若宮 (海防艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
若宮
基本情報
建造所 三井造船玉野造船所
運用者  大日本帝国海軍
艦種 海防艦
級名 占守型海防艦
建造費 5,112,000円(予算成立時の価格)
艦歴
計画 マル急計画
起工 1942年7月16日
進水 1943年4月19日
竣工 1943年8月10日
最期 1943年11月23日被雷沈没
除籍 1944年1月5日
要目(竣工時)
基準排水量 870トン
全長 77.70m
最大幅 9.10m
吃水 3.05m
主機 艦本式22号10型ディーゼルx2基
推進 2軸
出力 4,200hp
速力 19.7ノット
燃料 重油200トン
航続距離 16ノットで8,000海里
乗員 定員146名[注釈 1]
兵装 三年式45口径12センチ単装速射砲x3基
25mm連装機銃x2基
九四式爆雷投射機x1基
爆雷x36個
搭載艇 短艇x4隻
ソナー 九三式水中聴音機x1基
九三式水中探信儀x1基
テンプレートを表示

若宮(わかみや)は、日本海軍海防艦。普遍的には択捉型海防艦の8番艦とされているが、海軍省が定めた公式類別では占守型海防艦の12番艦。この名を持つ帝国海軍の艦船としては、水上機母艦若宮に続いて二代目。

艦歴[編集]

竣工まで[編集]

マル急計画の海防艦甲、第310号艦型の8番艦、仮称艦名第317号艦として計画。1942年昭和17年)7月16日三井造船玉野造船所で起工。1943年(昭和18年)4月5日、若宮と命名。1943年(昭和18年)4月19日進水。7月10日、艤装員長に河原政頼少佐が着任。7月17日、艤装員事務所を設置。8月10日、竣工。河原少佐(若宮艤装員長)は若宮海防艦長となる。同日附で、若宮艤装員事務所は撤去された。若宮は呉鎮守府籍となり、呉鎮守府警備海防艦として呉海上防備戦隊に編入された。

船団護衛[編集]

1943年8月11日、若宮は玉野からに移動。同地で建造時の不備が見つかったため、その修正作業を受ける。19日、呉から佐伯に移動。23日、佐伯から呉に移動。25日、南西方面艦隊第1海上護衛隊に編入。その後門司に移動し、31日に輸送船7隻からなる第192船団を特設砲艦北京丸(大連汽船、2,266トン)と共に護衛して門司を出港。出港直後、船団は2つに分割され、若宮は先行船団を護衛する。9月4日0700、船団は馬公に到着する。

9月5日1830、若宮は馬公を出港し、6日0940に基隆に到着。9日0900、マ04船団を護衛して基隆を出港。12日1400、船団は門司に到着。21日1600、特設運送船国島丸(飯野海運、4,083トン)他輸送船9隻からなる第199船団を護衛して門司を出港。26日1400、船団は高雄に到着。30日1715、若宮は高雄を出港して対潜掃討を行う。10月1日1850、高雄に到着。

10月3日1830、陸軍輸送船妙義丸(東亜海運、4,021トン)他輸送船3隻からなるC船団を護衛して高雄を出港。6日1550に船団はマニラに到着。8日0930、若宮はマニラを出港して対潜掃討を行う。10日1100、マニラに到着。12日0945、陸軍輸送船りま丸日本郵船、6,989トン)他輸送船2隻からなるD船団を護衛してマニラを出港。20日1100、船団は昭南に到着。22日1300、特設運送船隆興丸(太洋興業、2,831トン)他輸送船4隻からなる第630船団を護衛して昭南を出港。出港直後、船団は2つに分割され、若宮は先行船団を護衛する。25日1230、先行船団はサンジャックに到着。1330、若宮はサンジャックを出港し、1700にサイゴンに到着。26日、第630船団の残りがサンジャックに到着。27日1600、若宮はサイゴンを出港し、1900にサンジャックに到着。28日1600、1A型戦時標準貨物船旭山丸(宮地汽船、6,493トン)他輸送船12隻からなる第437船団を護衛してサンジャックを出港。29日1900、カムラン湾に到着。30日1500、カムラン湾を出港。出港直後、船団は2つに分割され、若宮は先行船団を護衛する。11月6日2000、船団は高雄に到着した。

11月9日0930、若宮は高雄を出港し対潜掃討を行う。1800、高雄に到着。11日0740、特設運送船北陸丸(大阪商船、8,365トン)他輸送船4隻からなるヒ14船団を護衛して高雄を出港。13日、大長塗山に到着。14日0930、大長塗山を出港。15日、第1海上護衛隊は海上護衛総司令部麾下となった[1][2]。16日、船団は門司に到着。

沈没[編集]

1943年(昭和18年)11月20日1800、海軍配当船で応急タンカーの五洋丸(五洋商船、8,469トン)他輸送船2隻からなるヒ21船団を護衛して門司を出港。23日0330、船団は米潜ガジョン(USS Gudgeon, SS-211)に発見される。ガジョンはまず若宮に向けて魚雷を6本発射。うち1本が若宮の左舷中央部電気室付近に命中し、若宮は2つに折れてわずか15秒で轟沈。その様子は、「真珠湾攻撃で爆発を起こした米駆逐艦ショー(USS Shaw, DD-373) のようであった」と記録されている[3]。若宮を屠ったガジョンは、0338に貨客船熱河丸(大阪商船、6,784トン)の左舷石炭庫他に魚雷を2本命中させ、さらに逓信省標準TM型タンカー一洋丸(浅野物産、5,106トン)と五洋丸にも損傷を与えた[4]。0520、ガジョンは熱河丸に対して魚雷を3本発射し、右舷中央部他に魚雷2本を命中させて撃沈した[5][6]。機関長以下乗員157名が戦死し、海防艦長河原政頼少佐以下生存者4名が救助された。沈没地点は舟山島南方沖、北緯28度38分 東経122度05分 / 北緯28.633度 東経122.083度 / 28.633; 122.083[7]

1944年(昭和19年)1月5日、帝国海防艦籍から除かれた。

なお、若宮は日本海軍太平洋戦争で喪失した2番目の海防艦である[注釈 2]

艦長[編集]

艤装員長
  1. 河原政頼 少佐:1943年7月10日[8] - 1943年8月10日
海防艦長
  1. 河原政頼 少佐:1943年8月10日[9] - 1943年12月15日

脚注[編集]

注釈
  1. ^ これは法令上の定員数であり、特修兵、その他臨時増置された人員を含まない。
  2. ^ 海防艦の喪失第1艦は1943年9月2日に沈没した六連
出典

参考文献[編集]

外部リンク[編集]