第一銀行 (台湾)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
第一銀行
第一銀行(台湾).jpg
第一銀行華山分行(台北市内)
各種表記
繁体字 第一銀行
簡体字 第一银行
拼音 Dìyī Yínháng
英文 First Bank
テンプレートを表示

第一銀行(だいいちぎんこう:日本語での正式名称は第一商業銀行〔だいいちしょうぎょうぎんこう〕)は台湾台北市中正区に本社を置く、台湾を代表する大手商業銀行の一つである。

概要[編集]

かつては華南銀行彰化銀行とともに「省属三商銀(台湾省所属の三商銀)」と呼ばれた。

前身は日本統治時代の1899年に台北で設立された「台湾貯蓄銀行」であり、1912年には「台湾商工銀行」(1910年創業)と合併し、その商号を引き継いだ。更に1923年嘉義銀行新高銀行の両行を合併し、支店網の拡大を行った。

戦後、中国国民党が台湾を接収、同時に中華民国政府は日本籍株主の株式を接収した。1947年台湾工商銀行として発足するが、1949年台湾第一商業銀行とする。また1976年に再び商号を改めて第一商業銀行とした。2003年には第一金融控股が発足し、当行はその金融持株会社の子会社となった。

日本では東京都千代田区大手町に東京支店が設置されており、「第一商業銀行」の名で銀行免許を得ている。

外部リンク[編集]