小倉山 (京都市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小倉山
標高 296 m
所在地 京都市右京区嵯峨亀ノ尾町
位置 北緯35度01分25秒 東経135度39分32秒 / 北緯35.02361度 東経135.65889度 / 35.02361; 135.65889座標: 北緯35度01分25秒 東経135度39分32秒 / 北緯35.02361度 東経135.65889度 / 35.02361; 135.65889
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

小倉山(おぐらやま)は京都市右京区にある標高296mの山[1]桂川の北岸に位置し、南岸の嵐山と相対する。雄蔵山小椋山[2]隠椋山と称されることもある[1]

概要[編集]

小倉山の西麓と南麓は桂川(保津川、大堰川とも)が流れ、東麓は嵯峨野、北東麓は古くから葬送の地として知られる化野(現・嵯峨鳥居本地区)である。紅葉の名所で、歌枕としても有名。鎌倉時代の歌人藤原定家が、厭離庵近くの小倉山荘(時雨亭)で小倉百人一首をまとめたとされる。現在、常寂光寺二尊院、厭離庵など時雨亭跡とされる小倉山荘推定地が残されている[3]。また、小倉山の周辺には「小倉百人一首文芸苑」として公園内等に歌碑が設置されている(亀山公園内に49首、二尊院南側の長神の杜地区に19首など)[3]

北東麓には愛宕神社一の鳥居、化野念仏寺が、東麓には祇王寺滝口寺二尊院清涼寺(嵯峨釈迦堂)、常寂光寺落柿舎野宮神社天龍寺大河内山荘など著名な名刹・史跡が数多くある。また、小倉山南端付近には亀山公園(京都府立嵐山公園)があり、展望台からは保津川が一望できる。

小倉山を詠んだ主な歌[編集]

小倉山 峰のもみぢ葉 心あらば 今ひとたびの みゆき待たなむ貞信公百人一首」『拾遺集』)[4]

忍ばれむ 物ともなしに 小倉山 軒端の松ぞ なれてひさしき藤原定家

牡鹿なく 小倉の山の すそ近み ただ独りすむ わが心かな西行山家集』)[5]

夕月夜 小倉の山に 鳴く鹿の 声にうちにや 秋は暮るらむ紀貫之古今和歌集』)

登山道[編集]

主な登山道は、亀山公園嵯峨鳥居本の六丁峠付近からであるが、十分整備されていない道である[6]

交通機関[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b 『三省堂 日本山名事典』 徳久球雄・石井光造・武内正、三省堂2011年、改訂版、203頁。ISBN 978-4-385-15428-2
  2. ^ 小倉山”. 京都観光Navi. 京都市観光MICE推進室. 2018年2月8日閲覧。
  3. ^ a b 嵯峨 嵐山 - 小倉百人一首ゆかりの地 (PDF)”. 京都歴史散策マップ. 京都市埋蔵文化財研究所. 2018年2月8日閲覧。
  4. ^ 小倉百人一首の全首を知る - 歌番号26”. 時雨殿. 2018年3月11日閲覧。
  5. ^ 落柿舎碑めぐり”. 落柿舎 (2011年). 2018年3月11日閲覧。
  6. ^ 山と高原地図では点線表記のバリエーションルート