河野広道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

河野 広道(こうの ひろみち、1905年1月17日 - 1963年7月12日)は、日本昆虫学者考古学者

経歴[編集]

1905年1月17日、北海道史研究者の河野常吉の息子として生まれる。北海道帝国大学農学部にて、昆虫学を学ぶ[1][2]

1930年に、農学部の助手として採用される[3]1932年、27歳の時に「日本産象鼻虫科ノ研究(独文)」により、農学博士学位を授与される[4][5]。 また、考古学などの研究も始める[1][6]1935年に、「貝塚人骨とアイヌのイオマンテ」の論文を発表し、縄文遺跡の貝塚は、ゴミ捨て場というよりは、アイヌ儀礼の「物送り場」という解釈を論じる。1944年、北海道帝国大学を退職する。その後、北海道新聞北方研究室長につく[1]北海道学芸大学札幌校の教授となる[1]1951年北海道文化賞受賞。

1963年7月12日死去する。

アイヌ文化研究の河野本道は息子。東京大学名誉教授宇田川洋は娘婿。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 河野広道博士と北大式土器 - 北海道大学埋蔵文化財調査室ニュースレター
  2. ^ 北海道帝国大学編 『北海道帝国大学一覧 自昭和2年至昭和3年』 北海道帝国大学、1927年、500頁。 
  3. ^ 第三企画展示 - 北海道大学理学部総合博物館
  4. ^ 書誌事項(CiNii Dissertations)”. 国立情報学研究所. 2019年1月18日閲覧。
  5. ^ 縄文へのいざない(2) - ウェイバックマシン(2016年3月4日アーカイブ分)
  6. ^ 北海道歴史家協議会編「歴史家―第四号」河野廣道 胆振鉏=勇払又は江別、後方羊蹄=江別と苫小牧の間とする説など

外部リンク[編集]