化野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

化野[1](あだしの、仇野、徒野[1]とも)は、京都嵯峨の奥にある小倉山の麓の野[1]京都市右京区嵯峨鳥居本化野町にその地名が残っているが、古くは山城国葛野(かどの)郡嵯峨といい,かつては風葬の地,近世は鳥辺山とともに火葬場として知られた。 化野の名は「無常の野」の意で、人の世のはかなさの象徴としても用いられた[1]。その霊を弔う寺として、化野念仏寺があり、境内には約8,000の無縁仏を祀る石仏がある。

転じて、火葬場、墓場の意味[1]とも解釈される。

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『広辞苑 第六版』57ページ、「あだし-の」より。