花山トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
花山トンネル(花山隧道)
花山隧道 01.JPG
花山トンネル(東山区側から望む)
概要
位置 京都府
座標 北緯34度59分22秒 東経135度47分23秒 / 北緯34.98942度 東経135.78986度 / 34.98942; 135.78986座標: 北緯34度59分22秒 東経135度47分23秒 / 北緯34.98942度 東経135.78986度 / 34.98942; 135.78986
現況 共用中
所属路線名 京都府道116号渋谷山科停車場線
起点 京都市山科区上花山旭山町
終点 京都市山科区上花山旭山町
運用
完成 1903年明治36年)4月28日
開通 1903年明治36年)5月19日
管理 京都市
通行対象 歩行者
用途 人道トンネル
技術情報
全長 141m[1]
高さ 3.4m
4.0m
テンプレートを表示

花山トンネル(花山隧道、かざんトンネル)は、京都市東山区清閑寺山ノ内町と京都市山科区北花山大峰町を結ぶ歩行者用トンネル花山洞(かざんどう)とも呼ばれる。

概要[編集]

1903年明治36年)5月19日に渋谷街道の渋谷隧道(渋谷トンネル)として開通[2]。南に並行する国道1号五条バイパス東山トンネルの開通に伴い歩行者用トンネルとなる。京都市が管理するトンネルのうち、厨子奥トンネル(明治22年竣工)、御陵トンネル(明治22年竣工)、粟田口トンネル(ねじりまんぽ:明治23年竣工)に次いで4番目に古く、明治期に共用開始されてから100年以上経過するが[3]2019年令和元年)現在も通行可能。なお、山科区側(東側)のポータルには「花山洞」の扁額が架かり、煉瓦を模したタイルによって修景されているほか、内部もコンクリートで補強されている。

中世には「苦集滅道(くずめぢ)」「汁谷口(しるたにくち)」と呼ばれ、江戸時代には「渋谷越」と呼ばれた渋谷に開削されたトンネルで、トンネルの真上を京都市道渋谷蹴上線(東山ドライブウェイ)が通る。

トンネルのある阿弥陀ヶ峰周辺一帯は、北の「蓮台野」、西の「化野」と共に京都三大葬送地の一つ、東の「鳥辺野」として知られ、平安時代風葬の地、中世以降は墓所火葬場が存在した。現在もトンネル南側に京都市中央斎場(旧花山火葬場)があるほか、清閑寺東本願寺東山浄苑本正寺法華寺等の寺院墓地が多く所在する。

諸元[編集]

  • 着工:1902年(明治35年)4月03日
  • 竣工:1903年(明治36年)4月28日
  • 供用:1903年(明治36年)5月19日
  • 延長:141m[1]
  • 幅員:4.0m
  • 形式:煉瓦(坑道内部はコンクリートで補強済み)
  • 起点:京都市山科区上花山旭山町
  • 終点:京都市山科区上花山旭山町
    • 東山区清閑寺山ノ内町と山科区北花山大峰町を結ぶトンネルだが、トンネル自体は前後の道路も含めて山科区上花山旭山町に所在する
  • 請負:大西土木合資会社[1]

歴史[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 1903年(明治36年)5月20日付『京都日出新聞』(現・京都新聞)の「渋谷隧道開通式」の記事では78(約142m)と記されている。
  2. ^ a b 1903(明治36)年05月19日 - 京都府立京都学・歴彩館デジタルアーカイブ 2019年11月22日閲覧。
  3. ^ トンネル長寿命化修繕計画、京都市、2019年(平成31年)3月、3頁
  4. ^ a b c d 『京都山科「陵ヶ岡・鏡山」二千年の歩み』、111-112頁

参考文献[編集]

  • 鏡山次郎著 『京都山科「陵ヶ岡・鏡山」二千年の歩み』、つむぎ出版、2007年5月、ISBN 978-4-87668-158-7