美麗島駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
美麗島駅
美麗島駅出口3
美麗島駅出口3
美麗島
メイリーダオ
Formosa Boulevard
大港埔 - Dagangpu)
所在地 台湾 高雄市新興区中山一路115号
所属事業者 高雄捷運股份有限公司
(高雄捷運)
計画時駅名 大港埔
駅構造 地下駅
ホーム 島式 1面2線
相対式 2面2線
乗車人員
-統計年度-
7,787人/日(降車客含まず)
-2016-
乗降人員
-統計年度-
15,354人/日
-2016-
開業年月日 2008年9月14日
乗入路線
所属路線 紅線
駅番号 R10
R11 高雄車站
所属路線 橘線
駅番号 O5
O4 市議会
乗換 地下2階 - 3階
テンプレートを表示
美麗島駅
各種表記
繁体字 美麗島站
簡体字 美丽岛站
拼音 Měilìdǎo Zhàn
注音符号 ㄇㄟˇ ㄌㄧˋ ㄉㄠˇ ㄓㄢˋ
発音: メイリーダオ ヂャン
台湾語白話字 Bí-lē-tó Chām
日本語漢音読み びれいとうえき
英文 Formosa Boulevard Station
テンプレートを表示

美麗島駅(メイリーダオえき、びれいとうえき)は台湾高雄市新興区にある高雄捷運紅線橘線。中山一路と中正三路交差点(大港埔ロータリー/別名は中正路ロータリー)の下に位置し、駅番号O5R10。高雄捷運の初期開業路線で唯一の(高雄捷運同士の)乗換駅である。美麗島駅という名称は1979年12月10日に台湾を震撼させた民主化運動の美麗島事件から名付けられている。本駅のパブリックアートMaestro Narcissus Quagliata(中国語:水仙大師)による祈りを表現した「光之穹頂(The Dome of Light)」と題したステンドグラス作品である。地上の出口は高松伸が設計した。

車内の日本語放送では、当駅を「びれいとう」と音読みで発音しているが[1]、駅構内の放送では「びれいじま」と訓読みで発音しており[2]、読み方の揺れが存在している。

駅構造[編集]

地下3階で島式ホーム1面2線(紅線)、相対式ホーム2面2線(橘線)の接続・乗換駅であり、各ホームはホームドアがあり、11箇所の出口を持つ。紅線と橘線の交差は(交差点の)大ロータリー下の円形地下建築で作られている。直径140mの駅構造は世界で2番目に大きな地下円形駅である。橘線部分は幅39m、長さ240m、深さ27mである。高雄市の中心部で道路の要衝である為、施工難易度が高く橘線のコンコースが道路の中央に来るので(島式ホームではなく)単式ホーム2面として個別に改札口を設けた。それ故に橘線のホーム間の連絡は紅線のホーム経由で行く(か一旦改札口を出る)必要がある。

駅階層[編集]

駅構内の配置が複雑なので、(乗換時に誤って改札口を出てしまう可能性がある為に)改札口を出て15分以内なら追加で費用を払う事無く再度改札口を通って中に入れる。

地階 出入口 出入口
地下1階 コンコース階 コンコース、穹頂広場(「光之穹頂」所在地,大ロータリー下方)
案内所、自動券売機自動改札機トイレ(2、4、5、7出口脇)
地下2階
乗換階 紅線、橘線乗換区域(橘線1号ホーム)
単式ホーム、右側のドアが開く
1号ホーム 橘線 西子湾方面市議会駅
2号ホーム 橘線 大寮方面信義国小駅
単式ホーム、右側のドアが開く
乗換階 紅線、橘線乗換区域(橘線2号ホーム)
地下3階 1号ホーム 紅線 小港方面中央公園駅
島式ホーム、左側のドアが開く
2号ホーム 紅線 橋頭方面高雄駅

駅出口[編集]

出口1、2、3、4は大ロータリーで紅線ホーム南端、出口5、6、7、8は橘線ホーム東端、出口9、10、11は紅線ホーム北端にあり、出口1、3にはバリアフリーエレベーターがある。

  • 出口1:中正路喜餅街、華南銀行、中正四路(大ロータリー西北)バリアフリーのエレベーター設置
  • 出口2:大同国小、第一銀行、惠仁医院(大ロータリー西南)
  • 出口3:警察局 (新興分局)、中華電信 (光世代広場) (大ロータリー東南)バリアフリーのエレベーター設置
  • 出口4:中正路婚紗区、中正三路 (西)(大ロータリー東北)
  • 出口5:高雄郵便局(中正三路北側)
  • 出口6:南華観光夜市(中正三路南側)
  • 出口7:中山路婚紗区(中正三路北側)
  • 出口8:土地銀行、中華電信(中正三路南側)
  • 出口9:台湾人寿、中山横路(中山一路西側)
  • 出口10:高雄二信、六合一路(中山一路東側)
  • 出口11:台湾企銀、六合観光夜市(中山一路西側)

駅周辺[編集]

利用状況[編集]

2008年時点で高雄捷運駅で最大の利用者数であった(2008年9月の1日平均利用者数は約28,864人)[3]

年間利用人員 1日平均
出典 乗車 出典 降車 乗降計 乗車 乗降
2008年 [4] 780,374 [4] 756,262 1,536,636 7,094 13,969
2009年 2,029,335 1,894,221 3,923,556 5,559 10,749
2010年 2,098,257 1,957,662 4,055,919 5,748 11,112
2011年 2,215,639 2,066,855 4,282,494 6,070 11,732
2012年 2,533,651 2,383,710 4,917,361 6,922 13,435
2013年 2,677,270 2,530,712 5,207,982 7,335 14,268
2014年 2,683,162 2,559,237 5,242,399 7,331 14,323
2015年 2,670,550 2,585,402 5,255,952 7,316 14,399
2016年 2,849,996 2,769,745 5,619,741 7,787 15,354
2017 2,881,380 2,805,453 5,686,833 7,894 15,580
2018 2,985,726 2,914,251 5,899,977 8,180 16,164

歴史[編集]

元の計画では大港埔[5]駅の予定であったが、後に美麗島大道(中山路)の計画に合わせて改名された。英語での駅名は美麗島大道(Formosa Boulevard)である。

  • 2008年3月6日 - 主な工程が終わり、4月に埋め戻した。
  • 2008年3月7日 - パブリックアートである「光之穹頂」の完成式典が行われた[6]
  • 2008年3月9日 - 紅線が開通した[7]が、本駅は未開業で通過扱いであった。
  • 2008年4月28日 - 高雄市議会議長の莊旺は美麗島駅が政治的な意味が濃い名称なので元の大港埔駅とする事を提案した。高雄市政府捷運局長の李正彬は、美麗島駅の命名の経過を公開し、透明な作業で捷運局がいい加減に決めたのではないと表した[8]
  • 2008年9月14日 - 橘線が正式に開通した[9]
  • 2008年9月21日 - 開通式典が行なわれた[10]

ギャラリー[編集]

隣の駅[編集]

高雄捷運
紅線
高雄車站 - 美麗島駅 - 中央公園駅
橘線
市議会駅 - 美麗島駅 - 信義国小駅

関連項目[編集]

  • 美麗島事件
  • 高捷少女 - 小穹と小祈は当駅のパブリックアートをモチーフとしたキャラクター設定となっているほか、キャラクターソングの歌詞にも当駅が登場する。

出典・参考文献[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]