藤縄昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤縄 昭
(ふじなわ あきら)
生誕 藤縄 昭
(ふじなわ あきら)
1928年生まれ
日本の旗 日本兵庫県神戸市
死没 2013年1月29日(満84歳没)
日本の旗 日本京都府京都市
居住 日本の旗 日本
 オーストリア
ドイツの旗 ドイツ
国籍 日本の旗 日本
研究分野 精神医学
精神病理学
研究機関 京都大学医学部
三重大学医学部
ウィーン大学
ミュンヘン大学
国立精神・神経センター
甲南女子大学文学部
出身校 京都大学医学部医学科
医学博士京都大学1959年
影響を
受けた人物
村上仁
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

藤縄 昭(ふじなわ あきら、1928年 - 2013年1月29日[1] )は、日本医学者精神科医。専門は精神病理学京都大学名誉教授。元甲南女子大学教授医学博士京都大学1959年[2][3]

兵庫県神戸市生まれ。京都大学精神科において村上仁教授のもとで精神病理学を学んだ。加藤清[要曖昧さ回避]笠原嘉木村敏らと共に研究を行い、『京都学派』を形成した。

来歴[編集]

1928年兵庫県神戸市生まれ。1953年京都大学医学部医学科卒業。1960年四日市日永病院、三重県立大学医学部講師。1959年医学博士京都大学[3]1976年京都大学教養部教授1977年-1983年文部省在外研究によりウィーン大学ミュンヘン大学精神医学教室出張。1987年国立精神・神経センター精神保健研究所所長、京都大学名誉教授1994年甲南女子大学文学部人間関係学科教授[2]

学会[編集]

著書[編集]

  • 『精神療法とエロス』弘文堂、1987年9月。ISBN 9784335650628
  • 島薗安雄(編)、藤縄昭(編)『今日の分裂病治療』金剛出版、1990年10月。ISBN 9784772403467

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 藤縄 昭氏死去 京都大名誉教授”. 京都新聞社. 2013年5月21日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ a b 藤縄昭『私家本 仏像遍歴』ナカニシヤ出版、2002年2月。ISBN 9784888486729 巻末
  3. ^ a b 藤繩昭『精神分裂病者の家庭に関する臨床的研究』”. 国立国会図書館. 2013年2月10日閲覧。
  4. ^ 日本精神病理学会 - 当学会について 2013年1月26日閲覧

関連人物[編集]

関連項目[編集]