東山ドライブウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南側(渋谷街道側)から。将軍塚に向かう市道将軍塚線も含めて東山道路はオートバイに対する交通規制が実施されている。

東山ドライブウェイ(ひがしやまドライブウェイ)は、京都府京都市東山を縦走する道路である。

概要[編集]

この道路は三条通京都府道143号四ノ宮四ツ塚線)の九条山交差点から、五条通国道1号五条バイパス)の東山トンネルの手前に抜ける3.5kmの道路で、1959年昭和34年)に日本道路公団有料道路として開通した。その後、京都市に移管され、現在は京都市道渋谷蹴上線となり無料で通行することができる。

道路の中間には西北に上がる道が分岐しており、その上には青蓮院将軍塚大日堂と東山山頂公園の展望台があり、どちらの展望台からも京都市内を一望することができる。

また、京都の葬送の地鳥辺野が近いことから、現在でも五条通の合流地点には東本願寺東山浄苑と京都市営の火葬場(中央斎場)がある。

なお、有料道路時代には京都市営バスの路線バスが設定されており、中間の将軍塚には料金ゲートが存在した。

沿線の主な施設[編集]

関連項目[編集]