藤原辰史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤原 辰史(ふじはら たつし、1976年12月2日[1] - )は、日本の農業史研究者、京都大学人文科学研究所准教授。専攻は、農業思想史・農業技術史。

略歴[編集]

北海道生まれ。1999年京都大学総合人間学部国際文化学科卒、同大学院人間・環境学研究科博士課程中退。2002年京都大学人文科学研究所助手、2004年5月京都大学人間環境学博士。論文は「ナチス・ドイツの有機農法 : 「自然との共生」はなぜ「民族の抹殺」に加担したのか 」[2]。2009年東京大学農学生命科学研究科講師。2013年、『ナチスのキッチン』で第1回河合隼雄学芸賞[3]を受賞。

著書[編集]


共編・編[編集]

翻訳[編集]

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.340
  2. ^ 博士論文書誌データベース
  3. ^ http://www.kawaihayao.jp/pdf/kawaihayao_news_130520_re.pdf