宇田川洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宇田川 洋
人物情報
生誕 1944年????
日本の旗 日本北海道
出身校 北海道教育大学東京大学
学問
研究分野 考古学
研究機関 東京大学
テンプレートを表示

宇田川 洋(うたがわ ひろし、1944年 - )は日本の考古学者。専門はアイヌ考古学、北方考古学。東京大学名誉教授

経歴[編集]

1944年、北海道生まれ。北海道札幌西高等学校北海道教育大学教育学部卒業。大学時代から常呂遺跡の発掘に携わる。東京大学大学院人文科学研究科博士課程で学ぶ。

1976年より東京大学文学部助手となり、東京大学常呂実習施設にて発掘、調査、研究を開始。1994年より東京大学教授。2002年に東京大学「アイヌ考古学研究・序論 : 「アイヌ考古学」の民族考古学的方法論による学問体系の確立を目指して(The study of Aynu archaeology : introduction) 」[1]を提出して 文学博士号を取得。定年退官後は、札幌市北18条駅近くで居酒屋を経営した。

研究内容・業績[編集]

家族・親族[編集]

著書[編集]

  • 『北海道の考古学』(1977・北海道出版企画センター)
  • 『アイヌ考古学』(1980・教育社歴史新書・ニュートンプレス)増補版、2000・北海道出版企画センター)
  • 『アイヌ伝承と砦』(1981・北海道出版企画センター
  • 『北海道考古学教室 6 謎の海洋民族 オホーツク文化のルーツを求めて』一光社 1984
  • 『大昔の北海道-やさしい考古学 子供のための考古学参考書』(1984・北海道出版企画センター)
  • 『アイヌ文化成立史』(1988・北海道出版企画センター)
  • 『イオマンテの考古学』(1989・東京大学出版会
  • 『アイヌ考古学研究・序論』(2001・北海道出版企画センター)

共編著[編集]

  • 『サハリン南部の遺跡』新岡武彦共著 北海道出版企画センター, 1990
  • 『サハリン南部の考古資料』新岡武彦共著. 北海道出版企画センター, 1992
  • 『新北海道の古代』1~3(野村崇と共著、2001~2004・北海道新聞社
  • 『北の異界』(西秋良宏と共著、2002・東京大学出版会)
  • 『クマとフクロウのイオマンテ アイヌの民俗考古学』編(2004・同成社
  • 『アイヌ葬送墓集成図』編(2007・北海道出版企画センター)
  • 『オホーツク海沿岸の遺跡とアイヌ文化』菊池徹夫共編. 北海道出版企画センター, 2014

記念論文集[編集]

  • 『アイヌ文化の成立 宇田川洋先生華甲記念論文集』北海道出版企画センター, 2004.

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース