新宮一成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新宮 一成(しんぐう かずしげ、1950年4月17日 - )は、日本の医学者精神科医ラカン研究者、京都大学名誉教授奈良大学教授。医学博士(京都大学、1985年)。大阪市生まれ。

略歴[編集]

  • 1975年 京都大学医学部卒業
  • 1981年 京都大学保健診療所助手
  • 1983年 パリ第7大学留学(1984年まで)
  • 1988年 京都大学教養部助教授(心理学教室)
  • 1991年 京都大学大学院人間・環境学研究科助教授(人間・環境学専攻 人間存在基礎論講座)
  • 2003年 京都大学大学院人間・環境学研究科教授(共生人間学専攻 人間社会論講座)
  • 2016年定年退任、名誉教授、奈良大学社会学部教授。

受賞歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

共編著[編集]

訳書[編集]

  • ハンナ・シーガル『夢・幻想・芸術 象徴作用の精神分析理論』(金剛出版、1994年)
  • ドナルド・メルツァー『夢生活 精神分析理論と技法の再検討』(金剛出版、2004年)
  • フィリップ・ヒル『ラカン』(筑摩書房、2007年)
  • 『フロイト全集』(岩波書店 2006年-)
  • ジャック・ラカン『精神分析における話と言語活動の機能と領野 ローマ大学心理学研究所において行われたローマ会議での報告 1953年9月26日・27日』 (弘文堂、2015年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]