を経て2006年に株式会社 西岡ペンシル設立。 広告のアートディレクションから着物のデザインまで、様々な分野で仕事をしている。

主な作品[編集]

著書[編集]

  • 『へんで、いいよ。』(西岡範敏・腰塚光晃 共著)


展覧会[編集]

  • 金沢美術工芸大学 60周年記念展 EYE Vol.2 - 金沢21世紀美術館」 (2006)
  • 「へんで、いいよ。祭(KANZAN)」 (2010)
  • 「六箔五日展(浅草LIONビル)」(2011)
  • 「Nishioka Pencil NEW MONYO = nouveaux MOTIFS graphiques(Mirror Galerie, PARIS)」(2014)
  • 「西岡ペンシル ニュー・文様(GALLERY SPEAK FOR)」(2014)
  • 「西岡ペンシル 文様あらも~ど(GALLERY SPEAK FOR)」(2015)


受賞[編集]

グッドデザイン賞、日経広告賞、新聞広告賞、雑誌広告賞、世界ポスタートリエンナーレトヤマ、New York Art Directors Club Awards、New York Festivals Advertising Awards、London International Awards、Ad Spot Award、Cannes Lions International Advertising Awards ほか受賞