藤村久和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤村 久和(ふじむら ひさかず、1940年 - )は、日本民俗学者民族学者北海道を代表するアイヌ文化の研究者の一人。現在、北海学園大学名誉教授河野広道門下

略歴[編集]

研究分野[編集]

アイヌ民俗学全般を研究領域とし、アイヌに関する精神文化、口承文芸民族医療整体儀礼等の文化研究、アイヌの生態・文化保全に関する自然との共存に関する研究の他、アイヌの古老(旧来からの伝統を知る老人)からの聞き取り作業や近年はアイヌの食事文化やアイヌ文化からみた食育等も研究している。

エピソード[編集]

受賞歴[編集]

日本文化デザイン賞(1981年)

主著[編集]

  • 『漁業発達史(いさばごよみ):江戸期のアツタを中心に』(第一輯・第二輯、厚田村史料室、1967年)
  • 『アイヌの霊の世界』(小学館、1982年)
  • 『アイヌ、神々と生きる人々』(福武書店、1985年)
  • 『アイヌ学の夜明け』(梅原猛との共編、小学館、1990年)
  • 『聞き書アイヌの食事』(共著、農山漁村文化協会、1992年)
  • 『カムイチカプ-神々の物語』(藤村 文:手島圭三郎 絵、絵​本​塾​出​版、2010年)
  • 『ケ​マ​コ​シ​ネ​カ​ム​イ​-​神​々​の​物​語』(藤村 文:手島圭三郎 絵、絵​本​塾​出​版、2010年)
  • 『イソポカムイ-神々の物語』(藤村 文:手島圭三郎 絵、絵​本​塾​出​版、2010年)
  • 『チピヤクカムイ-神々の物語』(藤村 文:手島圭三郎 絵、絵​本​塾​出​版、2010年)
  • 『エタシペカムイ : 神々の物語 カムイユーカラ』(藤村 文:手島圭三郎 絵、絵​本​塾​出​版、2010年)