若宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

若宮(わかみや)

1947年昭和22年)に11宮家皇籍離脱する前までは宮家の数が多く、宮家当主の嗣子(通常は当主の長男)のことを「○○若宮(○○のわかみや)」と呼ぶ慣習があった[1][2][3]。この慣習に従えば、三笠宮崇仁親王の第一男子:寛仁親王は「三笠若宮」、秋篠宮文仁親王の第一男子:悠仁親王は「秋篠若宮」となる。しかし現在では皇室制度に詳しい人々の間でもこの呼称はほとんど用いられず、一般的にも宮号を名字であるかのように使用することが多い。こうした呼称のあり方について、寬仁親王は苦言を呈したことがある[4]

脚注[編集]

  1. ^ 1895年5月4日 読売新聞「第5回選書展覧会褒賞授与式 臨席の北白川若宮殿下から幼年者に賜品」
  2. ^ 1907年5月25日 朝日新聞「伏見若宮王女子御命名」
    ここでいう「伏見若宮」とは、伏見宮を継承する前の博恭王のことである。博恭王は1923年に伏見宮を相続した。
  3. ^ 1941年12月24日 読売新聞「北白川若宮さま少国民音楽会へ」
  4. ^ 寛仁親王#宮号の有無と表記を参照

関連項目[編集]